高コスパ過ぎる!XP-Pen「AC19 Shortcut Remote」を使ってみた口コミ!

XP-Pen「AC19 Shortcut Remote」
<SPONSORED LINK>


ペンタブレットのアシスタントとして、優秀な左手デバイスを探している。

XP-Pen「AC19 Shortcut Remote」

そんなアナタにXP-Penが販売する「AC19 Shortcut Remote」を紹介します。

USBレシーバーをパソコンに差し込んだら、ワイヤレスで直ぐに使用を開始!

あとは、良く使うショートカットキーをカスタマイズしたら・・・もう準備完了です。

XP-Pen「AC19 Shortcut Remote」

こちらの記事では、そんなXP-Pen「AC19 Shortcut Remote」のサンプルを提供して頂きまして、実際に数週間試してみた感想をまとめました。

最初に使用感を一言でまとめるなら、非常にコスパが高く、機能面でも優秀な左手デバイスという感じ。

必要最低限のカスタマイズボタンが揃っているため、不自由さを感じませんし、わずか70g&コンパクトなXP-Pen「AC19 Shortcut Remote」は、持ち運びにも最適。

初めての左手デバイスとして、とてもオススメのガジェットだと思います。

提供:XP-Pen

XP-Pen「AC19 Shortcut Remote」開封の儀|内容物と仕様の確認

それでは、XP-Pen「AC19 Shortcut Remote」が届いたところから紹介していきます。

XP-Pen「AC19 Shortcut Remote」

こちらがXP-Pen「AC19 Shortcut Remote」のパッケージです。

XP-Pen「AC19 Shortcut Remote」

側面には「Shortcut Remote」の文字が入っていました。

XP-Pen「AC19 Shortcut Remote」

開封。

XP-Pen「AC19 Shortcut Remote」

可愛いキャラクターがサポート体制を紹介しています。

XP-Penのサポートは丁寧で、返信が早いところも安心材料と言えそうです。

XP-Pen「AC19 Shortcut Remote」

中に入っていたものを並べて撮影。

ラベル名
  • XP-Pen「AC19 Shortcut Remote」本体
  • マニュアル
XP-Pen「AC19 Shortcut Remote」

マニュアルを確認してみると、日本語で書かれていました。

対応OSはWindows&Mac。

正常に動作させるために、XP-PENの専用ドライバーをインストール必要があります。

XP-Pen「AC19 Shortcut Remote」

こちらがXP-Pen「AC19 Shortcut Remote」本体。

サイズは幅70mm×奥行129mm×高さ(最大)15mm、スマホくらいのサイズだと思ってもらうと良いかと思います。

wako
iPhone8と似た感じの大きさです

なお、本体の重さは約68gで超軽量です。

XP-Pen「AC19 Shortcut Remote」

側面から撮影。

厚みもケース付きのiPhoneくらいだと思ってもらうと良いでしょう。

XP-Pen「AC19 Shortcut Remote」

機能面としては、上部にはホイールが1つ、ホイール中心部にもボタンが一つ。

下部には9つのボタンが配置されており、この全てをカスタマイズできるガジェットになっています。

XP-Pen「AC19 Shortcut Remote」

底面。

ラバー製の滑り止めがついており、液タブの上に乗せても落ちてきません。

XP-Pen「AC19 Shortcut Remote」

XP-Pen「AC19 Shortcut Remote」は、単4電池1個で動きます。※別売り

XP-Pen「AC19 Shortcut Remote」

ワイヤレス用のUSBレシーバーは底面にセットされていました。

こちらをパソコンにセットすることで、接続が完了します。

XP-Pen「AC19 Shortcut Remote」を使ってみた!

XP-Pen「AC19 Shortcut Remote」

では、XP-Pen「AC19 Shortcut Remote」を使っていきます。

まずは、専用のソフトウェア&ドライバーをダウンロードします。

XP-Pen「AC19 Shortcut Remote」

専用ソフトウェアを立ち上げてみると、こんな感じ。

私はCLIP STUDIO PAINTで使用したいと思っていましたので、まずは画面上部のアプリケーションからCLIP STUDIO PAINT PROを選択。

XP-Pen「AC19 Shortcut Remote」

その後、各ボタンにショートカットキーを設定していきます。

ボタン設定は9+1(ホイール中央)で、合計10個。

これだけのショートカットボタンを用意できれば、かなりの効率化がはかれると思います。

XP-Pen「AC19 Shortcut Remote」

続いて、ホイール設定。

ホイールは4つの設定が出来るのですが、ホイール中央にあるボタン(K10)を押すことによって、機能を切り替えることが出来ます。

実際にCLIP STUDIO PAINT PROで試してみる!

では、CLIP STUDIO PAINT PROで試してみます。

XP-Pen「AC19 Shortcut Remote」

左手デバイスに関して、いくつかレビューしてきているのでわかることかもしれませんが、XP-Pen「AC19 Shortcut Remote」は非常に軽量でコンパクト。

まず、置き場所に困りません。

AC19 Shortcut Remote

滑り止めが優秀なので、液タブのように斜めになっている場所に置いた状態でも使えます。

XP-Pen「AC19 Shortcut Remote」

CLIP STUDIO PAINTで使ってみた感想としては、とにかく便利。

自分自身で良く使う機能をまとめている状態ですので、効率は間違いなくあがります。

「ペンの切り替え」「やり直し」「上書き保存」・・・といったように、良く使う機能を登録しておくことで、イラスト制作に集中できる感じです。

XP-Pen「AC19 Shortcut Remote」

ボタン自体に表示がないので、「何が設定してあるのか?」がわからないという問題があるのかな・・・と思いましたが、画面下部に「何の機能が押されたのか?」が表示されるようになっているので、問題なし。

ホイールを押した際の機能切り替えも、画像のように表示されますから使い勝手が良いのです。

ボタンの数についても必要最低限は用意できる印象なので、足りない!と思われることも最初のうちはないと思います!

CLIP STUDIO PAINTを使い慣れてくると、もっとボタンが欲しくなる可能性はありますが・・・この辺りは「予算」と相談しましょう。

まとめ

XP-Pen「AC19 Shortcut Remote」

XP-Pen「AC19 Shortcut Remote」は、非常にコスパの優れた使いやすい左手デバイスでした。

この価格で、この機能。

買いだと思います!

AC19 Shortcut Remote

なお、XP-Pen「AC19 Shortcut Remote」はCLIP STUDIO PAINT以外にも「日常使用も出来るガジェット」なので、汎用性も抜群です。

私はブログを更新する際に「良く使うショートカットキー」を登録しておいて活用させてもらっていましたが、かなり便利に使えていました。

そんな、イラストはもちろん日常使用も可能な左手デバイス、XP-Pen「AC19 Shortcut Remote」が気になった方は、XP-Pen公式ページをお確かめください。

XP-Pen「AC19 Shortcut Remote」

提供:XP-Pen

 

 

 

 

 

 

<SPONSORED LINK>


XP-Pen「AC19 Shortcut Remote」
MONO SELECTION
私が「お気に入り」として使っている、もしくは使ったことがある「モノやサービス」を「MONOセレクト」として厳選して紹介中です!
まずはこちらの記事をご覧になってみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

ブログを活用した集客を得意としているクリエイターです。名古屋とスタバとサッカーとイラストを愛してます。ガジェット系の記事を中心に、見てくれた人が「欲しい」と思うもの、役に立つものを記事にしてアップ中。日本ダイエット健康協会認定のダイエット検定1級の資格を持っていますので、痩せる系の記事も必見ですよ。