【ハイレゾ対応のヘッドホン】Anker「Soundcore Space Q45」を体験レビュー!

Soundcore Space Q45
<SPONSORED LINK>


周囲の雑音を軽減できる「ノイズキャンセリング機能」を搭載した、ハイレゾ対応のヘッドホンを探している。

Soundcore Space Q45

そんなアナタにAnkerが販売する「Soundcore Space Q45」を紹介したい。

Ankerの独自技術「ウルトラノイズキャンセリング2.0」によって周囲の雑音を打ち消してくれるのはもちろん、ボーカルの息遣いまでも感じとれてしまうハイレゾに対応。

それでいて販売価格が抑えられており、性能とコスパのバランスが非常に優れたヘッドホンとなっている。

Soundcore Space Q45

そんな「Soundcore Space Q45」のサンプルを提供していただいたのでレビューをご紹介。

高額なヘッドホンと比較しても見劣りしない音質・ノイズキャンセリングの性能でありながらも、この販売価格・・・。

やはりAnkerさんは、別次元の進化を遂げているようです。

提供:アンカー・ジャパン株式会社

Anker「Soundcore Space Q45」開封の儀と仕様の確認

それでは、「Soundcore Space Q45」が届いたところから紹介していきます。

Soundcore Space Q45

こちらが「Soundcore Space Q45」のパッケージ。

Ankerらしい「美しいデザイン」になっていますので、ギフトにしても喜ばれそう。

Soundcore Space Q45

パッケージにもハイレゾ対応のマークが入っています。

ちなみにハイレゾとは「ハイレゾリューション」の略で、周波数が96kHz&量子化数が24bit以上の高解像度の音源のこと。

簡単に表現するなら「CDよりも音の情報量が多く」なるもので、ボーカルの息遣いまで楽しめてしまうのですが、当然のことながらハイレゾ音源およびハイレゾ音源を楽しめる再生プレーヤーも必要となります。

Soundcore Space Q45

開封してみると、Soundcore Space Q45を入れておける専用のケースが登場しました。

Soundcore Space Q45
Soundcore Space Q45

中に入っていたものを並べて撮影。

パッケージ内容
  • Soundcore Space Q45
  • Soundcore Space Q45専用ケース
  • USB-C & USB-Aケーブル
  • 3.5mm AUXケーブル
  • クイックスタートガイド
  • 安全マニュアル
  • 最大24ヶ月保証
Soundcore Space Q45

USB-C & USB-Aケーブルと3.5mm AUXケーブル。

Soundcore Space Q45

そして、Soundcore Space Q45本体。※製品型番A3040011 (ブラック)

Soundcore Space Q45

外側には、AnkerのオーディオブランドとなるSoundcore (サウンドコア)のロゴマークがビシッと入っています。

光が当たるとキラリと光るのが・・・かっこいい。

Soundcore Space Q45

こちらがSoundcore Space Q45の全体デザイン。

マットなコーティング素材を採用しているという事で、全体的にクオリティが高く、高級感があります。

Soundcore Space Q45

アルミニウム合金のヒンジ、低反発クッションなど、細部にまで「こだわっているヘッドホン」なので、ファッションの一部としても使えそうです。

Soundcore Space Q45

ヘッドバンドは柔らかく、頭に吸い付くような設計になっていますので、長時間の装着も問題なし。

Soundcore Space Q45

柔軟でしなるヘッドバンドは、付けていることを忘れてしまいます。

Soundcore Space Q45

もちろんですが、頭の大きさに合わせられるように、片側約3cmずつ調整することが可能。

Soundcore Space Q45

低反発クッションのイヤーパッドは、柔らかな質感と抜群のフィット感を楽しめます。

Soundcore Space Q45

左側には、USB Type-Cポート、電源ボタン、LEDランプ、ノイズキャンセリングボタンを配置。

通信方式はBluetooth 5.3となっており、接続は安定します。

再生可能時間
  • 最大65時間 (通常再生時)
  • 最大50時間 (ノイズキャンセリングモード使用時)
  • 最大45時間 (LDAC使用時)
  • 最大37時間 (LDAC使用かつノイズキャンセリングモード使用時)

2時間の再生に必要な充電時間は5分というのも、嬉しい設計ですね。

Soundcore Space Q45

右側には音量調整、再生ボタン、3.5mm AUX端子が配置されています。

ボタンの操作次第で着信に応答したり、音声アシスタントを起動させたりもできますので、この辺りは取扱説明書を読んでおきましょう。

Anker「Soundcore Space Q45」の使用感

Soundcore Space Q45

それでは、「Soundcore Space Q45」を使っていきたいと思います。

フィット感

まずはフィット感から。

Soundcore Space Q45

柔軟でしなるヘッドバンド×低反発クッションは、「長時間の使用にも向いているのか?」を検証するために朝から晩まで装着してみましたが・・・快適そのもの。

Soundcore Space Q45

低反発クッションを使用したイヤーカップは、耳を押しつぶすことなく心地よい。

Soundcore Space Q45

ちなみに、こちらの低反発クッションの厚みは約2cm。

Soundcore Space Q45

ヘッドホンをしていて耳が痛くなった経験がある方は、ぜひ試してもらいたい柔らかさになっています。

ノイズキャンセリング機能

Soundcore Space Q45

ウルトラノイズキャンセリング 2.0は、周囲の雑音を確かに除去してくれます。

自宅での作業が多い私のような人からすると、周囲の音を「かき消してくれる」ノイズキャンセリングは必要不可欠。

かれこれ何年もノイズキャンセリングイヤホン、ヘッドホンを色々と使ってきましたけど、その中でも「Soundcore Space Q45」はトップクラスの効果を感じます。

Soundcore Space Q45

ノイズキャンセリングが強めに働きすぎたのか、自宅に荷物が届いたことにも気が付かなかったくらいなので・・・使用する場所とタイミングには注意も必要です。

もちろん、外音取り込みモードに切り替えれば「周囲の音」もちゃんと聞こえるようにはなるので、移動中にも活躍してくれるヘッドホンだと思います。

専用ケースが便利

Soundcore Space Q45

持ち運びに関しては、専用ケースが役に立ちます。

Soundcore Space Q45

表面が若干傷つきやすいので、カバンの中に入れておくのは正直言って怖いですが・・・ヘッドホンはしっかりと守ってくれるので安心です。

Soundcore Space Q45

細かいところですが、ストラップが付いていますので、すっとカバンから取り出せるのも嬉しいところ。

Soundcore Space Q45

出張する際には必ず「ヘッドホン」をしている私からすると、こういった携帯性に優れた専用ケースが付いているのは有難いの一言。

やっぱり「袋タイプ」ではヘッドホンを守ってくれないので、移動中にも使用される方は、専用のケースが付いたヘッドホンを選びましょう。

音質×Soundcoreアプリ

Soundcore Space Q45

音質に関しては、満足の一言。

低音から高音までをバランスよく奏でてくれるのはもちろんのこと、遅延もありません。

二層振動板ドライバーにより、繊細な音を楽しめるという事だったのですが、納得の音質です。

Soundcore Space Q45
Soundcore Space Q45

ちょっと低音をきかせたいな・・・と思ったら、Soundcoreアプリを使用して「自分好み」に調整することも出来ます。

プリセットから選ぶのもよいですし、カスタムするのもオススメ。

私だったら低音がドスドスと響くような音が好きなので、低音を調整してみると・・・求める音にたどり着けました。

カスタマイズ性が高いのは有難いですね。

Soundcore Space Q45

もちろん、高音質コーデックLDAC対応によりワイヤレス接続でもハイレゾ音源の再生が可能となっているヘッドホンになりますので、音にとことん「こだわりたい」方にもピッタリ。

ハイレゾ音源を試しに聴いてみたりしましたが・・・臨場感がありすぎて、ゾクゾクとしましたw

※ノイズキャンセリング機能を設定することにより多少音質が変わったりもしますが、納得できる性能だと思います。

通話

Soundcore Space Q45

電話がかかってきた際には、内蔵のマイクによってハンズフリーによる会話が可能です。

Soundcore Space Q45

私は通話に使用することは「ほとんど」ありませんが、試しにオンライン会議で使用してみたところ・・・全く問題なく使うことが出来ました。

AIノイズリダクション機能を搭載したマイクが周囲の雑音を除去し、通話相手に自分の音声を「大きくクリアに伝えてくれる」という事なので、在宅勤務の方にもオススメだと思います。

まとめ

Soundcore Space Q45

周囲の雑音を軽減できる「ノイズキャンセリング機能」を搭載した、ハイレゾ対応のヘッドホンを探しているのであれば、「Soundcore Space Q45」は大変オススメのヘッドホンだと感じました。

Soundcore Space Q45

高価格帯のヘッドホンと、性能面で見たときに大きな差がなくなってきましたね・・・。

この性能で、この価格。

コスパの高い、クオリティの高いヘッドホンを探しているのであれば、Anker「Soundcore Space Q45」は間違いないと思います!

提供:アンカー・ジャパン株式会社

 

<SPONSORED LINK>


Soundcore Space Q45
MONO SELECTION
私が「お気に入り」として使っている、もしくは使ったことがある「モノやサービス」を「MONOセレクト」として厳選して紹介中です!
まずはこちらの記事をご覧になってみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

ブログを活用した集客を得意としているクリエイターです。名古屋とスタバとサッカーとイラストを愛してます。ガジェット系の記事を中心に、見てくれた人が「欲しい」と思うもの、役に立つものを記事にしてアップ中。日本ダイエット健康協会認定のダイエット検定1級の資格を持っていますので、痩せる系の記事も必見ですよ。