【超便利】6in1 USBケーブル inCharge6&inCharge6MAXをレビュー!

inCharge6&inCharge6MAXをレビュー!
<SPONSORED LINK>


あれ?充電ケーブルの差込口が合わない…

inCharge6

そんなトラブルにあったことがある方にオススメの、万能6in1 USBケーブル「inCharge6」を紹介する。

たった1つのケーブルで、様々な機器の充電が出来るオールインワンタイプのケーブルなので、カバンの中に1本入れておくだけで様々なピンチを助けてくれます。

inCharge6

そんな万能6in1 USBケーブル「inCharge6」と「inCharge6 MAX」のサンプルを提供していただきましたので、口コミレビューをご紹介。

「inCharge6」と「inCharge6 MAX」、1本持っていると本当に重宝しますよ。

提供:株式会社ヤベツジャパン

「inCharge6」と「inCharge6 MAX」開封の儀

では、「inCharge6」と「inCharge6 MAX」を開封していきます。

「inCharge6」と「inCharge6 MAX

今回、incharge6 3色/ incharge6 MAXという形でご提供いただきました。

色見も含めてご確認ください。

incharge6 MAX開封

「inCharge6 MAX」

まずは「incharge6 MAX」です。

incharge6と何が違うのかといえば、ケーブルの長さになります。

incharge6はキーリングにひっかけるような形で使用できる短さなのに対し、こちらの「incharge6 MAX」はケーブルの長さが150cmとなっているのです。

「inCharge6 MAX」

左側の写真をご覧になるとわかると思いますが、一般的な充電ケーブルのような使い方が出来ます。

「inCharge6 MAX」

こちらが「incharge6 MAX」、マーキュリーグレーカラーです。

初見の印象としては「きしめん」のように、平べったいケーブルになっていたので、使いやすそうな感じ。

「inCharge6 MAX」

TPUケーブルガードを使用しているということで、ケーブル自体に高級感もあるし、耐久性も高そうな印象があります。

ケーブル結束も最初からついていましたので、持ち運びにも便利。

「inCharge6 MAX」

先端はマグネット式で、ペタンとくっつくようになっています。

亜鉛アルミニウム合金になっていますので、丈夫です。

なんでも、車の下敷きになっても問題がないんだとか…

「inCharge6 MAX」

開いてみると、こんな感じ。

「inCharge6 MAX」

インプットにはUSB-A端子、

「inCharge6 MAX」

内側からはUSB-C端子が出てくる仕様になっていました。

「inCharge6 MAX」

アウトプットにはUSB-C端子と、

「inCharge6 MAX」

デュアル端子(5ピン /8ピン汎用)が使えるようになっています。

ライトニングだったり、microUSBが必要な端末に対して充電を行うことが可能です。

「inCharge6 MAX」

全てのデバイスに合う【たった1つのケーブル】と販売ページに書かれていましたが、まさに!の一言です。

inCharge6 MAX:仕様
  • カラー:マーキュリーグレー
  • ケーブルの長さ:150cm
  • 重さ:63g
  • 最大出力:15W(5V-3A)
  • データ転送速度:480Mbit/s (60MB/s)

inCharge6開封

inCharge6

続いて、inCharge6を開封していきます。

inCharge6

先ほどのinCharge6 MAXとは違って、ケーブルの長さが4cmとなっています。

inCharge6

こちらの写真をご覧になっていただいてもわかりますが、カギにひっかけておくことも可能です。

inCharge6

ムーンホワイト/マーキュリーグレー/サターンゴールドの3種類を並べてみました。

どのカラーもファッション性が高いのでオススメです。

inCharge6

個人的に一番好みの色だった「サターンゴールド」をピックアップして紹介していきます。

inCharge6

基本的な機能としては、「inCharge6 MAX」と同じです。

inCharge6

インプット・アウトプット側の仕様も同じ。

ケーブルの長さが短いので「常に持ち歩くモデル」として考えるのが良いかと思います。

inCharge6:仕様
  • 全長:13cm
  • ケーブルの長さ:4cm
  • 重さ:30g
  • 最大出力:15W(5V-3A)
  • データ転送速度:480Mbit/s (60MB/s)

万能6in1「inCharge6」と「inCharge6 MAX」を使ってみた

では、実際に万能6in1 USBケーブル「inCharge6」を使っていきます。

inCharge6

インプット側はUSB-C端子またはUSB-A端子として使用。

アウトプット側はmicro USB+Lightning+USB-Cとして使うことが出来るとありまして…なんにでも使えます。

私は「常に持ち歩く」ようにしたかったので、キーリングに装着。

これによって、外出先で充電ケーブルがない!というトラブルから回避されるようになりました。

inCharge6

ファッション性に優れた「inCharge6」。

カバンにつけておいてもいいかも・・・と思いましたが、ガジェット好きじゃないと「何?」と突っ込まれるかもしれません。

inCharge6

充電に関しては、全く問題なし。

イヤホンを充電してみましたが、ケーブルが短いので邪魔にもならず便利の一言。

inCharge6

スマホの充電にも便利便利。

inCharge6 MAX

inCharge6 MAXに関しては、私は作業場に常設することにしました。

inCharge6 MAX

スマホを充電したり、

inCharge6 MAX

ゲーム機を充電したりするのに、いちいちケーブルを抜き差しするのも面倒だと感じたからです。

1本のケーブルを持っておけば、全てに対応できるというのは本当に便利だと思います。

この快適さを感じてみたい方は、詳細を販売ページからご確認くださいませ。

6in1 USBケーブル inCharge6 MAX

6in1 USBケーブル inCharge6

提供:株式会社ヤベツジャパン

 

<SPONSORED LINK>


inCharge6&inCharge6MAXをレビュー!
MONO SELECTION
私が「お気に入り」として使っている、もしくは使ったことがある「モノやサービス」を「MONOセレクト」として厳選して紹介中です!
まずはこちらの記事をご覧になってみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

ブログを活用した集客を得意としているクリエイターです。名古屋とスタバとサッカーとイラストを愛してます。ガジェット系の記事を中心に、見てくれた人が「欲しい」と思うもの、役に立つものを記事にしてアップ中。日本ダイエット健康協会認定のダイエット検定1級の資格を持っていますので、痩せる系の記事も必見ですよ。