絵が下手な人は模写から練習!GAOMONトレース台「GB4」をレビュー!

光るトレース台
<SPONSORED LINK>


絵が下手なのを直したいので模写から練習したいけど、トレース台って実際どうなの?便利なの?
購入しようにもサイズや光量がよくわからないし、悩む。

そんな疑問に答えていきます。

僕自身、絵が下手で悩んでいて…とりあえず練習用にと、数年前にトレース台を購入したことがありました。

その時に購入したのはA4サイズで、光量調整は3段階のもの。サイズが小さかったこともあるし、何となく目が痛くなった感じがしたので直ぐに使わなくなった経験があります。

GAOMON B4サイズトレース台

そんな僕が今回紹介するのは、GAOMONさんのトレース台「GB4」。有り難いことにモニターさせてもらったので、その使用感をお伝えしていきたいと思います。

模写を練習したくて光るトレース台を探している方に、ぜひチェックしてもらいたいガジェットになっていましたよ。

GAOMON B4サイズトレース台「GB4」

GAOMON トレース台GB4レビュー

GAOMON トレース台GB4レビュー

早速レビューしていきます。見た目はガラス板のように見えますが、実際にはガラス板よりも強いアクリルを採用したトレース台です。

強い強度を持っているので、多少押し込んでペンを使用しても壊れる心配がありません。

それでいて、鉛筆やペンを使ってトレース台を使ってイラストを描いていても、硬い板の上で描いているような感じもしないのでイラスト作成も捗ります。

GAOMON トレース台GB4レビュー

光量に関しては数段階といったような形ではなく、ボタンを押し続けていると調光できる仕様になっている。

自分の好みの光量で止めるよう形なので、トレースにはピッタリ。以前使用していたトレース台が3段階の光量調整だったので、大幅にパワーアップしたように僕は感じました。

トレース台の光量は、部屋の明るさによって調整すべきものなのだが、調光レベルが段階式に決まっていると「ちょうど良い」ところで止めるのは難しいんですよね。

なお、環境にやさしいLEDライト、調光機能のダブル効果で、目にも随分と優しい印象です。

光束:113ルーメン、明るさ:651cd/m2

GAOMON トレース台GB4レビュー

給電方法は、マイクロUSBケーブルで行います。モバイルバッテリーを使用すれば場所を選ばずに使うことができるようになっているのも嬉しいところ。

サイズはB4サイズで厚さは5mm。重さは0.74kgと超軽量。

カバンに入れて持ち歩くことも出来るのが、僕にとっては非常に大きなメリットに感じました。

GAOMON トレース台GB4レビュー

裏面には角度調整をするためのアシはついていませんので、基本的には平面での使用となります。

もし角度をつけて使いたい場合には、別売のスタンドを用意するしかありませんが、特に使用上の問題はないでしょう。

漫画の模写にトレース台を使ってみた

GAOMON トレース台GB4レビュー

では、GAOMONのトレース台GB4を漫画のトレースに使ってみたいと思います。

実際に試してみて感じたのは、長い時間使っても疲れにくいということ。調光機能がついているので、目にちょうどよい光量でトレースが出来ていたのでしょう。

GAOMON トレース台GB4

試しにトレースをしてみるのは、尊敬する鳥山明先生のドクタースランプ完全版の表紙です。

こちらはトレース台に乗せただけの写真となります。

GAOMON トレース台GB4

その上に、普通のコピー用紙をのせてみました。

この状態でもトレースは可能ですが、結構大変です。

GAOMON トレース台GB4

そこで使う機能が調光機能。一番低い光量であっても、

こんな感じで線が見えるようになりました。

GAOMON トレース台GB4

そしてこちらが、一番高い光量の写真です。はっきりとイラストが見えるようになりました。

これなら迷わずにペンを走らせることが出来ますよね。

wako
両面印刷されたイラストを模写する場合には、片面をコピーした後に、トレース台を使われると良いかと思います。

さて、そんなトレース台を使って実際にペンを走らせてみましたが、やはり描き心地がいい。

以前使っていた物よりも表面のアクリル板の質感があっているんでしょうね。

これなら絵が下手で悩んでいる人であってもトレースからしっかりと練習することが出来そうです。

GAOMON B4サイズトレース台

あと、使っていて気が付いたことですが、角がまるくなっているのも嬉しいですね。

以前使っていたものは角がとがっていて、収納時にカバンをひっかけたり、手を傷つけたりするなど、ちょっとしたトラブルがあったのです。

GAOMON B4サイズトレース台

あとはB4サイズというのも絶妙でイイ。

少し大きめのカバンを使っていればスッポリといれて持ち歩くことが出来るし、トレースしたい物を的確に枠の中に収めることが可能です。※透写範囲:14.13 x 10.19インチ

また、細かいところですが、最後に使用した際の明るさを記憶しているので、続きの作業もスムーズに進められます。

トレース台としての機能を一通り網羅し、価格も抑えられている。そんな印象を受けたガジェットになっていました。

パッケージ内容

GAOMON B4サイズトレース台

こちらはGAOMON B4サイズトレース台「GB4」に一緒に入っていたものを並べて撮影したものです。

LEDライトボックス、クイック入門ガイド、マイクロUSBケーブルがセットになっていました。納品イメージの参考にどうぞ。

トレース台は写真撮影にも便利

GAOMON トレース台GB4レビュー

なお、これは写真が趣味な方でないと興味がないかもしれませんが、光るトレース台は写真撮影にも便利です。

GAOMON トレース台GB4レビュー

撮影するモノの種類にもよりますが、下からのライトアップは商品の魅力を引き出す一つのキッカケにもなります。

GAOMON トレース台GB4レビュー

僕はブツ撮りを依頼されることがあるんですが、そんな時にはライティングにこだわるという意味で、こんな風にして光るトレース台(LEDライトパッド)を使用することがあるのですが、意外と喜ばれるんですよね。

回転台とトレース台

トレース台の一つの使い方として、こんな事も出来ると思えば、楽しみ方も増えるのではないでしょうか?

GAOMON B4サイズトレース台

もちろん、既にお伝えしていた通りですが、GAOMON B4サイズ「GB4」はトレース台としての機能はバッチリです。

ぜひ検討してみてくださいね。

GAOMON B4サイズトレース台「GB4」

<SPONSORED LINK>


光るトレース台
MONO SELECTION
僕が「お気に入り」として使っている、もしくは使ったことがある「モノやサービス」を「MONOセレクト2019」として厳選して紹介中です! まずはこちらの記事をご覧になってみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

WAKO

ブログを活用した集客を得意としているクリエイターです。名古屋とスタバとサッカーとイラストを愛してます。ガジェット系の記事を中心に、見てくれた人が「欲しい」と思うもの、役に立つものを記事にしてアップ中。日本ダイエット健康協会認定のダイエット検定1級の資格を持っていますので、痩せる系の記事も必見ですよ。