オシャレな知育玩具!LESS GAME(レスゲーム)で頭の体操をしてみたので口コミレビュー!

知育・頭の体操に使えるボードゲーム
<SPONSORED LINK>


シンプルなのに奥が深いゲームを、子供と一緒に楽しみたい。

そんな事を思うようになった今日この頃。

LESS GAME

子供から大人まで、誰もが楽しめるスロベニア発のボードゲーム「LESS GAME」なるモノのサンプルを提供していただいたので、レビューを紹介させていただきます。

商品特徴
  • ルールがシンプルで覚えるのに1分程度!
  • 2.8兆以上のフィールドパターン!何度でも遊べる!
  • 2人・4人プレイ用の対戦型!
  • 頭の使い方も鍛えられる!

そんな特徴を持っている「LESS GAME」。

幼稚園児である息子さんでも楽しめるのか少々不安を感じながらも、試していきたいと思います!

提供:株式会社アールエンタープライズ

「LESS GAME」をプレイしてみた!

早速ですがプレイしていきます。

LESS GAME

ゲームをスタートするには、まずはルールを覚えないといけないんですけど、確かに1分程度で覚えられる内容になっていました。

LESS GAME

2人または4人のプレイヤーで対戦する形のボードゲームになっていて、自分の4つのコマを相手のコーナーに移動させたら勝ちとなります。

上の写真であれば、右下の薄茶色のコマを左上の4コマに移動させることが出来たら勝ちということですね。

LESS GAME

フォールドはゲーム開始時にランダムに設定できるようになっているため、驚くほどのフィールドパターンを設定できるのも特徴。

一枚ずつ対戦相手と引いていって、フィールドを作っていくと・・・結構盛り上がります。

LESS GAME

ボードデザインはヨーロッパらしい、オシャレすぎるデザインになっていますので、リビングのテーブルに置いてあっても邪魔にならないのも嬉しい所。

ボードは「ドリンク用のコースター」としても使えてしまうのも、ちょっと驚きます。

LESS GAME

例えばこんな感じにフィールドを設定。

LESS GAME

設定したフィールドにコマをセットしたら準備完了。

あとは、1ターン3回分コマを動かしながら、先に相手コーナーへコマを移動させたら勝利となるわけですが、ここで多少覚えておかないといけないルールが発生します。

LESS GAME

コマの動きについては、縦横に1個飛び越えることが出来るんですが、壁を飛び越える場合には2回分のカウント。

2つ重なっている壁を飛び越える場合には3回分のカウントになる感じ。

コマは斜めの移動ができなかったり、コマと壁を同時に飛び越えられなかったり、コマを2つ飛び越えることができないといったルールが存在するので、やってみると白熱してきます。

といってもルールとしては、これくらいですから1分もあれば覚えられます。

LESS GAME

1プレイにかかる時間は、おおよそで3分から5分くらい。

ちょっとした隙間時間でプレイできますので、我が家はお風呂上がりに子供と対戦してみたりしています。

というわけで、前置きが長くなりましたが、プレイ開始。

LESS GAME

私がプレイしてみた印象としては、オセロと将棋を掛け合わせたようなゲーム内容という感じでした。

陣地取りをするために、一手、二手先を読んで動いていかないと負けてしまう面白さは、やっていて脳トレになります。

LESS GAME

幼稚園児でもプレイできるのかな?と思っていたのですが、意外にもルールをすぐに覚えてしまい、わいわいとプレイすることができています。

「LESS GAME」を子供にしっかりとやらせていくと、知らないうちに「先を読む力」のようなものが養われていくと感じていますから、これから定期的に遊んでいきたいですね。

LESS GAME

これが実際に遊んでいる様子の写真なんですが、最終局面に近づいてくると、どうやって相手のコマをブロックしようか迷ったり、自陣に置いてあったコマを動かせなくなったりするなど、頭をとにかく使うようになります。

子供は「どんどん攻めてくる」のですが、それはそれで攻撃は最大の防御と言わんばかりに強かったりもする。

そんなところが結構楽しくて、いつの間にか大人もドハマリしてしまうのが、LESS GAMEの魅力なのかもしれません。

LESS GAMEが届いた所

では、LESS GAMEが届いたところもお伝えしておきます。

LESS GAME

LESS GAMEはヨーロッパデザインということもありまして、パッケージも実にオシャレです。

LESS GAME

こちらはパッケージの裏面。

LESS GAME

蓋をあけてみると、LESS GAMEのゲームルールが描かれている取扱説明書がはいっていました。

これを最初は片手に持ちながらプレイされるといいと思います。

もちろんですが、全て日本語で書かれていますから、英語が苦手な方も安心してください。

LESS GAME

そしてこちらがフィールドとコマです。

フィールドは18枚、コマは各8個ずつとなっています。

LESS GAME

紙製品なのでコースターとして使うのは怖いのですが、一応コースターとしても使えるものになっているみたいですね。

LESS GAME

フィールドの一例ですが、こんな感じに様々な壁が予め描かれています。

LESS GAME

設置する場所・角度によって何度なども変わってくるので、いつまでも遊んでいられるものとなっているわけです。

LESS GAME

コマについては、天然のクルミとブナの木から作られています。

触っていて心地よいものとなっていますので、嬉しいところ。

小さなお子様がいらっしゃるご家庭の場合は、誤飲の可能性もありますから注意は必要ですけどね。

LESS GAME

こちらはコゲ茶のコマです。個人的には、こちらのほうが好み。

LESS GAME

なお、LESS GAMEは「350g」と軽量なので、かばんの中にいれて持ち歩くことも容易です。

いつでも、どこでもプレイすることが出来る。

これもLESS GAMEの魅力のひとつなんでしょうね。

LESS GAME口コミのまとめ

LESS GAME

「LESS GAME」を数週間試させてもらって感じたのは、とにかくエレガントで素敵なゲームであるってこと。

将棋とかオセロのような奥深さもあるし、先を読む力も養うことが出来るんです。

脳トレ・知育系のゲームでもあると思いますので、子供の頭の体操にもなるし、親である私の頭の体操にもなっていると感じています。

詳細については、販売ページをお確かめくださいませ。

LESS GAME レスゲーム

提供:株式会社アールエンタープライズ

 

<SPONSORED LINK>


知育・頭の体操に使えるボードゲーム
MONO SELECTION
僕が「お気に入り」として使っている、もしくは使ったことがある「モノやサービス」を「MONOセレクト」として厳選して紹介中です!
まずはこちらの記事をご覧になってみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

ブログを活用した集客を得意としているクリエイターです。名古屋とスタバとサッカーとイラストを愛してます。ガジェット系の記事を中心に、見てくれた人が「欲しい」と思うもの、役に立つものを記事にしてアップ中。日本ダイエット健康協会認定のダイエット検定1級の資格を持っていますので、痩せる系の記事も必見ですよ。