【レビュー】Anker PowerCore Fusion 10000のモバイルバッテリー×USB充電器が凄すぎた!

Anker PowerCore Fusion 10000
<SPONSORED LINK>


モバイルバッテリーとUSB急速充電器、2つを持ち歩くのって結構大変。

そんな悩みをお持ちの方にむけて、モバイルバッテリー&USB急速充電器という2役を1台で担える「Anker PowerCore Fusion 10000」というガジェットを紹介します。

折りたたみ式プラグで携帯性も良く、一体型モデルでは最大クラスの約10000mAhの大容量でありながらもコンパクトに設計された「Anker PowerCore Fusion 10000」は、上記のような悩みを抱えている方には打ってつけ。

前モデルと比べて約2倍の大容量&フルスピード充電が可能になったAnker、PowerCore Fusionシリーズの最上位モデルです。

Anker PowerCore Fusion 10000

そんな「Anker PowerCore Fusion 10000」のサンプルを1台提供していただきましたのでレビューをご紹介。

一度使い始めたら「病みつき」になる使い心地で、外出先はもちろん、家の中でも大活躍!

ガジェット好きなら1つ持っていて損はないと思います。

提供:Anker

Anker PowerCore Fusion 10000開封の儀

では、Anker PowerCore Fusion 10000を開封するところからお伝えしていきます。

Anker PowerCore Fusion 10000

こちらが「Anker PowerCore Fusion 10000」のパッケージです。

Ankerさんのパッケージデザインはシンプルですが、バランスが好き!見習いたいデザイン性です。

Anker PowerCore Fusion 10000

裏面。

Anker PowerCore Fusion 10000

パッケージをあけてみると「Anker PowerCore Fusion 10000」本体が登場しました。

思っていたよりも大きな印象を受けましたが、モバイルバッテリー&充電器一体型モデルで約10000mAhという大容量を考えれば当然のことかもしれません。

Anker PowerCore Fusion 10000

パッケージ内容としては、上の写真の通り。

Anker PowerCore Fusion 10000、USB-A & USB-C ケーブル、トラベルポーチ、取扱説明書がはいっていました。

Anker PowerCore Fusion 10000

こちらはAnker PowerCore Fusion 10000のトラベルポーチ。

ケーブルも一緒に持ち歩けるくらいのサイズ感です。

Anker PowerCore Fusion 10000

付属品のケーブルは「USB-A & USB-C」。

最近、こちらのタイプのケーブルは結構重宝するんですよね。

Anker PowerCore Fusion 10000

Anker PowerCore Fusion 10000本体です。

サイズは約82 × 82 × 35mmで、重さは約278gとなっています。

Anker PowerCore Fusion 10000

比較的小さな手をしている私ですが、片手で持てるくらいのサイズ感です。

Anker PowerCore Fusion 10000

角張ったところがない流線型のデザインとなっているので、握り心地もよし。

Anker PowerCore Fusion 10000

USB-A 出力(5V=2.4A)と、USB-C 出力(5V=3A / 9V=2.22A)が付いています。

最近は、この形が一般的になって来ているようですね。

※Anker独自技術PowerIQ 3.0 (Gen2)を搭載

Anker PowerCore Fusion 10000

コンセントプラグは折りたたみ式。

持ち運ぶ際にはスマートです。

Anker PowerCore Fusion 10000レビュー

Anker PowerCore Fusion 10000

では、使っていきます。

上下が逆さになっている状態で差し込んでいるのが申し訳ないですが、我が家の場合はこのように使うのがベストなので…ご了承くださいw

1台2役のハイブリッド設計が便利

Anker PowerCore Fusion 10000

まず、1台で2役のハイブリッド設計(USB急速充電器&モバイルバッテリー)は、やはり便利です。

モバイルバッテリーは必ずバッグに入れている自分ですが、USB急速充電器は持っていなかったんです。

でも、Anker PowerCore Fusion 10000であれば1台2役。

Anker PowerCore Fusion 10000

外出時に持って出れば「モバイルバッテリー」として使えるし、コンセントを使える環境であればUSB急速充電器としても使えてしまうのです。

これならモバイルバッテリーの充電が少なくて使い物にならないこともないし、外出先でも「Anker PowerCore Fusion 10000」本体の充電がスムーズに行えます。

wako

一度使い始めたら病みつきです。

モバイルバッテリーって結構充電が切れてしまい、「使えなくなる」事があったんですが、「Anker PowerCore Fusion 10000」なら充電切れの心配が限りなく少ないです。

ただ、パススルー充電対応ではありませんので「Anker PowerCore Fusion 10000」に接続しているガジェットの充電がたまってから、本体の充電が開始することを注意しておきましょう。

本体の充電も約4時間で満充電

Anker PowerCore Fusion 10000

なお、本体の充電も簡単です。

コンセントに差し込むだけで、約4時間で満充電。

Anker PowerCore Fusion 10000

これは便利・・・。

モバイルバッテリー本体は、ケーブルがないと充電が出来ない物が多いんですけど、Anker PowerCore Fusion 10000ならコンセントに差し込むだけですから、とても簡単です。

wako

私の場合は、iPadのUSB充電器としてAnker PowerCore Fusion 10000を常設しています。

こうしておくと、朝までにはiPadはもちろんのこと、Anker PowerCore Fusion 10000本体も満充電になっているので、急に外出する際にも、めちゃめちゃ便利に使えますよ。

安心の大容量!9700mAh

Anker PowerCore Fusion 10000

残量表示は数字ではありませんが、8段階で教えてくれますので「残量の確認」がしやすいのも嬉しいポイント。

手のひらサイズのコンパクトデザインにも関わらず、バッテリー容量は9700mAhとなっており、iPhone12であれば2回以上充電をすることが出来るのも素晴らしいですね。

※充電回数はAnker調べ

まとめ

Anker PowerCore Fusion 10000

サイズ「約82 × 82 × 35mm」、重さ「約278g」という事を考えてもらうとわかるかもしれませんが、携帯性も抜群の「Anker PowerCore Fusion 10000」。

仕事はもちろん、ちょっとした旅行の相棒になりそうなモバイルバッテリー搭載のUSB充電器でした。

Anker PowerCore Fusion 10000

この手の商品をまだお持ちでないようでしたら、1つ持っておいて損はないガジェットだと思います。

詳細については販売ページをお確かめください。

提供:Anker

 

<SPONSORED LINK>


Anker PowerCore Fusion 10000
MONO SELECTION
私が「お気に入り」として使っている、もしくは使ったことがある「モノやサービス」を「MONOセレクト」として厳選して紹介中です!
まずはこちらの記事をご覧になってみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

ブログを活用した集客を得意としているクリエイターです。名古屋とスタバとサッカーとイラストを愛してます。ガジェット系の記事を中心に、見てくれた人が「欲しい」と思うもの、役に立つものを記事にしてアップ中。日本ダイエット健康協会認定のダイエット検定1級の資格を持っていますので、痩せる系の記事も必見ですよ。