転職のタイムリミットは30代前半か?採用面接で感じた苦痛や可能性。

転職のタイムリミットは35歳なん?
<SPONSORED LINK>


僕がサラリーマンを辞めたのは、かれこれ数年前になります。

とくにやりがいもないし、将来的に不安な業界および職種にて勤めていたので、早めに転職しておかなくては・・・と考えていた僕は、サラリーマン時代から複数の転職サイトに登録し、積極的に条件の合う会社さんには面接に行っていました。

この記事では、そんな転職活動をしていた時に感じた苦痛とか、将来の可能性に関してまとめてみたいと思います。

これから転職を考えている方、特に30代の男性には参考になると思いますので、ぜひどうぞ。

転職のタイムリミットは35歳なん?

転職のリミットは35歳?

「wakoくん転職するの?だったらあと数年以内にしないと市場価値がなくなるよ」

「転職しようと思うんだけど、良い会社ない?」と聞いてみたところ、知人の社長さんの口から出てきた言葉なんですが、当時僕は30歳前後だったので結構ドキッとする言葉となりました。

「転職のリミットまで、あと数年か・・・」と自分の転職のタイムリミット感じた瞬間でもあったわけですが、この時に「いつまでに」という明確な期限が切られたのは、今となっては本当にありがたいと思っています。

 

以下の記事を見ると転職の限界について、もうすこし深堀りできます。

転職の限界は何歳まで? 転職限界年齢のウソ・ホント | 20代の”はたらき”データベース『キャリアコンパス』- powered by DODA –

 

採用・人事担当をしていたからわかる事

これは、僕自身が中小企業の採用・人事担当をしていたからわかることかもしれませんが、僕にはこれといって「高いスキル」のようなものも「優れた学歴も職歴」もありません。

いわゆる市場価値というもので見たときには、「底辺」なわけで、当時勤めていた会社の給料でも十分だろうと客観的に見れば、判断できるくらいでした。

 

実際、転職アドバイザー的な人と話をしても、「最初に勤めていた会社はパフォーマンスになりますが、後の会社は・・・」みたいな話になりましたので、僕は勤続年数が長いぞ!というだけの、学校の皆勤賞的なパフォーマンスしかないような状態でございました(悲)

と・・・そんな人間を「これからに期待して雇う」としたら、何歳が限界かなぁ・・と考えると、せいぜい35歳くらいなのかな?と僕自身も納得出来たので、急いで転職活動に励むことにしました。

自分の市場価値を確かめる方法については、以下の記事が参考になります。実際僕は、数社登録をして色々とチェックしていったところ、個人で活動していたことや、スキルがマッチングする業界が結構あったので、思っていたよりも狙える年収は高くなりました。

必読!自分の市場価値を確かめる方法 [転職のノウハウ] All About

 

 

 

 

面接で聞かれる事

僕が面接を受けた会社に関して言うと、「これまで何をしてきたか?」「どんな仕事をしてきたか?」については、さほど興味がないように感じました。

職務経歴書を送ってあったので「ふーん」程度に見てくれていたのかもしれませんが、現在勤めている会社についての質問はほとんどありません(大手ならまだしも、中小企業に興味がないんでしょう)

一応「何で辞めたいの?」みたいな質問は必ず聞かれましたが、それ以外は何も・・・って感じです(笑)

要するに、何をしていたか?よりも、「これから何をしてくれるか?」「やる気があるか?」みたいなところを見ていたんだと思います。

 

職務経歴書の書き方については、以下のサイトが参考になります。

職務経歴書の書き方マニュアル完全版

 

 

 

 

30代の転職活動の苦痛とか可能性

正直な話、僕は転職活動をしていて、苦痛しか感じませんでした。

圧迫面接的なものを受けたりしたこともありましたし、聞きたくもない自慢話を延々聞かされちゃったりとかね(笑)

 

あとは「明日から来れる?」みたいな誰でもいいんだろーなーと思うような会社も結構ありましたけど、

仕事が終わってからの時間を使って面接に行くことになるので、肉体的にも精神的にも転職活動は疲れちゃいます。

 

途中、「転職は大変だ」なんて思い始めて、「今の会社のままでもいーかなー」なんてちまよった考えが浮かんだりもしましたけど、

そこは転職アドバイザーの方に救っていただけました。

そう・・・これは30代のみならずですが、今の時代に転職を考えるならインターネットサービスを活用して転職活動を進めて言ったほうがいいのです。

もちろん、アドバイザーがついてくれるサービスを選びましょう。

転職のリクルートエージェント「つぎの私は、プロとはじめる。」-転職支援サービスサイト

 

 

 

転職前に確認しておきたい口コミサイト

ちなみにですが、これから転職をお考えの方にオススメのサイトとしては、以下の転職会議というものがあります。

登録をしてポイントを貯めないと口コミが読めない・・・という、若干違和感のある仕組みのサイトですが、リアリティのある会社の口コミを見れます。

以前僕が勤めていた会社の口コミなんかもありましたが、見ていると笑えます。

転職する前に会社の中身をチラッと見ることが出来るサイトなので、ぜひぜひ活用してもらいたい。

【転職会議】企業の評判から求人までわかる転職クチコミサイト

 

 

 

まとめ

転職をするのは僕は何歳でも良いと思ってます。考え方としては何歳?というよりも、思い立ったら早いほうが良いと思います。早く転職しないと心が病んでしまう可能性があるからです。

 

35歳を超えたとしても、下手したら50歳を超えたとしても「やりたいこと」がほかに見つかったのなら、全力で転職を頑張ってみれば良いと思います。

新入社員は3年間勤めないとヤバイ!なんていわれますけど・・・正直あんまり関係ないんじゃない?って思います。

 

心に無理をして自分に合わない会社で働いても面白くないですし、どーせ一生懸命やるなら、楽しい仕事をしたほーがいいと思うので、世間体とかそういったものは無視して、新しい道に進めばいいんじゃないっすか?と。

 

まーちょっと無責任な発言ですけど、僕がマジで心を許している友人に相談されても同じ事を言うと思うので、僕はこう考えているんだと思います。

もちろん、その道を選んだとしたら、あとは全て自分の責任。

前の会社が腐っていたから!とか、そういった言い訳は一切忘れて、新しい道に突き進んじゃってください。

 

転職も楽しまないと・・・損ですからね。

 

 

ほいじゃーまた!

 

 

 

 

 

 

<SPONSORED LINK>


転職のタイムリミットは35歳なん?
MONO SELECTION
僕が「お気に入り」として使っている、もしくは使ったことがある「モノやサービス」を「MONOセレクト2019」として厳選して紹介中です! まずはこちらの記事をご覧になってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

WAKO

ブログを活用した集客を得意としているクリエイターです。名古屋とスタバとサッカーとイラストを愛してます。ガジェット系の記事を中心に、見てくれた人が「欲しい」と思うもの、役に立つものを記事にしてアップ中。日本ダイエット健康協会認定のダイエット検定1級の資格を持っていますので、痩せる系の記事も必見ですよ。