【口コミ】BoseのQuietComfort35を3日間試したらヤミツキになった話[PR]

ワイヤレスヘッドホンの最高峰! Bose QuietComfort35が凄すぎ!
<SPONSORED LINK>


みなさんは普段、ヘッドホンはされていますか?

どうも家電大好きwakoです。

僕は普段、耳を覆う形の有線タイプのヘッドホンを使用して外からの音を遮るような形で仕事をしています。しかし、夏場は暑くて耳に汗をかいてしまったり、長時間使用していると耳が痛くなったり、意外と外からの音が聞こえてきてしまうと言う問題が発生。さらに欲を言えばもっと音がキレイに聴こえたらいいなぁ・・・と思っておりました。

そんな僕に、Bose(ボーズ)さんからワイヤレスヘッドホンの最高峰ともいえる「QuietComfort35」を試してみないかというお話をいただきまして、3日間ほど試してみました。

いつかBoseさんのヘッドホンを購入したいと思っていましたので、こんな機会をいただけたのは本当にあり難かったです。そして、試してみた結果、QuietComfort35は口コミ以上に素晴らしい商品だと感じましたので、紹介させてもらいます。

BoseのQuietComfort35、ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホンは・・・マジで神です。

Bose(ボーズ)とは?

boseのロゴ

そもそもBoseってどんなメーカー?と疑問をもたれている方もいらっしゃるかもしれませんので、簡単に紹介しておくと「スピーカーを中心とした音響機器を販売するメーカー」です。

様々なショップ、レストランやクラブなど、様々な場所でBoseさんの音響システムが利用されているので、どこかでロゴマークを見たことがある方もいらっしゃると思います。

自分が通っていた接骨院でもBoseさんのスピーカーが採用されていたのですが、小さなスピーカーなのに部屋全体に美しい音色を響かせていました。そのクリアな音質にほれ込んだ僕はBoseさんの商品に強い憧れを持つようになっていったのです。

Bose Quietcomfort35(ワイヤレスヘッドホン)のレビュー

それでは、ここからは「QuietComfort35」のレビューを紹介していきます。

bose quietcomfort35のパッケージ

Bose Quietcomfort35のパッケージです。パッケージを見ただけでもワクワクが止まりません!!w

Bose quietcomfort35のパッケージ

こちらが、Bose Quietcomfort35のパッケージを正面から見た写真です。

Bose quietcomfort35のパッケージ

パッケージの裏面です。全て英語で表記されています。

僕はiPhoneとiPadminiで試させてもらいましたが、
iPodやアンドロイド系にも対応しているようです。

Bose quietcomfort35のパッケージ

パッケージを開封すると、中に商品を収納する箱が入ってました。

いよいよBose Quietcomfort35が登場します。

Bose quietcomfort35のイヤホンケース

Bose Quietcomfort35のイヤホンケースです。持ち運びにも使えますので重宝しそうです。

Bose quietcomfort35のイヤホンケース

外側にはポケットが付いています。

Bose quietcomfort35のイヤホンケース

吊るしておけるように、紐がついています。

Bose quietcomfort35のイヤホンケース

Bose Quietcomfort35のイヤホンケースには、内側にもポケットがあります。

説明書をいれておくのも良いかも。

Bose quietcomfort35の説明書など

Bose Quietcomfort35の説明書等。操作に関しては日本語で書かれていますので安心。

また、細かい取り扱い説明書についてはBoseさんの公式ページにありますので、あわせてチェックされると良いかと思います。

クールすぎる!Bose Quietcomfort35(シルバー)本体の詳細!

Bose quietcomfort35

さて、ケースを開きますと「Bose Quietcomfort35」が折りたたまれて入っていました。

かなりキレイでオシャレなデザインです。カラーは今回シルバーをお試しさせてもらっていますが、ブラックとシルバーの2種類があります。

個人的には黒色が気になっていたのですが、実物を見るとシルバーが欲しくなりました。

Bose quietcomfort35

Bose Quietcomfort35本体と付属品の写真です。

  • キャリングケース
  • 充電用USBケーブル
  • 予備用の音声ケーブル
  • 機内用デュアルプラグアダプター

 

Bose quietcomfort35

Bose Quietcomfort35のアップ写真です。折りたたんだ状態ならコンパクトに持ち運びが出来ます。

Bose quietcomfort35

Bose Quietcomfort35のヘッドバンドです。

超低反発のクッション素材になっているので、長時間頭のてっぺんが触れていても痛くなりません。なお、こちらの素材は「Alcantara」と言い高級車やヨットなどに使用されているものと同様の素材です。

bosequietcomfort35のヘッドバンド

ヘッドバンドは当然長さの調整が可能です。

12段階も調整することが出来るようになっており、片側0~3.5mmの調整が可能。

Bose quietcomfort35のイヤーカップ

イヤーカップも超低反発素材。こんなにも柔らかいイヤークッションは初めてです。※過去に使用してきたヘッドホンは5種類ほど。

耳に当てた瞬間に「シュッ」と吸い付くように装着されて外の音が驚くほど遮られます。

我が家はキッチンの換気扇の音が結構うるさいので、目の前でノイズキャンセリング機能をONにした状態にしてBose Quietcomfort35を装着したのですが、驚くほど音をシャットアウトしてくれちゃいました。

さすが、飛行機に乗っていても快適に使えるヘッドホンだけあります。

イヤーカップの比較

僕が現在使っているイヤーカップとの比較です。

厚み自体は見てのとおりさほど変わりはありませんが、触り心地の良さ、柔らかさが全く違います。素材は「合成プロテインレザー」。

Bose Quietcomfort35のイヤーカップは作り立てのお餅のような柔らかさですが、左のものは比べてみるとかなり「乾燥」しているような感触です。

知らなければよかった・・・と思うほどの違いですよ!w

Bose quietcomfort35のイヤーカップ

右と左の違いについては、イヤーカップの中を見ればわかるようになっています。RとLで表記されています。

Bose quietcomfort35

電源・Bluetoothボタンです。上の写真は電源をオフにしている状態です。

Bose quietcomfort35の有線ケーブル

この状態でも有線ケーブルを使えば普通に音を楽しむことが出来ますが、電源をオンにすることでノイズキャンセリング機能が有効となり圧倒的に快適で美しい音へと変化します。

ノイズキャンセリング機能とは、様々な騒音を遮ってくれる機能の事。

ONとOFFを繰り返してみると、何も音を出していない時ですら周囲の雑音をしっかりと低減してくれる事に気が付きます。

ノイズキャンセリング機能をONにしておけば、必要以上に音量を上げる必要もなくなりますので、周囲の方に音漏れで迷惑をかける事もありません。

Bose quietcomfort35のBluetooth接続

右にスライドするとオンとなり、一番右のBluetoothマークへ動かすとペアリングが出来ます。

無料で使えるBose Connectアプリをインストールすることで、機器の切り替えなどが楽に出来るようになります。

ちなみにiPhone6を使用してBose Quietcomfort35へ接続するまでに要した時間は1分程度でした。

Bose quietcomfort35の充電

Bose Quietcomfort35の充電は付属のUSBケーブルを使用します。

Bose quietcomfort35の充電用USBケーブル

充電ケーブルの形状はマイクロUSBです。

Bose quietcomfort35のインジケーター

バッテリーの充電が満タンになると、バッテリーインジケーターがオレンジ色の点滅から緑の点灯に切り替わります。バッテリーを満タンにしておけば、

  • ワイヤレスで最大20時間
  • ケーブル接続(ノイズキャンセリングON)で最大40時間

も連続使用が可能となりますので、電池切れのストレスもなさそうです。さらにバッテリーの充電時間は2.25時間と短めなのもうれしいところ。

なお、電池残量についてはヘッドホンをした状態で電源を入れれば音声でも確認が出来ますし、右のイヤーカップのインジケーターを見ても確認が出来ますから、外出前に充電が必要かどうかの確認も直ぐに出来ます。

インジケーターの表示 状態
緑の点灯 充電満タン
オレンジの点滅 充電中
オレンジの点灯 バッテリー残量が低下している
赤の点滅 充電が必要
赤の点灯 充電エラー状態

 

なお、音声は11言語用意されています。

  1. 英語
  2. ドイツ語
  3. 韓国語
  4. スウェーデン語
  5. スペイン語
  6. 中国語
  7. イタリア語
  8. オランダ語
  9. フランス語
  10. 日本語
  11. ポルトガル語

当然自分は「日本語」を選択しておきました。

 

Bose quietcomfort35マルチファンクションボタン

Bose Quietcomfort35のマルチファンクションボタンです。右のヘッドホンについています。

音量の調整やトラック送り・戻し、通話機能を使う事が出来ます。

bosequietcomfort35の重さ

持ち運びの事も考えて重さを測ってみました。「236g」です。

現状使用しているヘッドホンは「206g」でしたので少し重たくはなったのですが、ワイヤレスのものでもないので比較対象にはなりません。

むしろワイヤレスで使えるヘッドホンでありながら、この軽さは驚異的かもしれません。

一応普段通り使ってみてみないとわからないと思い、スターバックスで仕事をしながら使用してみましたが、重たいとか痛いといった感じは全くありませんでした。

こんなにもノンストレスで使えるヘッドホンは過去になかったです。

眼鏡をしている人も安心して使えるヘッドホンです。

ちなみにですが、眼鏡をしているとヘッドホンが邪魔に感じることがあるかと思いますが、こちらの「Bose QuietComfort 35」は大丈夫でした。

イヤーカップが眼鏡のフレームを押さえつける事もありませんので、眼鏡をしている方でも安心してお使いいただけると思います。

 

通話機能も充実している!普通に会話も楽しめます。

また、驚いたのは普通に通話が出来てしまう事。

着信がありましたらヘッドホンの中で着信音が流れ、通話開始ボタンを押せば通話開始。

試しに会話をしてみましたが、なんの違和感もなく会話が出来てしまいました。マイクはいったいどこにあるんだろう?という感じでしたが、

Bose quietcomfort35のマイク

こちらがマイクになっており音声を拾っているようです。

通話に応答する事はもちろんのこと、応答せずに切る、キャッチホンに応答する等もコントロールも可能です。

 

Bose QuietComfort 35のレビューのまとめ

40年以上にわたってノイズキャンセリングの性能を追い続けるBoseさんが作られた
ワイヤレスヘッドホン「Bose QuietComfort 35」。

Bose Quietcomfort35

BluetoothやNFCペアリングによって接続も可能となりますから有線ケーブルの煩わしさも全くなし。

装着している状態もオシャレで、圧倒的な存在感を放ちながらも
装着感は最小限で快適に音楽を楽しめます。

ノイズキャンセリング機能によって、騒音の中にいても静かな環境のように感じられる恐るべきワイヤレスヘッドホンになっていました。

もしこれからワイヤレスヘッドホンを購入しようかと思われいるのであれば・・・少々お値段は高くなるかもしれませんが、BoseさんのQuietcomfort35を是非検討してみてください。

値段相応、いえ、それ以上の価値をきっと感じる事が出来るかと思います。

※この記事は自分が試してみてオススメと感じましたので紹介させてもらいました広告記事です。詳細についてはメーカー様へお問い合わせください。

 

 

 

 

<SPONSORED LINK>


ワイヤレスヘッドホンの最高峰! Bose QuietComfort35が凄すぎ!
MONO SELECTION
僕が「お気に入り」として使っている、もしくは使ったことがある「モノやサービス」を「MONOセレクト2019」として厳選して紹介中です! まずはこちらの記事をご覧になってみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

WAKO

ブログを活用した集客を得意としているクリエイターです。名古屋とスタバとサッカーとイラストを愛してます。ガジェット系の記事を中心に、見てくれた人が「欲しい」と思うもの、役に立つものを記事にしてアップ中。日本ダイエット健康協会認定のダイエット検定1級の資格を持っていますので、痩せる系の記事も必見ですよ。