【レビュー】ゲーミングスマホ「Black Shark3」でFORTNITEを遊んでみた!

ゲーミングスマホでFORTNITEプレイ!
<SPONSORED LINK>


ゲーミングスマホというガジェットをご存知ですか?

Black Shark 3(ブラックシャーク3)

私は数か月前に情報として出会ったことがありまして、どんなものなんだろう?と興味津々だったのですが、この度ご縁がありまして「ゲーミングスマホ Black Shark3」なるもののサンプルを1台提供していただくことが出来ました。

販売価格は69,800円(税込)。

決して安くはないゲーミングスマホですが、その実力は如何に…ということで、実際に1週間程度触らせてもらった感想をまとめたいと思います。

提供:株式会社ビーラボ

Black Shark 3(ブラックシャーク3)開封の儀

では、お届けいただいた所からお伝えしていきます。

Black Shark 3(ブラックシャーク3)

こちらがBlack Shark 3(ブラックシャーク3)のパッケージです。

Black Shark 3(ブラックシャーク3)

側面にBlack Sharkのロゴが入っていました。

Black Shark 3(ブラックシャーク3)

フタを開けてみると、小さな黒いケースが入っており…

Black Shark 3(ブラックシャーク3)

あけてみると専用のスマホケースが入っていました。

Black Shark 3(ブラックシャーク3)

その奥にはいっていたのが、Black Shark 3(ブラックシャーク3)本体。

Black Shark 3(ブラックシャーク3)

私は普段iPhone8を使っているのですが、Black Shark 3(ブラックシャーク3)のほうが一回り大きい印象です。

Black Shark 3(ブラックシャーク3)

その奥に入っていたのは、アダプターとケーブル。

Black Shark 3(ブラックシャーク3)

こちらが中にはいっていたものを並べた感じです。

Black Shark 3(ブラックシャーク3)

その他、保証書だったり、シールなどがはいっていました。

Black Shark 3(ブラックシャーク3)

こちらがBlack Shark 3(ブラックシャーク3)本体。

縦・横ともにシンメトリーなデザインになっており、美しいシルエットです。

縦・横ともにシンメトリーなデザイン

こちらは裏側。ケースを取り付けた状態ですが、めちゃめちゃかっこいいです。

縦・横ともにシンメトリーなデザイン

充電に関しては、タイプC。

2分で50%の充電, 100%の充電もわずか38分を可能にしているという世界初のデュアルバッテリーシステムも搭載。

実際に充電を試してみましたが確かに早かったです。

ちなみに4720mAhとなっていますから、バッテリーも長持ちします。

縦・横ともにシンメトリーなデザイン

厚みは割と薄型ではないでしょうか。

ただ、グリップ感が凄いので落下させてしまう心配は少ないモデルとなっています。

なお、ディスプレイ面のガラスにはCorning® Gorilla® Glass 6を採用されたということで、落下体制は旧モデルにくらべて2倍となっているようです。

Black Shark 3でFPSゲーム(FORTNITE)をプレイ!

百聞は一見に如かず。

まずはFPSゲーム(FORTNITE)をプレイしてみたいと思います。

Black Shark 3(ブラックシャーク3)

FPSゲーム(FORTNITE)は、iOS系は現在もプレイ不可能になっていますが、android系ならプレイできるため、ダウンロードを開始。

Black Shark 3(ブラックシャーク3)

自分が普段から使っているアカウントに接続してみましたが…、大変キレイな画面になっていて驚きました。

画面自体も「6.67インチ AMOLEDスクリーン」となっており、決して小さくもありません。

画面サイズの兼ね合いもあるのかもしれませんが、ニンテンドースイッチよりもキレイな画面のように感じます。

Black Shark 3(ブラックシャーク3)

操作自体は画面タッチでも、

Black Shark 3(ブラックシャーク3)

Bluetooth接続によってコントローラーでも可能。

Black Shark 3(ブラックシャーク3)

新シーズンになって久しぶりに立ち上げたような状態でしたが、普段playしているPS4がコンパクトになったような感覚でプレイできました。

タッチパネルでプレイしてみた感じとしても、某端末でプレイしていた時よりも直観的に操作が出来た印象。4本の指で、的確な操作を求められるFPSゲームに、Black Shark 3(ブラックシャーク3)が適しています。

270Hz タッチレポーティングレートによる反応速度は、FORTNITEのように入力がシビアなゲームであっても問題なくプレイが出来るのです。

Black Shark 3(ブラックシャーク3)

もちろん、コントローラーも同様でした。

正直言ってスマホで、こんなにもキレイでカクカクしない映像が楽しめるとは思っていなかったので、びっくりです。

「なんでこんなにもヌルヌルと動くのか…」と思っていましたら、90Hz リフレッシュレートをもっているから…とのことでした。

ニンテンドースイッチの最大出力は60Hzなので、モニターに関しては60~70Hzくらいのリフレッシュレートのものを選べばよい…と考えたら、今回紹介しているBlack Shark 3(ブラックシャーク3)の性能がわかるのではないでしょうか。

※リフレッシュレート=1秒間に画面が何回切り替わるかを表した値

Black Shark 3(ブラックシャーク3)

これが外出先で気軽に楽しめると思ったら・・・極めたくなっちゃいますね。

3.5㎜ イヤフォンジャック搭載

もちろん外出先で音をしっかりと楽しみたい方の為に、3.5㎜ イヤフォンジャックも搭載。

Bluetooth接続でイヤホンを接続しても良いのですが、やっぱりゲームは有線がいいですよね。

もちろんですが、イヤホンを接続してなくても音はキレイ。

前面に向けて配置されたステレオスピーカーが搭載されていることもあってか、臨場感もしっかりとあります。

Black Shark 3(ブラックシャーク3)

ちなみにですが、数時間ゲームをプレイしても本体が高熱になることはありませんでした。

それもそのはず、”サンドイッチ”構造の液体冷却システムなるもので、本体内でしっかりと冷却されているのです。

スマホでは聴いたことがない「ぶぉぉ・・・」というクーラー音は、若干気になりましたが、本体はしっかりと冷却。

FORTNITEのような重たいゲームを長時間プレイすれば、当然熱くなるものだろうと思っていたのですが、このあたりはさすが「ゲーミングスマホ」としか言いようがありません。

なお、ゲーム中に呼び出せるランチャーを使用すれば、ゲーム画面の記録も出来るし、ディスプレイ、サウンド音量、電話の着信の有無なども…手軽に設定できます。

ゲーム用のスマホとして、最高峰。

そんな風に言われていることも納得の使い心地でした。

日常用としてもBlack Shark 3(ブラックシャーク3)がオススメ

Black Shark 3(ブラックシャーク3)

日常用としてもBlack Shark 3(ブラックシャーク3)はオススメでした。

大きすぎず、小さすぎずなサイズ感ですし、見た目がまずカッコイイ。

Black Shark 3(ブラックシャーク3)

個人的に一番良いと思ったのは「高性能トリプルカメラ」で、こんなにも良いカメラがあればコンデジとかの出番が少なくなっちゃいそうな感じです。

Black Shark 3(ブラックシャーク3)

Black Shark 3(ブラックシャーク3)のカメラで撮影した写真がこちら。

キレイすぎませんか?

映像なども撮影してみましたが、めっちゃめちゃキレイです。

もう少し長期間使わせてもらえるのであれば、絵を描いている所とか色々と撮影したいと思ってしまったくらいキレイでした。

まとめ

Black Shark 3(ブラックシャーク3)

私はandroid系のスマホを使った事が無いので、すぐには全ての機能面を伝えることは出来ませんが…基本機能は整っていると思います。

そのうえで、ゲーミング機能がついているとしたら…最高過ぎませんか?

Black Shark 3(ブラックシャーク3)が気になった方は、以下のページより詳細を確認してみてください。

これはヤバいガジェットに出会ってしまいました。

ゲーミングスマホBlack Shark3

提供:株式会社ビーラボ

 

<SPONSORED LINK>


ゲーミングスマホでFORTNITEプレイ!
MONO SELECTION
僕が「お気に入り」として使っている、もしくは使ったことがある「モノやサービス」を「MONOセレクト」として厳選して紹介中です!
まずはこちらの記事をご覧になってみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

ブログを活用した集客を得意としているクリエイターです。名古屋とスタバとサッカーとイラストを愛してます。ガジェット系の記事を中心に、見てくれた人が「欲しい」と思うもの、役に立つものを記事にしてアップ中。日本ダイエット健康協会認定のダイエット検定1級の資格を持っていますので、痩せる系の記事も必見ですよ。