【レビュー】自動ドリップコーヒーメーカー「oceanrich PRO」を試してみた!

oceanrich PRO のレビュー
<SPONSORED LINK>


業務用の自動ドリップコーヒーメーカーに興味がある方に、ぜひ見てもらいたいものがあります。

それは、「oceanrich PRO」業務用自動ドリップコーヒーメーカーです。

oceanrich PRO

2つのダイヤルでドリップ湯量と速度調整が出来る優れものになっており、バラつきのない、まるでハンドドリップで注いでくれたような味わいのコーヒーを、半自動的に作ってくれるマシンになっています。

そんな「oceanrich PRO」のサンプルを提供していただいたので、レビューを紹介させていただきますが・・・これはまさに究極です。

業務用となっていますので、お店で使う事はもちろんのこと、自宅用としても素晴らしいガジェットになっていました。

提供:株式会社ユニーク

oceanrich PRO 開封の儀

まずは「oceanrich PRO」を開封するところから紹介していきます。

oceanrich PRO 業務用自動ドリップコーヒーメーカー

こちらがoceanrich PROのパッケージ。

業務用という事もありまして、美しいパッケージです。

oceanrich PRO 業務用自動ドリップコーヒーメーカー

フタを開けてみると、非常にしっかりとした緩衝材にoceanrich PROが包まれていました。

oceanrich PRO 業務用自動ドリップコーヒーメーカー

上部に入っていたのは、組み立て用のパーツです。

oceanrich PRO 業務用自動ドリップコーヒーメーカー

取扱説明書も一緒に入っていました。

付属品・内容物などはコチラの説明書を読むとわかりますので、届きましたら一読しておきましょう。

oceanrich PRO 業務用自動ドリップコーヒーメーカー

こちらが中に入っていた「oceanrich PRO」業務用自動ドリップコーヒーメーカーです。

本体の他、給油タンクなどの各パーツは故障しないように、ガチッと固められています。

ACアダプタ

ACアダプタはこちら。

「oceanrich PRO」は電源を必要とするマシンになっています。

給油タンク

こちらは給湯タンク。

温度計

上部には温度計がついており、最適な温度の「お湯」をドリップするようにできるようになっています。

ポット

こちらは小さめのポット。

コーヒー2杯分を入れることが可能です。

ドリッパー

そして、円すい形・陶器のドリッパー。

oceanrich PRO 業務用自動ドリップコーヒーメーカー

こちらが「oceanrich PRO」業務用自動ドリップコーヒーメーカーの本体です。

oceanrich PRO 業務用自動ドリップコーヒーメーカー

この上部に給油タンクを設置して湯量の調整などを行います。

oceanrich PRO 業務用自動ドリップコーヒーメーカー

サイズは本体のみで高さは344mm、横213mm。

奥行きは180mmとなっています。

oceanrich PRO 業務用自動ドリップコーヒーメーカー

サイドパネルはゴールドの反射する素材。

このあたりは、流石業務用!

インテリア力をアップする、アンティーク調に作られたデザインです。

oceanrich PRO 業務用自動ドリップコーヒーメーカー

こちらが湯量を調整してくれる部分。

4段階の給湯量調整ノブと、無段階回転スピード調整ノブが付いています。

oceanrich PRO 業務用自動ドリップコーヒーメーカー

そして、上部に給湯タンクを設置した様子がコチラ。

oceanrich PRO 業務用自動ドリップコーヒーメーカー

無段階回転スピード調整ノブは右側となっており、下部が回転するスピードを調整することが出来ます。

oceanrich PRO 業務用自動ドリップコーヒーメーカー

4段階の給湯量調整ノブはこちら。湯量を調性することが出来るので、使わない時にはOFFにしておきましょう。

oceanrich PRO 業務用自動ドリップコーヒーメーカー

こちらがドリッパーを設置した様子。

oceanrich PRO 業務用自動ドリップコーヒーメーカー

ドリッパーの高さに合わせられるように、サイドの溝は3段階の高さ調整スロットが用意されています。

oceanrich PROを使ってみた!

では、oceanrich PROを使ってみます。

ドリッパーにセット

まずはドリッパーにフィルターをセットします。

説明書には紙フィルターとあったのですが、我が家は普段から麻のフィルターを使っているのでコチラをセットしました。

コーヒー豆

コーヒー豆は焙煎屋から直送してもらっている+真空状態で保管している豆なので、鮮度も中々良いものだと思います。

中挽き

粒度を合わせられる手挽きのグラインダーにて、じっくりと豆を挽きながら香りを楽しんだら…麻フィルターにいれる。

ドリッパーにセット

ドリッパーの高さ調整スロットを合わせたら、ドリッパーをセット。

ポットをセット

もちろんですが、一番下にはサーバーポジショナーとポットをセットしておきます。

oceanrich PRO 業務用自動ドリップコーヒーメーカー

続いて、給湯量調整ノブをOFFにする。

ここを右に回しておくと、どんどんお湯が落ちていってしまいますので注意してください。

給湯タンク

続いて給湯タンクにお湯を注いでいく。

給湯タンク

こちらがお湯を注いだ状態です。

湯量はメモリがついていますので、どれくらい入っているのかはわかります。

温度計

なお、給湯タンクには温度計がついていますので、現在のお湯の温度を知ることが出来るようになっている。

oceanrich PRO

右側の回転スピード調整ノブを開くと、青い光を放ちながら透明のターンテーブルが回転しだします。

このあたりは無段階になっているので、自分の好みの回転スピードを使いながら見つける必要がありそうです。

oceanrich PRO

続いて給湯量を調整していきます。

4段階でドリップ量を調整できるので、このあたりも好みの味わいにむけて丁度良いところを探していきたいですね。

oceanrich PRO

あとは出来上がるのを待つのみ。

最初の蒸らし時間などは湯量調整で少しだけ出しておいて、ストップ。

その後に、調整ノブを解放するというやり方で「蒸らし時間」は確保することが出来ます。

oceanrich PRO

出来上がったコーヒーは完璧。

美味しい。美味しいよ。

半自動でこれだけのドリップをしてくれるんですから、まさに業務用としてもピッタリですし、自宅用として考えたら超贅沢です。

実は私はコーヒー屋を手伝っていたことがあるんですが、これだけの調整が出来るなら「oceanrich PRO」で淹れたコーヒーのほうが「おいしくなる」可能性も秘めていると思います。

人気のコーヒーショップで出されるコーヒーの「抽出量、スピード」などがわかっていれば、同じような味わいを再現させることも出来るかもしれませんので無限の可能性があるのかもしれまんせん。

まとめ

oceanrich PRO

お気に入りの豆で、自分好みの味にしたい。

苦みを強くしたい、甘みを出したい・・・など、コーヒーの味の好みは人それぞれ。

今回紹介させてもらった「oceanrich PRO」であれば、そんな好みの味に自由に近づけることが出来ると思います。

味のばらつきを生じさせない、一定の味わい。

そんなものを求める方・お店にとって、「oceanrich PRO」は強い味方になる事間違いなしです。

oceanrich PRO

提供:株式会社ユニーク
<SPONSORED LINK>


oceanrich PRO のレビュー
MONO SELECTION
僕が「お気に入り」として使っている、もしくは使ったことがある「モノやサービス」を「MONOセレクト」として厳選して紹介中です!
まずはこちらの記事をご覧になってみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

ブログを活用した集客を得意としているクリエイターです。名古屋とスタバとサッカーとイラストを愛してます。ガジェット系の記事を中心に、見てくれた人が「欲しい」と思うもの、役に立つものを記事にしてアップ中。日本ダイエット健康協会認定のダイエット検定1級の資格を持っていますので、痩せる系の記事も必見ですよ。