【レビュー】超個性的スピーカーBluedio TS-3は音もしっかり楽しめるモデルだった

Bluedio TS-3 (Turbine Series)
<SPONSORED LINK>


個性的なスピーカーを求める方にオススメのBluetoothスピーカーを送っていただいたので紹介します。

Bluedioさんと言えば音質の良いスピーカーやヘッドホンを、低価格で提供しているメーカーさん。過去に試させていただいた商品からしても、素敵な商品をたくさん販売されています。

Bluedio TS-3 (Turbine Series)

今回送っていただいたTS3というスピーカーは最新のBluetooth4.2を採用した新型モデルとのこと。

見た目のインパクトは凄いですが、

  • 部屋には溶け込んでくれるのか?
  • 肝心な音質は大丈夫良いのか?

など、購入前に知りたい情報をレビューさせていただきます。

Bluedio TS-3 (Turbine Series) が届いた!

Bluedio TS-3 (Turbine Series)

では、まずはTS3が届いたところから紹介していきます。

箱を開封してみると、スピーカー本体、有線オーディオケーブル、充電ケーブル、取扱説明書(日本語表記)がはいっていました。

Bluedio TS-3 (Turbine Series)

まず最初に気になったのは、このスピーカー本体の外観から。真っ正面から見ても凄いインパクト。

Bluedio TS-3 (Turbine Series)

一般的なスピーカーですと、ブラックカラーにスクエアが定番となっていますが、こちらのBluedio TS-3 (Turbine Series) はDJブースのような見た目にまずは興味をそそられます。

Bluedio TS-3 (Turbine Series)

少し上から撮影したものですが、こちらのほうがDJブースのイメージがつきやすいかもしれません。

Bluedio TS-3 (Turbine Series)

部屋に置いてあると、大変目立つスピーカーになっていますから、インパクトのあるスピーカーが欲しい方にはオススメと言えそうです。

今回が送っていただいたモデルはブラックになっていましたが、実際に届いたスピーカーを見てみると、シャンパーニュゴールドも高級感があって、ありかと感じます。

かなり個性的なデザインになっているので、どうなのかな・・・と正直なところでは思っていたのですが、実際に手にとって、部屋に置いてみると思いの外、溶け込んでくれます。

付属品として、有線コードも用意されていますので、Bluetooth接続だけで音楽を楽しむだけでなく、パソコンと接続してみるのもアリだと思います。

・技術企画
・Bluetooth仕様:Bluetooth4.2
・周波数範囲:2.4GHz-2.48GHz
・対応プロファイル: A2DP、AVRCP、HSP、HFP
・キャリア周波数:20Hz-2000Hz
・伝送距離:10メートル(障害物なし)
・SDカード容量:32GBまで
・SDカード対応フォーマット:WMA.APE.FLAC.WAV.MP3
・電圧電流: 5V/2A
・入力パワー: 22W+5W(左右チャンネル+低音)

連続再生時間は6時間となっていますので、途中で切れてしまう心配もほぼなし。

充電時間は約3〜4時間と少々長めではあるものの、充電をしながら音楽を聴くことも出来ますから特に問題はありません。

音質は?クリアな音を楽しめるモデルです

Bluedio TS-3 (Turbine Series)

さて、スピーカーにとって肝心な音質の話ですが、Bluetoothでつなぎ、いつも聴いている音楽を試してみましたが、このクラスのスピーカーからすると大変優秀な音を出してくれる印象。

どちらかというと高音に強い印象となっていて、低音はそれほど響かない感じではありますが、さすがは2.1ch。バランスが取れているのでクリアで心地よい。長時間部屋で再生していても邪魔になりません。

Bluedio TS-3 (Turbine Series)

スピーカー下部には内臓の低音ドライバありまして、床に向かって音を出してくれるので、音が広がってくれるんですね。

個人的には低音がバスンバスンと響くスピーカーが好きなので、もう少し小さな音を出している時でも低音が響いてくれるといいなぁとは思いましたが、価格帯で見れば満足点。

なお、音を鳴らしている際に、上部にあるレコード盤のようなデザインボタンが、光るのもにくい演出。夜にこのスピーカーを鳴らしているとぼんやりと美しく光っているように見えます。

まとめ:一万円以下のスピーカーとしてオススメ

Bluedio TS-3 (Turbine Series)

今回試させてもらって感じたことは、一万円以下のスピーカーとして考えたら満足。

部屋中に低音を響かせたいと思われるような方には向いてないかもしれませんが、手頃な価格で、バランスの良い音を楽しみたい方には大変オススメ。

 

一万円以下で購入できるスピーカーを探している方であれば、Bluedio TS-3 は購入候補にあげても良いと思います。

是非一度チェックしてみてください。

<SPONSORED LINK>


Bluedio TS-3 (Turbine Series)
MONO SELECTION
僕が「お気に入り」として使っている、もしくは使ったことがある「モノやサービス」を「MONOセレクト2019」として厳選して紹介中です! まずはこちらの記事をご覧になってみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

WAKO

ブログを活用した集客を得意としているクリエイターです。名古屋とスタバとサッカーとイラストを愛してます。ガジェット系の記事を中心に、見てくれた人が「欲しい」と思うもの、役に立つものを記事にしてアップ中。日本ダイエット健康協会認定のダイエット検定1級の資格を持っていますので、痩せる系の記事も必見ですよ。