【レビュー】Anker Soundcore Liberty 3 Proでノイキャン・ハイレゾを楽しんでみた!

Anker Soundcore Liberty 3 Proレビュー
<SPONSORED LINK>


高性能な完全ワイヤレスイヤホンが欲しい。

出来れば周囲の音を消してくれるノイズキャンセリング機能がついていたり、ハイレゾを楽しめるようなモノがいい。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro

そんなアナタに「Anker Soundcore Liberty 3 Pro」のサンプルを提供していただいたので紹介します!

Anker Soundcore Liberty 3 Pro

Libertyシリーズ最新モデルとして登場した「Anker Soundcore Liberty 3 Pro」を実際に使ってみた感想を一言でまとめるなら、確かにAnker史上最高音質

Ankerの独自技術「ウルトラノイズキャンセリング2.0」を搭載していることもありまして、音楽への没入感は抜群ですし、高音質コーデック・LDAC対応によってワイヤレス接続でもハイレゾ再生が出来るなど、音質もお墨付き。

完全ワイヤレスイヤホンの中では、少々お値段は高く設定はされているものの、その価値を十二分に感じられる製品となっていました!

というわけで、商品を開封するところから実際に使用しているところを紹介していきます。

提供:アンカー・ジャパン株式会社

Anker Soundcore Liberty 3 Pro 開封の儀

それでは「Anker Soundcore Liberty 3 Pro」を開封するところから紹介します。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro

こちらが「Anker Soundcore Liberty 3 Pro」のパッケージです。

ホワイトモデル(クラウドホワイト)とブラックモデル(ミッドナイトブラック)がありますが、今回はブラックモデルを送っていただきました。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro

Anker Soundcore Liberty 3 Proの特徴です。

特徴
  1. ワイヤレスでハイレゾ音源再生
  2. 音質を好みにカスタマイズ
  3. ウルトラノイズキャンセリング2.0
  4. 直感的なタッチ操作
Anker Soundcore Liberty 3 Pro

ケースを開いてみました。

左から紹介していきいます。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro

こちらはフィット感を高めるイヤホンの装着方法です。

耳のサイズや形にあわせて、イヤーチップと、イヤーウィングを選択して「自分好み」に調整することが出来ます。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro

イヤーチップ・イヤーウィングは複数用意されていました。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro

少しアップで紹介します。

  • イヤーチップ(4種類)
  • イヤーウィング(4種類 ※開封時の商品にはサイズ2が取り付けてあります)
Anker Soundcore Liberty 3 Pro

Soundcore Liberty 3 Proイヤホン本体(写真上)と、充電ケース。

本体はブラックのボディに「差し色としてゴールド」を使っていることもありまして、アクセサリーのような雰囲気です。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro

充電ケースはマットな質感に、キラリと光るメタル系ブラックの2トーン。

これまたガジェット好きな私としては、好みのデザインとなっていました。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro

こちらが差し色としてゴールドが入っていると紹介した本体。

ここにイヤーチップを差し込みますので、装着してしまうと全く見えなくはなるんですが・・・こういった「こだわり」が私は好きです。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro

他にはUSB-C & USB-A ケーブル。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro

クイックスタートガイド、安全マニュアルなどが入っていました。

中に入っていたものとしては以下の通り。

パッケージ内容
  • Soundcore Liberty 3 Pro本体
  • 充電ケース
  • イヤーチップ(4種類)
  • イヤーウィング(4種類※開封時の商品にはサイズ2が取り付けてあります)
  • USB-C & USB-A ケーブル
  • クイックスタートガイド
  • 安全マニュアル
Anker Soundcore Liberty 3 Pro

こちらがSoundcore Liberty 3 Proの充電ケースです。

カラーは、最初に紹介した通り「ミッドナイトブラック」となっています。

A3952N11 (‎ミッドナイトブラック) / A3952N21 (クラウドホワイト)

Anker Soundcore Liberty 3 Pro

大きさは約7.08 x 5.55 x 2.8cm。

Sサイズの卵を平べったくしたくらいの大きさでしょうか。

重さは約59g(充電ケース含む) / 約7g(イヤホン本体 片耳)で、カバンの中に入れてあっても邪魔にならないものとなっています。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro

充電はUSB Type-Cケーブルを使用して、こちらから行えます。

ワイヤレス充電にも対応していますから、Qi対応のワイヤレス充電器を持っている方であれば「置くだけ充電」が可能です。

充電時間:約2時間(充電ケース *USBケーブル使用時) / 約3.5時間(充電ケース *ワイヤレス充電器使用時)

Anker Soundcore Liberty 3 Pro

充電状況については、こちらのLEDで確認できます。

イヤホン本体を満充電にしておけば、最大8時間の再生が可能。

付属の充電ケースを合わせて使うと、最大32時間も再生が出来ますので、外出先で充電が切れてしまう心配は少ないと思います。※モードによって違いがあります

Anker Soundcore Liberty 3 Pro

充電ケースのフタはスライド式。

フタの開け閉めがしずらいイヤホンを所有していたこともありますが、このスライド式が一番使いやすくて個人的には好きです。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro

このイヤホン本体に、イヤーチップを差し込んでいきます。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro

完成。

私は大抵の場合標準サイズでOKなので、イヤーウィングも変更することなくピッタリなものが出来上がりました。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro

こちらが外観です。

Ankerから生まれたオーディオブランドである「soundcore」のロゴマークが、大きく主張することなく・・・浮かび上がっているのがきれいです。

ちなみに「soundcore」は、最先端のオーディオテクノロジーを駆使して、こだわりの音を手の届きやすい価格で提供するオーディオブランドのことで、間違いのない製品を多数販売しています。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro

充電ケースにも使用されているメタルブラックな部分がキラリと光ってくれるおかげで、ファッションアイテムの一つのようにも感じます。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro

充電端子です。

充電に関しては充電ケースに戻すことによって自動的に行われる仕組みとなっています。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro

この黒く光っている部分は、イヤホンの装着検出センサーです。

イヤホンを外すと自動的に音楽が止まったりする際に使われるものですね。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro

イヤーチップを真正面から撮影。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro

Anker Soundcore Liberty 3 Proを充電ケースに戻してみた際の写真です。

マグネット式になっていますので方向さえ間違えなければ、この形に自動的に収まるようになっています。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro を使ってみた

Anker Soundcore Liberty 3 Pro

では、Anker Soundcore Liberty 3 Proを使っていきたいと思います。

iPhone・iPadなどのiOS端末はLDAC非対応とのことなので、今回はパソコンとiPhoneに接続して使用していきます。※マルチポイント対応なので、2台接続できます

Soundcoreアプリ

Anker Soundcore Liberty 3 Pro
Anker Soundcore Liberty 3 Pro

早速ですが、「Soundcoreアプリ」と連携して、Anker Soundcore Liberty 3 Proの能力を最大限発揮できるように設定していきます。

まずはHearID。

HearIDを使用することによって、複数の周波数帯で個人の聴覚感度をマッピング!Soundcoreアプリ上で特定の周波数帯域における音の聞き取りやすさを測定してくれるので、自分だけの「聞き取りやすいサウンドプロファイル」を作成。

テスト内容としては「この音は聞こえますか?」を片耳ずつ繰り返して、耳の状態を確認するようなものですが・・・これにより「本当に聞き取りやすい音」を設定できるようになります。

続いて、HearID ANCテスト。

HearID ANCテストは、アプリ上で耳の形を計測し、最適なノイズキャンセリングフィルターを適応してくれるテストのことで、こちらを実行することにより、より効果的なノイズキャンセリングを実現してくれます。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro

他にもアプリとAnker Soundcore Liberty 3 Proを接続することによって、充電状況も一目でわかるようになるし、モード切替もタップ一つで行えるようになります。

私はあまり各ガジェット専用のアプリは入れたくない人なんですが、Soundcoreアプリは入れておいて損はないものだと感じていますので、ぜひ入れてみてください。

音質

Anker Soundcore Liberty 3 Pro

迫力のある低音を表現するダイナミックドライバー。

中高音域の滑らかな音を表現するバランスドアーマチュアドライバーを1つのモジュールに統合して同軸上に配置する「A.C.A.A(同軸音響構造)」など・・・、仕様からしても音はお墨付き。

表現としては「奥行きのある音」を感じられるイヤホンになっているので、まるで生ライブに来ているような感覚でアーティストの声が届きます。

こんなにもクリアに音楽を楽しめるワイヤレスイヤホンは「初めて」といっても良いくらいの音質で、特に細部の再現性が抜群。

普段使っているスピーカーも悪いものではないのですが、こんな音だったんだ・・・と気づかされるものもありました。

また、長時間聞き流すにも最適なので、イヤホン特有の「耳が痛い」といった感じもありませんでした。

ほかの安価なモデルが使えなくなりそうです。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro
Anker Soundcore Liberty 3 Pro

さらに、アプリからサウンドエフェクトを利用すれば、低音を強くしたい、フラットな感じで音を楽しみたい・・・といった個人好みの調整も可能なので、より「音楽が生き生き」としてくる感じがします。

仮想スピーカーを設置し、複数の位置から音が再生されている空間を再現する「3Dオーディオ機能」も、実際に使ってみると楽しさにあふれています。

さらに、ワイヤレス接続でもハイレゾ再生が可能なのも嬉しいところ。

ハイレゾ音源の特徴として、高音域が出力される、ひとつひとつの音がはっきりと聞こえる・・・といった特徴がありますが、比べてみると確かに!と頷けます。

ボーカルの息づかいまでを感じたい、そんなアナタに「Anker Soundcore Liberty 3 Pro」はオススメです。

通話について

Anker Soundcore Liberty 3 Pro

クリアな音声通話を可能にするのも「Anker Soundcore Liberty 3 Pro」の特徴の一つ。

ノイズリダクション機能を搭載した6つ(左右のイヤホンに各3つ)のマイクが周囲の雑音を除去してくれることによって、通話相手に自分の音声を「より大きくクリア」に伝えてくれます。

試しに外出先から電話をしてみましたが、先方からは「聞き取りやすい」との評価をいただきました。

耳に装着する完全ワイヤレスイヤホンのマイクで「聞き取りやすいのか?」と疑問に思ったりもしましたが、全く問題なかったようです。

念のため、奥さんに「Anker Soundcore Liberty 3 Pro」を装着してもらい、私自身が通話相手として試してみたのですが、確かにクリアで聞き取りやすい。

これでしたら、通常の通話はもちろんのこと、テレワークやWEB会議にも使用することが出来るものとなるでしょう。

ウルトラノイズキャンセリング 2.0

Anker Soundcore Liberty 3 Pro
Anker Soundcore Liberty 3 Pro

Anker Soundcore Liberty 3 Proのウルトラノイズキャンセリング 2.0の効果については、抜群。

かなり効果の強いノイズキャンセリング機能だと思います。

何気なくノイズキャンセリング機能をONにした状態で音楽をかけ、仕事に没頭しておりましたら・・・話しかけられていることに気づかなかったレベルですw

もちろんですが、ノイズキャンセリングのレベルは選択可能。

Soundcoreアプリ上から使用シーンにあわせて3つのモードから選べますから通勤・通学途中の駅の案内は聞き逃しません。

個人的にすごい!と思ったのは、静かな環境下では過度なノイズキャンセリングも防止してくれるというところ。

ノイズキャンセリング機能がついたイヤホンは、いろいろと試してきましたが、最強クラスの効果だと思います。

途中で紹介しましたが、ノイズキャンセリング機能にHearID機能を初活用したことによって、音を制御する能力が上がったんでしょうね。

まとめ

Anker Soundcore Liberty 3 Pro

Anker Soundcore Liberty 3 Proを実際に使わせていただいて感じたのは、非の打ち所がないイヤホンであったということ。

これだけの機能が詰まっていて、この価格であれば・・・コスパも良いと思います。

高性能な完全ワイヤレスイヤホンで、ノイズキャンセリング+ハイレゾを楽しみたいのであれば、Anker Soundcore Liberty 3 Proは大変オススメです。

気になった方については、詳細を販売サイトにてお確かめくださいませ。

提供:アンカー・ジャパン株式会社
<SPONSORED LINK>


Anker Soundcore Liberty 3 Proレビュー
MONO SELECTION
僕が「お気に入り」として使っている、もしくは使ったことがある「モノやサービス」を「MONOセレクト」として厳選して紹介中です!
まずはこちらの記事をご覧になってみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

ブログを活用した集客を得意としているクリエイターです。名古屋とスタバとサッカーとイラストを愛してます。ガジェット系の記事を中心に、見てくれた人が「欲しい」と思うもの、役に立つものを記事にしてアップ中。日本ダイエット健康協会認定のダイエット検定1級の資格を持っていますので、痩せる系の記事も必見ですよ。