【口コミ】フィットキューブで筋トレ効果はある?4週間試してみた!

フィットキューブ(FITT CUBE)レビュー
<SPONSORED LINK>


困る人

筋トレと有酸素運動が1台で可能になるというショップジャパンのフィットキューブ・・・

運動不足・面倒くさがりな私でも続くかしら・・・。

筋トレ効果はある?ダイエット効果はあるの?

フィットキューブ(FITT CUBE)

そんな疑問をお持ちの方に向けて、まさに運動不足&面倒くさがりで、ダイエット検定1級取得者である私が実験台になりまして、「フィットキューブ(FITT CUBE)」を約一か月間使用してみた感想をご紹介!

※今回「フィットキューブ」をレビューするにあたり、サンプルを提供していただきました

フィットキューブ(FITT CUBE)

組み立て不要、4つの面を使って自宅でサーキットトレーニングが行えるフィットネスマシンである「フィットキューブ」。

リビングに常設させて、子供と一緒にトレーニングを毎日続けてみたら、効果はあるのか?体つきは変化するのか?

まずは一週間程度使用してみた感想をお伝えしつつ、一か月程度、後日「数か月」といった形で口コミを追加していきたいと思います。

フィットキューブ

提供:ショップジャパン

フィットキューブ(FITT CUBE) 開封の儀

それでは、フィットキューブが届いたところから紹介していきます。

フィットキューブ(FITT CUBE)

こちらがフィットキューブ(FITT CUBE)が届いたところです。

大き目の専用ケースに、がっしりと緩衝材に囲まれた状態で入っていました。

この辺りはショップジャパンクオリティですね。

フィットキューブ(FITT CUBE)

開封後に最初に登場したのは、フィットキューブ(FITT CUBE)の取扱説明書。

この手の商品は必ず取扱説明書を先に読んでおかないと怪我をしますので、すべて目を通しておきましょう。

フィットキューブ(FITT CUBE)

緩衝材を取り除いてみると、CMでよく見かけていたフィットキューブ(FITT CUBE)が初お目見えです。

所見の印象としては、思っていたよりも大きいと感じました。

フィットキューブ(FITT CUBE)

レジスタンスバンド付きということで、上半身もしっかりと鍛えられそうな予感。

筋トレを日課にしている自分からすると、バンドを使ったトレーニングは非常に効率が良いのでオススメです。

鉄アレイのように場所を取らない+じっくりと耐久力のある筋肉をつけることが可能ですからね。

フィットキューブ(FITT CUBE)

こちらが透明のビニール袋を取り除いた状態です。

サイズは奥行き約450mm、横幅380㎜、高さ387m、重さは15.5㎏。

材質はポリプロピレン、ポリ塩化ビニル、スチール他となります。

フィットキューブ(FITT CUBE)

設置する場所は平らな床の上が基本。

フィットキューブは接地面に滑り止めが付いていますが、フローリングの場合は床を保護するためのマットを使ったほうが良いみたいです。

※エクササイズをする際には、フィットキューブから周囲60cm四方には何も置かないことを確認しましょう。

フィットキューブ(FITT CUBE)

場所を気にすることなくエクササイズが出来るというキャッチコピーで売られている商品ですが、実際に設置してみると「確かに」と頷けます。

サーキットトレーニングをするのに、これだけのスペースでOKだと思えば、嬉しいですよね。

ちなみにですが体重制限は最大で110kgで、身長の制限はないみたいです。

約45センチ四方の玩具箱が置いてあるような印象ですが、我が家ではちょっとした椅子になっていたりしています。

フィットキューブ(FITT CUBE)

ちなみに、こちらの梱包用棒は「輸送時」に形が崩れないようについている物とのことでした。

修理などが発生する場合、ショップジャパンに送らないといけないので、どこかに保管しておきましょう。

フィットキューブ(FITT CUBE)

再び方向を戻しまして、こちらがステッパーがついている部分になります。

フィットキューブ(FITT CUBE)

ステッパーはカウンター付。

フィットキューブ(FITT CUBE)

私はステッパーマニアで、ステッパーを踏みながら本を読むということにはまっているんですけど、これが簡単に出来る感じ。

私は外に出かけてウォーキングをするということが大嫌いなので、ステッパーを使っているんですけど、これで更に気軽に継続できそうです。

フィットキューブ(FITT CUBE)

カウンターでは、運動回数や運動時間などの情報を確認することが出来るので、モチベーションを保つことが出来るようになっています。

フィットキューブ(FITT CUBE)

レジスタンスバンドは、こちらに取り付けるようにします。

フィットキューブ(FITT CUBE)

これによってステッパーを踏みながら、アームカールエクササイズが出来るようになるのです。

これは本当に便利ですね。

ちなみに、20分以上の連続運動は禁止となっています。

油圧シリンダーが熱くなってしまって、やけどや故障の原因につながってしまうようなので、注意しましょう。

フィットキューブ(FITT CUBE)

続いて、プッシュアップが出来る「プッシュアップグリップ」です。※オレンジ色の両サイドのバー

フィットキューブ(FITT CUBE)

実は腕立て伏せは、地面で行うよりもグリップを使って行うほうが筋トレ効果が高いものとなっているようなので、こちらを使用すれば一気にパワーアップできそうな印象。

期待できる効果としては大胸筋のエクササイズとなっており、1セット10回を目安に、ゆっくりと行うのがポイントです。

ちょっと高いかな?と思ってしまうところもあるので、こちらについては使いながら確認してみたいと思います。

フィットキューブ(FITT CUBE)

こちらはツイストをして、腹部のトレーニングが出来る部分。

ツイストグリップを持ちながら回転するツイストシート部分に座って左右にひねるだけで、腹筋や腹斜筋のエクササイズが出来るという優れものです。

フィットキューブ(FITT CUBE)

期待できる効果としては、脇腹・腹斜筋のエクササイズ。

ツイストのほかにも、Vシットアップエクササイズなどにも使えます。

フィットキューブ(FITT CUBE)

最後は、スタンド面を上にして踏み台昇降運動。

実はコロナの影響で外での運動を制限されたこともあり、有酸素運動が手軽に出来る「踏み台昇降運動専用の台」を購入したのですが・・・、それしか使い道がないこともありまして、すぐに倉庫行きになってしまいましたw

フィットキューブ(FITT CUBE)

そんな経験がある私だからかもしれませんが、フィットキューブは多機能の中での1つの機能が「踏み台昇降」なので、便利だと感じます。

枠の中央に足を乗せるのがポイントです。

1セット10回を目安に、数セット行うと効果が高そうなので、膝をい傷めないようにじっくりとトレーニングをしていきたいと思います。

フィットキューブ(FITT CUBE)口コミ

では、フィットキューブを使っていきます。

筋トレと有酸素運動を並行して続けていくことが重要であることはダイエット検定1級を持っていることもあり、理解しているので、しっかりと地道に実践していきます。

今回の目的

筋肉量を増やして代謝を上げることにより、リバウンドしにくい体を作ることが出来るので、バンド+腕立て伏せで上半身・ステッパーで下半身を強化して筋トレを実践。

更に、有酸素運動で基礎体力をアップ+余計な脂肪を燃焼することによって、理想の体を作り上げていくのが今回の目的です。

まずは、最初に一通りの運動を試してみます。

踏み台昇降

フィットキューブ(FITT CUBE)

踏み台昇降に関しては、ちょっと高めの設定になっていることもあって負荷が大きいです。

フィットキューブ(FITT CUBE)

高さ387mmなので、少し大きめの段ボールの上に足を乗せるようなイメージです。

慣れていないと、この高さで踏み台昇降運動をするのは難しいのでは?と最初は思ってしまいましたが、慣れてくると快適です。

低い高さの踏み台昇降運動って、効果あるの?と常々思っていたりして、継続できなかったのですが、フィットキューブの踏み台昇降運動は「かなり疲れます」ので逆に続けられそうな予感。

期待できる効果は有酸素運動ということですが、これを続けていけば、筋力アップにもつなげられそうです。

ちなみにですが、筋トレの間に心拍数を維持する・・・という運動にも踏み台昇降は最適なので、やってみたいと思います。

ステッパー

フィットキューブ(FITT CUBE)

続いて、ステッパーです。

ステッパーに関しては、左右に壁があるタイプが初めてだったのですが、実際に踏んでみると何ら問題なし。

フィットキューブ(FITT CUBE)

慣れてきたので、下を見ずに本を読みながら、テレビを見ながらステップを踏み続けてみたのですが、かなり良い。

「パワー設定が出来るタイプではない+初期設定が重ため」なのが残念なところではあるんですけど、それでも慣れてくれば十分楽しめるステッパーになっています。

フィットキューブ(FITT CUBE)

ステップ面は便利なカウンター付き。

回数、時間、消費カロリー、速度を表示してくれます。

普段からリビングに常設してあることもありまして、さっとウォーキングを始められるのはとてもよいですね。

一般的なウォーキングのエネルギー消費量を比較してみると、消費カロリーが最大で1.6倍になるらしいので、外に行くよりも効率的にエネルギーを消費できそうです。※ショップジャパンより引用

フィットキューブ(FITT CUBE)

レジスタンスバンドを使って、バンド運動をしてみます。

フィットキューブ(FITT CUBE)

上腕二頭筋や三角筋を筋トレし、次の腕立て伏せにつなげていくわけです。

フィットキューブ(FITT CUBE)

なお、20分以上のウォーキングは、油圧シリンダーが熱くなってしまって、やけどや故障の原因につながるので注意してください。

グリップを使っての腕立て伏せ

フィットキューブ(FITT CUBE)

身体が温まってきたのでグリップを使っての腕立て伏せを開始。

フィットキューブ(FITT CUBE)

両端をもって腕立て伏せを行います。

ちょっと高いかな?と思っていたのですが、ちょうどよい負荷がかかっている印象で回数を増やすことが出来ました。

二の腕・肩回りを強化できるので、男性があこがれるムキムキを目指せそうな感じがします。

ツイスト

フィットキューブ(FITT CUBE)

最後はツイストです。

左右に回転させながら腹筋・腹斜筋のエクササイズが出来るのですが・・・これはいい!

テレビを見ながらサクッと出来る運動の中で、一番良いと感じました。

フィットキューブ(FITT CUBE)

落下しないように左右には手すりが用意されているので、こちらも安心。

フィットキューブ(FITT CUBE)

意外とこちらのクッションが座りやすいので・・・・リビングの片隅にあるデスクの椅子としても使わせていただいています。

安全性

子供がいる家庭の場合、安全性は重要かと思うのでチェックしてみました。

フィットキューブ(FITT CUBE)

指をいれてみましたが・・・挟まってしまう心配などは少ないかな。

この辺りはショップジャパンクオリティで、しっかりとしています。

フィットキューブ(FITT CUBE)

しかしながら、ステッパーを使用しているときに手を入れたりすれば大けがにつながると思いますから、子供が触れるような場所で運動をしないように注意しましょう。

一週間トレーニングして効果はあったのか?

フィットキューブ(FITT CUBE)

スポーツジムやフィットネスジムに通うのは大変だけど、運動は続けたい。

そんな事を思っていた自分にとって、自宅をジムに出来るというだけでも意識に対する効果があったと思います。

実際近所にあったスポーツジムが閉店となり、通えるジムもなくなりましたしね・・。

あと、鉄アレイやステッパーなど、様々なトレーニンググッズを自分も揃えていたのですが、フィットキューブを使用すれば「ほかに何もいらなくなる」のも嬉しいところ。

リビングに常設してあれば、いつでもジムに変化させることが出来るのです。

ちなみにですが、次の運動に行くためにはフィットキューブは転がすだけ。

組み立てなども必要ないので、スムーズに続けられます。

フィットキューブ(FITT CUBE)

では、体はどうなったのか?という話です。

あくまでも個人差があるので、参考程度に・・・というものになりますが、筋トレ・運動をしっかりと出来るエクササイズ・トレーニングマシンですから「筋肉痛」に一週間悩まされました。

ステッパーと有酸素運動中は汗がだらだらと流れてくるので・・・脂肪燃焼にもつながっていると思います。

そんな運動を行うことによって「意識改革効果」が起こりまして、余計な間食をしなくなった+食事も気にするようになったので、多少体つきが変わってきたように感じていたんですけど、残念ながら周りからすると「変わってない」とのことでした。

一ヶ月間・四週間でフィットキューブ効果は?

フィットキューブ(FITT CUBE)

一ヶ月間・四週間でフィットキューブを続けてみた効果としては、すべての運動を楽にこなせるようになりました。

正直なところ、筋トレ+有酸素運動に対する意識が高まったことよって、フィットキューブ以外のトレーニングも並行+食事制限もするようになりましたので、明らかに変化が起きている感じです。

ただ、そのベースとなっているのが、習慣化できているフィットキューブのおかげです。

フィットキューブ(FITT CUBE)

筋トレ・有酸素運動が面倒だなぁ・・・と思う日も、リビングの片隅に置いてあるフィットキューブに座り、ツイストを開始・・・。

ちょっと体が熱くなってきたらステッパーを踏みながら、アマゾンプライムで映画を観る・・・なんてことが日課になっていたのです。

フィットキューブ(FITT CUBE)

踏み台昇降として高さ387mmは高すぎると感じるところもあったんですが、筋肉がついてくると余裕になります。

フィットキューブ(FITT CUBE)

上半身への筋トレ効果については、バンドを使ったトレーニングで持久力のある筋肉、グリップを使っての腕立て伏せで瞬発力のある筋肉をつけられている印象ですね。

腕立て伏せってどうしても面倒に感じてしまうんですけど、このグリップを使っての腕立て伏せは、過去一「継続しやすい」ものとなっています。※一時は一日100回以上 腕立て伏せをしていました

お得で効果的なエクササイズ

ちなみに、レベルに応じて様々なエクササイズを追加できます。

  1. 01ステップ(初級)
  2. 02踏み台昇降(初級)
  3. 03ツイスト(初級)
  4. 04アームカール(初級)
  5. 05キックバック(初級)
  6. 06ディップス(初級)
  7. 07フロントレイズ(初級)
  8. 08サイドレイズ(初級)
  9. 09リアレイズ(初級)
  10. 10プッシュアップ(初級)
  11. 01ラテラルサイド ステップ(中級)
  12. 02ジャックナイフ(中級)
  13. 03ロシアンツイスト(中級)
  14. 04マルチレベル プッシュアップ(中級)
  15. 05プランク(中級)
  16. 06ローイング(中級)
  17. 01パワー ピストル スクワット(上級)
  18. 02ブルガリアン スプリット スクワット(上級)
  19. 03Vシット(上級)
  20. 04スタビライゼーション(上級)

公式ホームページに掲載されているので、いろいろと取り入れて楽しんでみてください。

個人的には体感を鍛えられるのが有難いと感じました。

20通りもの本格的なエクササイズがこれ一個で出来ると思えば、お得ではないでしょうか。

まとめ

フィットキューブ(FITT CUBE)

フィットキューブが自宅にあることで、目につくところに置いてあることで「トレーニングする意識」を刺激してくれるのが一番のポイントだったのかもしれません。

一つ一つのトレーニングが「苦しいレベル」ではなく、ちょっとやってみようかな・・・と思えるくらいのものというのも良かった。

検証結果としては、運動不足・面倒くさがりな方であっても、フィットキューブであれば継続していけると思いました。

私でも継続できるかしら・・・とお悩みの方も、ぜひ試してみてください。

フィットキューブ(FITT CUBE)返品保証

一応、受け取った日から39日間の返品保証(返送料本人負担)もついているみたいなので、頼みやすいですよ!※公式サイトにてチャットで確認しました

フィットキューブ

提供:ショップジャパン

 

<SPONSORED LINK>


フィットキューブ(FITT CUBE)レビュー
MONO SELECTION
私が「お気に入り」として使っている、もしくは使ったことがある「モノやサービス」を「MONOセレクト」として厳選して紹介中です!
まずはこちらの記事をご覧になってみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

ブログを活用した集客を得意としているクリエイターです。名古屋とスタバとサッカーとイラストを愛してます。ガジェット系の記事を中心に、見てくれた人が「欲しい」と思うもの、役に立つものを記事にしてアップ中。日本ダイエット健康協会認定のダイエット検定1級の資格を持っていますので、痩せる系の記事も必見ですよ。