【口コミ】ノイズキャンセリング耳栓で集中モードを手に入れてみた!

ノイキャン機能付き「400-MMEP1」レビュー
<SPONSORED LINK>


ノイズキャンセリング(ANC)機能が搭載されている耳栓が欲しい。

出来ればスマホと接続する必要がないものが理想です。

ノイキャン機能付き「400-MMEP1」

そんなアナタにサンワダイレクトが販売する「400-MMEP1」を紹介します。※サンプル品を提供して頂きました

商品の特徴
  • 最大で22dB低減
  • 連続使用7時間
  • 耳に優しい
  • スマホ接続の必要なし

実際に使ってみた感想を簡潔にまとめると、「集中できる静かな空間」を手に入れたい人にとってオススメのガジェットだと感じました。

ノイキャン機能付き「400-MMEP1」

充電ケースから取り出して耳に装着するだけで、ノイズキャンセリング機能が使えるんですから、便利じゃないわけありません。

外出先はもちろんのこと、在宅ワーク、勉強したい時など、活用できるシーンも多いと思いますよ。

※本製品はノイズキャンセリング機能付きの耳栓なので、音楽再生や通話機能はついていません

提供:サンワダイレクト

ノイキャン機能付きの耳栓「400-MMEP1」 開封の儀

それでは、ノイキャン機能付き「400-MMEP1」が届いたところから紹介していきます。

ノイキャン機能付き「400-MMEP1」

こちらがノイキャン機能付き「400-MMEP1」のパッケージです。

一見イヤホンのようなパッケージですが、耳栓と言うのが・・・なんだか斬新。

ノイキャン機能付き「400-MMEP1」

フタを開封してみると、取扱説明書が出てきました。

正式名称はノイズキャンセリングイヤープラグと言うみたいですね。

ノイキャン機能付き「400-MMEP1」

その下にはノイキャン機能付き「400-MMEP1」が、しっかりと固定されて収納されていました。

ノイキャン機能付き「400-MMEP1」

中に入っていたものを並べて撮影してみました。

パッケージ内容
  • 400-MMEP1 イヤープラグ
  • 400-MMEP1 充電ケース
  • USB充電ケーブル(約83cm)
  • イヤーピース
  • 取扱説明書
ノイキャン機能付き「400-MMEP1」

先に小物から紹介しておきます。

こちらはUSB Type Cの充電ケーブル(約83cm)です。

ノイキャン機能付き「400-MMEP1」

続いてイヤーピースの替えです。

サイズの異なる3種類(S/M/L)が用意されていますので、耳の大きさに合わせることが可能だと思います。※購入時はMサイズが最初から装着済

ノイキャン機能付き「400-MMEP1」

取扱説明書です。

当然のことながら日本語で書かれていますので、一読してから使用するようにしましょう。

ノイキャン機能付き「400-MMEP1」

こちらが400-MMEP1の充電ケースです。

ケースのサイズは横7.5cm、奥行き3.7cm、高さ3.3cmとなっており、重さは約58gとなっています。

丸みのあるフォルムになっており、持ち心地も良いです。

ノイキャン機能付き「400-MMEP1」

本体正面にあるLEDライトは、充電状態を把握できるようになっています。

このLEDが赤色に点灯したら充電を開始している合図で、消灯したら充電完了です。

ノイキャン機能付き「400-MMEP1」

背面のインターフェースには充電ポートが一つ。

先ほど紹介したUSB Type Cの充電ケーブルを接続することで、充電を開始します。

充電ケース仕様
  • 電源:内蔵型リチウムポリマーバッテリー
  • 充電時間:最大約2時間
  • 充電回数:約3回
ノイキャン機能付き「400-MMEP1」

充電ケースのフタを開けてみました。

まるでイヤホンのような耳栓、イヤープラグがご登場。

ノイキャン機能付き「400-MMEP1」

サイズ(約W20×D25×H37mm)については一般的なイヤホンと同じくらいです。

ボディは光沢系。

重さは片耳約4gしかありませんので、装着すると「ほとんど」重さを感じません。

ノイキャン機能付き「400-MMEP1」

イヤープラグにはMFBボタンが用意されており、こちらを長押しすることによって電源のON・OFFが出来るようになっています。

ノイキャン機能付き「400-MMEP1」

イヤーピースのサイズは3種類用意されていますので、耳に装着してみながら「適したサイズ」を見つけましょう。

ノイズキャンセリングの効果(約-22dB)を「適正」に感じるためには、サイズの合ったイヤーピースの装着が必要不可欠なので・・・、ここは手を抜かないように調整します。

私はMサイズで良かったみたいです。

ノイキャン機能付き「400-MMEP1」

連続使用時間は最大約7時間となっていますので、外出先で充電切れになってしまう心配も少ないでしょう。

ノイキャン機能付きの耳栓「400-MMEP1」を使ってみた!

では、ノイキャン機能付き「400-MMEP1」を使ってみたいと思います。

ノイキャン機能付き「400-MMEP1」

使い方については、とても簡単です。

特にBluetooth接続をする必要もなく、何かしらの設定をする必要もなく・・・ケースからイヤープラグを取り出して耳に着用するだけになります。

ケースからイヤープラグを取り出すことによって自動的に電源がONになるので、使用開始までもスムーズです。

ノイキャン機能付き「400-MMEP1」

なお、途中で紹介した通りですが「MFBボタン」を長押しすることによって、電源をON/OFFすることも可能。

電車に乗っている時には電源をOFFにしたい・・・そんなときも楽々です。

ノイキャン機能付き「400-MMEP1」

外出先で使用する際に「電池切れ」になったとしても、充電ケースに戻すことによって約3回も充電が出来ますから、結構便利に使えます。

といっても、イヤープラグの使用時間は約7時間となっていますので、外出先で充電切れになってしまう事も少ないでしょう。

自宅での使用感

ノイキャン機能付き「400-MMEP1」

さて、まずは自宅で使ってみます。

装着してみた感じとしては、普通のイヤホンを耳につけてみた時と変わりはありません。

肝心な耳栓としての効果、ノイズキャンセリング機能の効果としては・・・なかなかのもの。

音を完全に遮断する商品ではありませんので、近くにいる人の声はそれなりに聞こえますが、十分「静かな環境」を手に入れることが出来ます。

それでいて、宅配便が来た時のチャイム音などは、ちゃんと聞こえるのも嬉しいですね。

ノイキャン機能付き「400-MMEP1」

電源をONにすると、22dB低減することが出来るようで、家族が近くでテレビを見ていても気にならなくなりました。

80dBくらいの満員電車で装着した場合、静かな乗用車に乗っている時と同じような環境になるとのことなので、そんな環境で実際に使ってみるのが楽しみです。

また、あまりよくないのかもしれませんが・・・、昼寝を静かにしたい時にも便利に使えると思います。

便利ポイント(ネット断捨離)

ノイキャン機能付き「400-MMEP1」は、スマホ等と接続する必要がないのも嬉しいところ。

一般的なイヤホンを使ってノイズキャンセリングを使用する場合、どうしてもスマホがチラついてしまいますが・・・ノイキャン機能付き「400-MMEP1」はその心配なし。

作業に集中、勉強に集中したいときに一切の妨げになりません。

まとめ

ノイキャン機能付き「400-MMEP1」

ノイキャン機能付き「400-MMEP1」は、音のない「集中できる空間」を手に入れたい人にとって、オススメのガジェットだと感じました。

電車移動中はもちろんのこと、在宅ワーク、勉強中など・・・意外と使えるシーンが多いのも嬉しいですね。

ノイキャン機能付き「400-MMEP1」

個人的には「ネット断捨離」をする際に、今後もノイキャン機能付き「400-MMEP1」を使って集中したいと思っています。

私のように集中力が途切れやすい人には・・・特にオススメかもしれませんね。

コロナ禍が落ち着いてきたら、もっと色々な場面で試してみたいと思いますが、現時点においてもオススメでございます。

詳細は公式サイトをお確かめください。

サンワダイレクト「400-MMEP1」

提供:サンワダイレクト
<SPONSORED LINK>


ノイキャン機能付き「400-MMEP1」レビュー
MONO SELECTION
私が「お気に入り」として使っている、もしくは使ったことがある「モノやサービス」を「MONOセレクト」として厳選して紹介中です!
まずはこちらの記事をご覧になってみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

ブログを活用した集客を得意としているクリエイターです。名古屋とスタバとサッカーとイラストを愛してます。ガジェット系の記事を中心に、見てくれた人が「欲しい」と思うもの、役に立つものを記事にしてアップ中。日本ダイエット健康協会認定のダイエット検定1級の資格を持っていますので、痩せる系の記事も必見ですよ。