顔が痩せない男性必見!pao(パオ)を購入して1年半で感じた口コミ

フェイシャルフィットネス PAO(パオ)のスリーモデル
<SPONSORED LINK>


ダイエットに成功して体重が落ちてきたのに「顔が痩せないと悩む男性(自分も)」に向けて、どうすれば顔痩せするのか?何か便利な道具はないのか?を紹介します。

実は僕自身、ダイエット検定1級を取得したこともありまして、体のダイエットに感しては上手く出来るようになったのですが、顔痩せに関しては苦手でした。

顔が痩せないループ

体から痩せて、顔は後から痩せる。

太る時は顔から太って、体が太っていく。


上記のような悪循環もありまして、どんなに痩せても顔だけは太っているような状態だったのです。

なぜでしょうね(笑)

pao(パオ)
そんな僕が顔痩せ用のグッズとして購入した「pao(パオ)」と共に、顔が痩せない理由について迫ってみたいと思います。

 

なぜ顔に脂肪がついてしまうのか?

まず最初に知っておきたいのは、顔に脂肪がついてしまう理由です。

顔に脂肪がついてしまう原因とされているのは、食べ過ぎはもちろんのこと、「むくみ」や「表情筋の衰え」、「顔の歪み」などが原因と言われています。

顔に脂肪がつく原因
  • むくみ
  • 表情筋の衰え
  • 顔の歪み

可児 万松の料理
むくみに関しては飲みすぎ・食べ過ぎが主な原因で、顔がボヨンとしてしまう現象となりますので、生活のリズムと食生活を改善することを検討すると良く、表情筋についてはたっぷりと人と話す・意識的に顔の筋肉を動かすことが重要です。

 

しかしながら、顔の脂肪が燃焼されるのは体の脂肪が燃焼された後とされているので、どんなにジムで走り込んでも、体を鍛え上げても、顔を中心に痩せさせるのは難しいとされています。

でも、逆に言えば顔の筋肉である「表情筋」を集中的に鍛えることで、優先的に顔の脂肪を取ることもできると考えられるわけです。

顔が痩せない状態の仮設と対策

このことを考えると、僕自身は仕事の関係で「人と全然話さない日」も多いため、表情筋自体が衰えてしまい、「顔が痩せない」状態を作ってしまっているのでは?と言う仮説を立てられました。

明石家さんまさんが、いつまでも若々しくカッコいいのは、あれだけの表情筋を毎日のように使っているからなのではないか?と思ったわけですね。

 

そして、表情筋を意識して鍛え上げることが出来れば、頬の肉がギュギュッと引き締めていく事が出来る→顔が痩せない状態を脱するという結論にいたりました。

 

顔痩せするメリットとは?

  • 見た目が若々しく、スマートになる
  • ダイエットのモチベーション維持につながる
 

顔痩せをすることによるメリットは、やっぱり若々しくみえること。

そして、出来る男のように見られるのがメリットだと思います。

ポチャッとしていると、どうしても「だらしない」という印象を与えてしまうので、顔だけはしっかりと痩せておいたほうが得です。

また、お腹がぽっこり出ていても、痩せて見えてしまうところも顔が痩せているメリットでしょうね。

ダイエットのモチベーション維持

あと、顔が痩せていると「ダイエットのモチベーション維持」にも役立ちます。

ダイエットを成功させるには「継続」が絶対的な鍵となるのですが、どうしても体重の落ち方には「停滞期」があり、一定期間体重が落ちにくくなってしまう時期がやってきます。

でも、顔がしっかりと痩せていると「自信につながる」ので、顔痩せ(表情筋を鍛える)を同時並行で行っておくのは非常にメリットがあります。

表情筋を鍛えるためにpao(パオ)購入!顔やせ効果はあるのか?

pao(パオ)
そんな顔痩せに特化して、表情筋を鍛えるためのガジェットとして購入してみたのが、pao(パオ)。

正確には「フェイシャルフィットネス PAO(パオ)のスリーモデル」というもので、重みを変えることが出来ない簡易モデルです。

フェイシャルフィットネス PAO(パオ)のスリーモデル
CMも結構やっていますので「pao」については知っている方も多いと思いますが、販売元はシックスパッドやリファで有名なMTGが販売している美容グッズです。

商品特徴
  • 1回30秒からの運動
  • モニターの94%が顔への効果を実感
  • 口元の筋肉を鍛える内側からのケア
  • ほうれい線、フェイスライン、口角に集中的にアプローチ
  • スウィング運動で筋肉を鍛える、口元に負荷を集中
※詳細は公式サイトを参照


このpao(パオ)の特徴が、顔が痩せにくい自分にとって、間違いのない商品だ!と、思いまして・・・2016年の12月に購入。

pao(パオ)
実際に購入したフェイシャルフィットネス PAO(パオ)のスリーモデルの使用などは上記の通り。

フェイシャルフィットネス PAO(パオ)のスリーモデル
ウイング部分のロゴ。

フェイシャルフィットネス PAO(パオ)のスリーモデル
取り外しが可能なマウスピースなど、見た目のシルエットもカッコいいので部屋に置いておいてもダサくありません。

 

そして・・・、しばらく使ってみた印象としては、早速効果を実感。

あれ?顔やせしてるやん!!と感じたので、意気揚々と毎日使っていました。

特に自分の場合は表情筋を普段使わないので、効果を実感しやすいのかもしれませんが、鍛えてる感があったのです。

 

しかし・・・・、何故だかいつの間にかお蔵入りしてしまいました。

この理由は後ほど・・・。

pao(パオ)
そして、数ヶ月前に再びpao(パオ)を発見して、現在毎日の作業の前に「pao」を再び使うようになりました。

pao(パオ)
今回はお蔵入りしないように、習慣化を利用しての再スタートです。

paoスリーモデルの価格は、数年経っても変わらない。

なお、購入した当時の価格と、2018年現在の価格は変わりがないみたいです。


自分が購入したpaoはスリーモデルのブラックとなっていて、重さの調整が出来ないタイプ

一応、通販限定での販売となっているものだったのですが、バージョンアップなどもなく、価格も変化がありません。

通常タイプがセブンモデル。実はこっちのほうが安い。

なお、通常タイプがセブンモデルというモノで、重さの調整が出来る一般的モデルとなっています。

購入当時は価格がスリーモデルと比較すると3000円くらい高かったので、自分はスリーモデルを購入したのですが・・・・2018年現在では何とコチラのほうが安くなっているみたい。


なので、今paoを購入されるならセブンモデルを購入したほうが断然お得ですね。

というか・・・なぜ?と言いたくなる価格の暴落です(笑)

なぜpaoを使わなくなったのか?効果がないからじゃないです。

さて、ここまでを読んでいただいて、気になった方も多いかと思うので、なぜpaoを使わなくなったのか?について紹介しておきます。

1回30秒でも面倒になる。

pao

マウスピースを取り外さしたpao


これは人それぞれなんでしょうけど、あくまでも僕の場合は「面倒になったこと」が使わなくなった最大の要因です。

口にくわえて、ユラユラ揺らす・・・だけなんですけど、実際にはマウスピースのお手入れが必要になるので、ここが面倒で・・・一回使わなくなったら、そのまま放置してしまったわけですね。

あと、これは自分がいけなかったことなんですが、1回3分間にするなど、時間を増やしてしまったことが使わなくなった要因となりました。

短時間でも良いので習慣化して使ってしまう。これがpaoを継続的に使うコツと言えると思います。

再スタートした僕の場合は、「作業前に30~90秒」「作業後に30~90秒」という決まりを使って習慣化していますが、これなら続けていけそうです。

なお、お手入れ方法については以下の公式動画が参考になります。


paoのマウスピースは交換が必要です。

paoのマウスピース
なお、マウスピースは消耗品で、1回30秒(1日2回)を続けていくと3ヶ月くらいが交換のタイミング。

756円税込、送料210円が公式サイトの価格になっておりますが、アマゾン等を利用すれば安価に手に入れることが出来るかと思います。

ただし・・・、中古品などを送られた場合には衛生的にもよくありませんので、アマゾン本体での販売でない場合には注意してください。

paoの使い方と期待できる効果とは?

paoを使うことによって、どのような効果が期待できるのか?についても紹介しておきます。

途中で顔が痩せることによって若々しく見えるとお伝えしましたが、たるんだ顔が引き締めていく効果を期待できます。

具体的には「ほうれい線」「口角のさがり」「フェイスラインのくずれ」等を感じている方にとって、表情筋を鍛えて「たるみのない顔」を目指すことはプラスでしょう。

幸い自分は「ほうれい線」や「口角のさがり」は無いんですけど、若い頃に比べて「フェイスライン」が崩れているのは感じていたので、表情筋をしっかりと鍛えていって、たるみやシワ・ほうれい線についても整えていきたいと思います。

表情筋とは?

ところで・・・なんども説明してる表情筋の種類ってご存知ですか?
  1. 小頬骨筋:頬を釣り上げる筋肉
  2. 大頬骨筋:口元を釣り上げる筋肉
  3. 頬筋:頬を引き締める筋肉
  4. 笑筋:魅力的な笑顔をつくる筋肉
  5. 口輪筋:口周りの中心にある筋肉
といった5つの筋肉が口・頬周りにはあり、こちらを鍛えることによって「たるみのない顔」を目指すことが出来るのです。

筋肉を鍛えることによって、ターゲット部位の代謝をあげたり、リフトアップ効果による美観的な面などにおいて、補完的効果を発揮すると言われていますので、鍛えておいて損はありません。

使い方を間違えると効果なし



paoに関しては、しっかりと使い方をマスターしてから取り組まれることをオススメします。

どんな健康器具や美容器具であっても「正しい使い方」をしないと期待できる効果を発揮できない可能性が高いので、まずは公式動画をチェックして正しく使えるようにしましょう。

最初は無理をせずに、徐々に時間を増やしていかれると習慣化しやすいので、ぜひ試してみてください。

ガジェットブロガー的まとめ

pao(パオ)
一度、自分自身が挫折してしまったので、紹介することを辞めていたpaoでしたが、ここに来てブレイク中。

毎日使うことによって「頬周辺の筋肉が、つっぱっている」ような感じを得られるようになってきましたし、周りからも「あれ?痩せた?」なんて言われるようになりました。

もちろん現在、他のダイエット器具を使っていたり、食事制限を多少している事も要因ですが、顔が痩せない状態を打破している一つの役割を、paoが担ってくれていると感じています。

顔が痩せない・・・とお悩みの方は、表情筋を鍛えるpaoを一度使ってみてください。

公式サイトよりも、amazonで購入するほうが安い+今なら通常のセブンモデルが安いみたいなので、まずはアマゾンをチェックしてみてくださいね。


 

<SPONSORED LINK>


フェイシャルフィットネス PAO(パオ)のスリーモデル
MONO SELECTION
僕が「お気に入り」として使っている、もしくは使ったことがある「モノやサービス」を「MONOセレクト2018」として厳選して紹介中です!

ABOUTこの記事をかいた人

WAKO

ブログを活用した集客を得意としているクリエイターです。名古屋とスタバとサッカーとイラストを愛してます。ガジェット系の記事を中心に、見てくれた人が「欲しい」と思うもの、役に立つものを記事にしてアップ中。日本ダイエット健康協会認定のダイエット検定1級の資格を持っていますので、痩せる系の記事も必見ですよ。