コスパが良いネックバンドイヤホン!EngineワイヤレスイヤホンSoundPEATSをレビュー!

EngineワイヤレスイヤホンSoundPEATS
<SPONSORED LINK>


SoundPEATS(サウンドピーツ)が販売するネックバンド型のBluetooth Engineワイヤレスイヤホンをモニターさせていただきましたので、口コミレビューを紹介します。

僕はこれまでにネックバンド型のイヤホンを使ったことがなかったのですが、実際に使ってみると、安定感もあって中々の使い心地。

以前、アメトーーク!の中で肩掛けスピーカーなるものが紹介されてバズっていましたけど、そんな雰囲気なのかもしれません。

ネックバンド型
と言うことで、「よーし、ネックバンド型のイヤホンを買ってみよう!」と思われる方に向けて、普通のイヤホンとの違いなど、購入前に知っておきたい情報をレビューとしてまとめてお伝えします。

 

 

EngineワイヤレスイヤホンSoundPEATSをレビュー

EngineワイヤレスイヤホンSoundPEATS
まずは商品が届いたところから紹介。

EngineワイヤレスイヤホンSoundPEATSのパッケージはブラックとブルーのシンプルなデザインになっています。

SoundPEATSのロゴ
SoundPEATSのロゴはこんな感じです。

EngineワイヤレスイヤホンSoundPEATS
外側のパッケージを外してみると、本体が入った収納ケースが登場しました。

EngineワイヤレスイヤホンSoundPEATS
パッケージ内容として並べてみると、こんな感じです。

EngineワイヤレスイヤホンSoundPEATS
カパッと収納ケースを開いてみると、イヤホン本体などが丁寧に収納されていました。

パッケージ内容
  • Engine Bluetoothイヤホン
  • イヤーピース×3ペア(S,M,L)
  • イヤーフック×3ペア(S,M,L)
  • USB充電ケーブル
  • 収納ケース
  • カラビナ
  • 日本語取扱説明書

EngineワイヤレスイヤホンSoundPEATS
最近では一般的になりましたが、耳のサイズに合うようにイヤーピースやフックは数種類入っています。(写真右)

EngineワイヤレスイヤホンSoundPEATS
左からL・M・Sとなっていて、最初からついていたのはMだったのですが、こちらのモデルでは僕はLサイズがちょうどよい感じだったので付け直しました。

EngineワイヤレスイヤホンSoundPEATS
EngineワイヤレスイヤホンSoundPEATS本体のデザインはこんな感じです。

ネックバンド
一般的なイヤホンのようにコードだけがあるわけではなく、ネックバンドの部分があります。

ネックバンド自体は硬い素材なのかと思っていましたが、やわらかい素材でできており良い意味で装着感はそれほどありません。

EngineワイヤレスイヤホンSoundPEATS
耳につける部分については、クールなデザイン性。

マグネットがついているので、使わないときにはひっつけておけます。

EngineワイヤレスイヤホンSoundPEATS
外側からみたイヤーピースは、デザイン性も高くなっています。

EngineワイヤレスイヤホンSoundPEATS
この価格帯のイヤホンとしては装着性が高い印象で、装着したまま一日中過ごしてみましたが外れることなく快適でした。

EngineワイヤレスイヤホンSoundPEATSネックバンド
ネックバンドの両端には、SoundPEATSのロゴが入ったパーツがついています。

このパーツのおかげで、ネックバンドがずれることなくバランスが整っている印象。

EngineワイヤレスイヤホンSoundPEATSネックバンド
左右の表示も当然入っていますので、左右の付け間違いなどもありません。

EngineワイヤレスイヤホンSoundPEATS
操作は、こちらですべて行うことになります。

このあたりは一般的なイヤホンと同じです。

マイクロUSB充電ポート
充電はマイクロUSBを利用する形となります。

充電時間1.5時間で、最大13時間の連続使用が可能です。

基本仕様
  • デュアルドライバー構造
  • Bluetooth 5.0
  • 大容量バッテリー 約13時間連続再生
  • IPX6防水
  • APTXコーデック対応
  • マグネット搭載

イヤホンとしての基本的な仕様はバッチリです。

EngineワイヤレスイヤホンSoundPEATS
肝心な音の部分については、クロスオーバー内蔵デュアルドライバー仕様となっており、片側ずつに高音域用・低音域用のダイナミックドライバーが搭載。高音・低音を正確に分けて広がりのある音を実現してくれているとのこと。

実際に試してみると、低価格帯のイヤホンの中では非常にクリアで聴きやすい印象。

バランス重視型のイヤホンといえるかと思います。

EngineワイヤレスイヤホンSoundPEATS
最近はテレビの音をBluetoothで飛ばすようにしてヘッドホンやイヤホンで楽しむようにしているのですが、こちらのEngineワイヤレスイヤホンSoundPEATSは、まさに最適。

Bluetooth 5.0を搭載していることもあり、音飛びや音切れなどの問題もなくて快適だったのです。

EngineワイヤレスイヤホンSoundPEATS
個人的にイヤホンに求めてしまう連続再生時間も約13時間もありますので、こちらもありがたいところ。

自宅での使用が多い自分ですが、ネックバンド型の使い勝手を知りたいと思いまして、外出先にも連れて行ってみましたけど、これまた快適。

通勤時間などで途中で切れてしまう心配もないでしょうから、安心して使えます。

完全防水ではないですが、IPX6防水設計もあり難い。汗をかいてしまったり、突然の雨に対しても焦ることがありません。

ネックバンド型イヤホンを実際に使ってみた印象

EngineワイヤレスイヤホンSoundPEATS
イヤホンの音としての性能は、高音質で良い感じ。

しかしながら、皆さんが知りたいのはネックバンドの使い心地だと思いますので、ここは正直にお伝えしていきたいと思います。

EngineワイヤレスイヤホンSoundPEATS
まずは見た目のファッション性ですが、最近は耳に装着するだけの完全ワイヤレス型が一般的になってきている中でのネックバンド型は・・・意外といい(笑)

僕は普段、トップスに柄物を着ることがないので、アクセサリーにってアクセントをつけるようにしていたのですが、ネックバンドを装着すると、イヤホン自体がアクセサリーの代わりにもなるのです。

つけている本人も邪魔に感じることはないのですが、見ている側としても邪魔な感じはせず、おしゃれな感じがします。

ネックバンド
装着感はネックバンドのおかげで安心感もあって快適。

首の部分に固定されていることもありまして、移動していてもイヤホンが落ちてしまうような心配もないので、個人的にはありがたい感じ。

僕は自宅内で装着することが多く、テレビの音を飛ばしながら仕事をしたり、家事をしてみたのですが、普通のイヤホンのように外した時に「どこに置こう?」と言う問題が発生しないのもうれしい。

EngineワイヤレスイヤホンSoundPEATS
価格帯としてもアンダー4千円とコスパも優れているネックバンド型イヤホン。

EngineワイヤレスイヤホンSoundPEATSは、オススメです。

詳細は販売ページにてご確認ください。

 
 

<SPONSORED LINK>


EngineワイヤレスイヤホンSoundPEATS
MONO SELECTION
僕が「お気に入り」として使っている、もしくは使ったことがある「モノやサービス」を「MONOセレクト2018」として厳選して紹介中です!

ABOUTこの記事をかいた人

WAKO

ブログを活用した集客を得意としているクリエイターです。名古屋とスタバとサッカーとイラストを愛してます。ガジェット系の記事を中心に、見てくれた人が「欲しい」と思うもの、役に立つものを記事にしてアップ中。日本ダイエット健康協会認定のダイエット検定1級の資格を持っていますので、痩せる系の記事も必見ですよ。