在宅ワークに超オススメ!プロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」をレビュー!

プロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」
<SPONSORED LINK>


在宅ワークに活用できる「モバイルモニター」を探している。

出来れば「薄型」で場所を取らないものがいいけど、画面の大きさは譲れない。

プロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」

そんなアナタに、プロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」のサンプルを提供していただきましたのでレビューをご紹介。

プロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」

目に優しいブルーライト軽減機能を搭載していることもありまして、長時間の使用も快適。

超薄型のモバイル液晶ディスプレイになっているので、ちょっとした隙間(本棚)に置いておけるなど、置き場所に困ってしまうような心配もありません。

更に、数週間試してみましたが、過去にレビューしてきたモバイルモニターの中でも「性能はピカイチ」でした。

そんなプロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」を実際に使用してみた感想を紹介していきますので、「モニターサイズ15インチ以上で、高性能なモバイルモニター」を探している方は、是非参考にしてみてください。

提供:株式会社ユニーク

プロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」開封の儀

それでは、プロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」が届いたところから。

プロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」

こちらがプロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」のパッケージです。

15.8インチと13.3インチが販売されていますが、今回は15.8インチモデルの紹介となります。

そんなに大きさは求めない・・・という方は、13.3インチをチェックしてみてください。

プロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」

パッケージに書かれている通り、究極のスリムボディなのか?

ここが個人的には最も注目したい部分ですのでチェックしていきます。

プロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」

商品特徴としては、超薄型5.2mm(最薄部)、IPSパネル170°、最軽量606gといったところ。

※IPSパネル=角度によって輝度や色の変化が少ないパネル

プロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」

製品仕様についてはパッケージ裏を見ると確認することが出来ます。

※タッチパネルではありません

プロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」

その他の特徴としては、専用スタンドカバーが付いている、上下左右170度の広い視野角、Type-Cケーブル対応となっています。

なお、モバイルバッテリーを利用して使うこともできますので、外出先でコンセントが使えなくても使用可能です。

プロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」

プロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」のパッケージを開けてみると、モニター本体が半透明の袋に入って登場しました。

緩衝材によってしっかりと固定されており、パッケージ自体も硬いものになっていますので配送中も安心です。

プロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」

半透明の袋から取り出してみました。

プロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」

こちらがプロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」本体です。

カーボンデザインを施した専用スタンドカバーがケースのようになっており、モニター画面を守ってくれています。

見た目も美しく、高級感があるのも特徴でしょうか。

プロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」

こちらは反対側。

写真では伝わりにくいかもしれませんが、上部は専用スタンドカバーで、下部はプロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」本体です。

プロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」

側面を見てみると、操作ボタンが集約しています。

モニターから音を出すことも出来るのですが、3.5mmヘッドホンジャックを使用してヘッドホンやスピーカーを使用することも可能です。

プロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」

その反対側にはminiHDMI、USB Type-C×2。

プロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」

モニターの下部には滑り止めがついています。

プロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」

そして、プロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」本体です。

本体サイズはW360.96×H223.7×D9.9mm (最薄部:5.2mm)となっており、重さは606g。

超スリムベゼルとなっていますので、上左右は5mmくらいしかありません。※画面占有率90%

カバーの重さは約365gとなっていますから、トータルで見ると約1㎏ですが、非常に軽量です。

プロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」

画面解像度は1920×1080(Full HD)で、フルHDの解像度。

モバイルモニター = 画質が悪い といったイメージを昔は持っていましたが、プロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」は全く違います。

プロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」

その他の付属品を並べて撮影してみました。

パッケージ内容
  • プロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」
  • HDMI/miniHDMIケーブル(1.5m)
  • Type-C/Type-Cケーブル(1.0m)
  • Type-C/Type-Aケーブル(1.0m)
  • スタンドカバー
  • ゴム足(予備用)
  • クリーニングクロス
  • 取扱説明書
プロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」

こちらは、モバイルモニターの下部についているゴム足の予備です。

滑り止めがないとモニターが倒れてしまいますので、予備がついているのは有難いですね。

プロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」

こちらはType-C/Type-Aケーブル(1.0m)。

プロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」

Type-C/Type-Cケーブル(1.0m)。

プロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」

HDMI/miniHDMIケーブル(1.5m)といった感じ。

プロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」

クリーニングクロスも付属していますので、モニターについてしまった汚れはしっかりと落とすことが可能です。

プロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」

スタンドに関しては、このような形で使用することが出来ます。

プロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」

他に何か必要になるわけでなく、モニターを立ち上げることが出来るのは有難いですね。

プロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」

着脱可能なマグネット式の専用スタンドカバーを取り外した状態のプロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」です。

この状態で使用する場合には、スタンドを別に用意しなくてはいけませんが、タブレットスタンドを活用して使用するのも個人的にはオススメ。

モバイルモニターはデスクの上に立てるため、目線がどうしても下に向いてしまいますが、タブレットスタンドを利用することによって「目線を水平」に保つことが出来るのです。

その他特徴
  • ディスプレイはノングレアパネルを採用
  • リフレッシュレート 60Hz
  • 内蔵スピーカー 2チャンネルステレオスピーカー

プロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」使ってみた

それでは、プロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」を使ってみた感想をまとめていきます。

ノートPCと接続

プロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」

最初に試してみたのは、ノートPCとの接続です。

接続に関しては「Type-C/Type-Cケーブル(1.0m)」一本でノートパソコンに映像を映し出すことが出来ました。

また、「HDMI/miniHDMIケーブル(1.5m)」を使用しても接続は可能だったので、かなり使いやすい印象です。

映像を映す前から「IPSパネル採用のモバイル液晶ディスプレイ」となっていますので、映像はキレイだろうと思っていたんですが、想像以上。

狭額縁「Narrow Bezel(ナローベゼル)」と画面解像度(1920×1080)フルHDの解像度で「キレイな映像」を映し出してくれるとありまして・・・通常のオフィスワークはもちろん、映像編集も可能です。

画面の明るさを上げてみても、目が痛い感じも一切なく、キレイに映る。

素晴らしいモバイルモニターであることは間違いないでしょう。

パネル素材はノングレア(表面ガラス加工なし)ということで光沢はありませんが、個人的にはコチラの方が好みです。

プロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」

さらに、まる一日使用してみたのですが、4段階調整で最大80%までブルーライトをカットできるという機能も相まって、目への疲れも少ないと感じました。

プロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」

※レベル4

プロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」

※レベル1

ただし、さすがにレベル4まで上げてしまうと画面が黄色くなってしまって「見づらい」と感じましたので、このあたりは最高でもレベル2くらいまでかな・・・というのが個人的な印象です。

サウンドに関しては、2チャンネルステレオスピーカーということで、音質も割といい。

ものすごくいい!とは言いませんが、十分な音質となっていますからYouTubeなどの動画を閲覧する、ちょっとしたゲームをプレイするくらいなら十分だと思います。

スマホと接続

プロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」

スマホと接続してみました!

今回接続してみたのは「いつまで使ってるの?」と突っ込まれてしまうことが多いiPhone8です。

プロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」

変換器を使用してHDMI接続をしているような形ですが、さくっと大画面でゲームが出来たりするのは嬉しいですね。

プロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」

そのままYouTubeを映し出してみましたが・・・こうなってくると「便利さ」は倍増。

小さな画面で見るよりも、やっぱり15インチ以上の画面で見た方が楽しいですからね。

ちなみにandroid系スマホで「Type-C/Type-Cケーブル」を使用して接続してみましたが、こちらも良好。

※給電用として、別途「Type-C/Type-Cケーブル」を使う必要はあります

家庭用ゲーム機と接続

プロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」

最後に試してみたのは家庭用ゲーム機との接続です。

こちらもバッチリ!

15.8インチもありますので、大抵のゲームに対応できるかと思います。

今回は某有名なゲームを接続して、しばらくプレイしてみましたが・・・十分すぎる大きさと音質でした。

まとめ

プロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」

テレワークや働き方の多様化により、自宅にて仕事をしなくてはならない人が増えたといいます。

そんな環境だからこそ、モバイルモニターは必要不可欠。

通常のモニターであれば常設するための設置スペースが必要ありますが、モバイルモニターなら使うときにだけ取り出して使用することが出来るからです。

プロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」

ノートパソコンをデュアルディスプレイ化(2画面拡張)するだけで、作業効率格段に上げられるのは身をもって体験していますが、15インチ以上になると・・・さすがに使いやすさも抜群!

そして、高画質・ブルーライトカットなどの基本性能の高さも評価できましたので、個人的には大変オススメしたいモバイルモニターになっていました!

プロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」、素直にイイと思います!

 

気になった方は、詳細を以下の公式サイトをお確かめください。

プロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」

提供:株式会社ユニーク
<SPONSORED LINK>


プロメテウスモニター15.8型「UQ-PM158FHDNT」
MONO SELECTION
僕が「お気に入り」として使っている、もしくは使ったことがある「モノやサービス」を「MONOセレクト」として厳選して紹介中です!
まずはこちらの記事をご覧になってみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

ブログを活用した集客を得意としているクリエイターです。名古屋とスタバとサッカーとイラストを愛してます。ガジェット系の記事を中心に、見てくれた人が「欲しい」と思うもの、役に立つものを記事にしてアップ中。日本ダイエット健康協会認定のダイエット検定1級の資格を持っていますので、痩せる系の記事も必見ですよ。