【口コミ】NY発「Hastキッチンナイフ」で料理が楽しくなるか試してみた!

Hastキッチンナイフ レビュー
<SPONSORED LINK>


料理が楽しくなるような「キッチンナイフ」を探している。

Hastキッチンナイフ

そんなアナタにNY発「Hastキッチンナイフ」のサンプルを提供していただきましたので、口コミを紹介します。

商品特徴
  • 食材がするりと切れる
  • キッチンタイムが楽しくなる
  • お手入れも簡単

上記のような特徴を持つ、ニューヨーク発の「Hastキッチンナイフ」は、実際に手に取ってみると「切れ味」が確かに凄い!

Hastキッチンナイフ

普段から使っている包丁の切れ味が決して悪いわけではないんですが、「Hastキッチンナイフ」と比較すると・・・まさに段違い。

Hastキッチンナイフ

しかも、見た目のデザインがスタイリッシュでカッコ良いのです!

そんな「Hastキッチンナイフ」を実際に使ってみた感想を、写真付きでお届けします。

提供:TSUMIKI合同会社

Hastキッチンナイフ開封の儀

では、Hastキッチンナイフが届いたところからご紹介。

今回送っていただいたものは以下の3種類ですが、実際には8種類のキッチンナイフが販売されていますので、気になる方は公式販売ページをお確かめください。

キッチンナイフの種類
  • サントク / チタンブラック
  • ユーティリティ / マットシルバー
  • ブレッド / チタンゴールド
Hastキッチンナイフ

こちらがHastキッチンナイフのパッケージです。

Hastキッチンナイフ

開封してみると、Hastキッチンナイフの「ユーティリティ / マットシルバー」が登場しました。

Hastキッチンナイフ

かなりスッキリとしたデザインのキッチンナイフで、カッコイイ。

Hastキッチンナイフ

ユーティリティは、柔らかいキッチンナイフです。

刃渡りは約13cm。

野菜やフルーツのカットに重宝するものとなっているようなので、一本持っておくと便利かも。

Hastキッチンナイフ

チタンコーティング+オールステンレスの一体型(シームレス一体構造)ということで、メンテナンスが楽。

汚れやバクテリアが潜む隙間がない、衛生的なキッチンアイテムと言えるでしょう。

Hastキッチンナイフ

手に持ってみた感想としては、めっちゃめちゃ軽い。

それもそのはず、測ってみると約92gしかありませんでした。

サントク

Hastキッチンナイフ

続いてサントクを紹介します。

Hastキッチンナイフ

サントクは、日本の家庭でもっとも一般的に使われているキッチンナイフです。

こちらはチタンブラックのコーティングモデルとなっています。※色の違いを見せたかったので、3種類別々のものにしていただきました

Hastキッチンナイフ

刃渡り約15.5cm。

先ほど紹介したユーティリティよりも多少大きなキッチンナイフになりますので、重いかな?と思ったのですが、手に持ってみると軽い軽い。

Hastキッチンナイフ

重さは実際に測ってみると163g。

自宅で使っていた包丁よりも重さはあるのですが、体感としては軽い感じがするのが不思議なところ。

Hastキッチンナイフ

持った時、手にフィットするのが軽さの秘訣かもしれません。

Hastキッチンナイフ

ハンドルの長さを長めに設計することによって、握りやすさと安定感を得られるようにしたという事ですが、納得です。

オールマイティに使用できるサントクは、一本持っておきたいキッチンナイフですね。

ブレッドナイフ

Hastキッチンナイフ

こちらは、硬めのパンでも柔らかいパンでも、潰さずに綺麗に切れるブレッドナイフ。

Hastキッチンナイフ

チタンゴールドでコーティングされていることもありまして、高級感が凄まじいです。

刃渡りは約19.5cm。

カットされていない食パンを一斤まるまる購入される方にとって、強い味方になりますね。

Hastキッチンナイフ

ブレッドナイフの特徴的なギザギザの刃。

この形状によって、力を入れることなくパンを切ることが出来るのです。

Hastキッチンナイフ

他のキッチンナイフも同様ですが、刃の部分は非常に薄いです。

香りを引き立ててくれるブレッドナイフという事ですが、カフェを手伝っていた時に使っていたキッチンナイフよりも圧倒的に使いやすそう予感がします。

Hastキッチンナイフ、使っていきます!

では、Hastキッチンナイフを使ってみたいと思います。

Hastキッチンナイフ

まずは、サントクを使用して硬い「サツマイモ」を切ってみました。

Hastキッチンナイフ

ザクッ!!!切れる・・・・!!!

力をいれなくても、ザクッと切れる!!!

サツマイモの断面を見ていただいてもわかる通り、大変キレイです。

Hastキッチンナイフ

続いて『ごぼうのささがき』に使ってみましたが、少しの力でサックサク。

新品の包丁だから切れるだけかもしれない・・・と疑ってしまうところもありましたが、数週間後に試してみても同様の切れ味でした。

Hastキッチンナイフ

Makuakeに公開されていた「Hastキッチンナイフ」の紹介ページにて、まな板に置いたトマトが「するするー」っと切れていく映像の真似をしてみたのですが、確かに切れる。

トマト自体が滑ってしまうので、少しだけ手をそえましたけど、それでもきれいに切れました。

ユーティリティを使ってみた!

ユーティリティはとにかく便利。

Hastキッチンナイフ

小さいサイズの野菜やフルーツのカットに適しているということですが、正直言って何でも切れてしまう万能キッチンナイフという印象で、実は最も重宝しています。

ホットサンドを切るにも適しているし、テーブルの上で料理をしたいときなど、活用できるシーンが多いのです。

アウトドアシーンで使いたい・・・なんて人も増えるのではないでしょうか。

Hastキッチンナイフ

トマトも「するするー」っと切ることが出来ましたし、

Hastキッチンナイフ

硬い人参もザックザクと切ることが出来ました。

果物、野菜など、使い道が無限に広がっていく包丁になるので、今後も色々と試してみたいと思います。

Hastキッチンナイフ

なお、Hastキッチンナイフは洗った後も簡単。

水滴は振れば落ちてくれるし、溝がないので直ぐにきれいになるのです。

使い勝手がよいキッチンナイフじゃないと毎日使いたくない私ですが、Hastキッチンナイフは最高クラスの使い心地となっています。

ブレッド使ってみた!

ブレッド

ギザギザの刃を使用してパンを切るなら、やっぱりフランスパン・・・ということで、こちらで切れ味を試してみます。

私はカフェの手伝いをしていた際に、パンを切っていたんで、そのときと比較・・・・。

ブレッド

結論、レベルが違いました。

力を入れなくていいし、スーッと切れていきます。

パンが潰れることもなく、スーッと切れていく感じは最高です。

ためしに・・・と、普段使っている包丁で切ってみると、やっぱりパンが潰れてしまいましたので、Hastキッチンナイフのブレッドの力なんだと思います。

まとめ

Hastキッチンナイフ

Hastキッチンナイフを実際に使い始めて数週間。

素直に、料理の時間が楽しくなりました。

この素材を切った感触はどうだ?と、いろんな料理に挑戦してしまった感じです。

Hastキッチンナイフ

キャベツを切れば芯までサクサク切れてしまうし、硬い野菜であっても簡単にスライスできてしまうのは感動もの。

引き続き使っていきながら検証を続けていきますが、Hastキッチンナイフは料理が楽しくなる包丁として、大変オススメでございました。

詳細は以下のサイトをお確かめください。

Hastキッチンナイフ

提供:TSUMIKI合同会社
<SPONSORED LINK>


Hastキッチンナイフ レビュー
MONO SELECTION
僕が「お気に入り」として使っている、もしくは使ったことがある「モノやサービス」を「MONOセレクト」として厳選して紹介中です!
まずはこちらの記事をご覧になってみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

ブログを活用した集客を得意としているクリエイターです。名古屋とスタバとサッカーとイラストを愛してます。ガジェット系の記事を中心に、見てくれた人が「欲しい」と思うもの、役に立つものを記事にしてアップ中。日本ダイエット健康協会認定のダイエット検定1級の資格を持っていますので、痩せる系の記事も必見ですよ。