過去の記事を自動投稿する「Tweet old post」設定方法

<SPONSORED LINK>


Tweet Old Post

 (photo by wako)

ワードプレスで更新した過去の記事を自動で

ツイッターに投稿してくれる便利なプラグインである

Tweet old post」の設定方法を備忘メモ&シェアしたいと思います。

 

Tweet old postの基本機能

なんといってもこのプラグインのいいところは過去に書いた記事を

ランダムにツイッターに投稿してくれるところ。

付け加えると指定したカテゴリーのみや、1ヶ月前までの記事などの

設定をかけておくこともできるので、

自分がつぶやいてほしいものだけを設定することも可能です。

 

Tweet old postをインストールする

プラグインの新規追加から、

Tweet Old Post」を検索して、インストールしていきます。

ダウンロードしてからインストールももちろん問題ありません。

 

インストールが正しく完了したら、

そのまま有効化してください。

 

設定方法

有効化が完了すると

WordPressダッシュボードの

左側メニューにある「Tweet Old Post」があらわれます。

 

Tweet old post設定画面

 

 

あとは項目に自分の好みで設定をかけていくわけですが、

最初に赤丸の部分とクリックして、ワードプレスと指定のツイッターを連携させる必要があります。

 

Tweet Old Post

 

クリック後、こんな画面が出てくるので、

ツイッターのIDとパスワードを入力して連携をさせていきます。

 

Tweet Old Post

 

※この後、なぜかエラー画面が出ることがありますが、
  特に問題は起こらないようなので、そのまま設定をすすめてみてください。

 

 

Tweet old postの設定項目

 

こんな感じなので、ご自身のお好きな設定にしてください。

Tweet Content:
ツイートする内容について、タイトルのみ、本文のみ、タイトル+本文から選択。

Additional Text:
ツイートにつけるプレフィクス文言です。『過去の投稿』などをつけるといいですね。

Additional Text At:
上の文言をツイートの先頭か末尾につけるか選ぶ項目です。

Include Link:
リンクをツイート内に入れるかどうかです。入れないと意味がないからYesにしましょう笑。

Fetch URL from custom field:
ツイートに組み込むリンクをカスタムフィールドから取得するかを設定する項目です。

Use URL shortner?:
URL短縮サービスを使うかどうか設定項目です。

Minimum interval between tweets:
最低ツイート間隔(単位は時間)です。

Random Interval (added to minimum interval):
ツイート間隔のランダム追加時間(単位は時間)

Minimum age of post to be eligible for tweet:
ツイートする過去記事をどこまで遡るかの設定項目(単位は日数)

Categories to Omit from tweets:
ツイートから除外するカテゴリを選ぶ項目です。

 

 

普通の無料ブログではこういった設定がなかなかできないのですが、

ワードプレスはやはり便利なものですね。

参考になれば幸いです。

 

<SPONSORED LINK>


MONO SELECTION
僕が「お気に入り」として使っている、もしくは使ったことがある「モノやサービス」を「MONOセレクト2019」として厳選して紹介中です! まずはこちらの記事をご覧になってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

WAKO

ブログを活用した集客を得意としているクリエイターです。名古屋とスタバとサッカーとイラストを愛してます。ガジェット系の記事を中心に、見てくれた人が「欲しい」と思うもの、役に立つものを記事にしてアップ中。日本ダイエット健康協会認定のダイエット検定1級の資格を持っていますので、痩せる系の記事も必見ですよ。