横寝枕「YOKONE3」で睡眠の質が上がるのか1ヶ月間試してみた!

横寝用枕:YOKONE3
<SPONSORED LINK>


寝るときの姿勢や寝具によって、疲れの取れ方が「違う」と思いませんか?

僕は結構昔から「睡眠の質」について調べる機会がありまして、枕やパジャマを変えてみたりするなど、様々なことを試してきました。

そんな僕が、数年前にネットで見つけた睡眠時の姿勢が、横を向いたまま寝る「横寝」です。

若いころは「うつ伏せ」のまま寝るようにしていて、朝起きると「仰向き」に寝ていることが多かったのですが、社会人になってストレスが溜まってきた+慢性的な肩こりに悩まされるようになった事もありましてか・・・全然寝れない日もしばしば。

そんな時に出会ったのが「横向き寝」だったのですが、この姿勢だと割と気持ちよく眠れたのです。

もちろん、日によっては仰向きで寝たりしているので、絶対に横向き寝を守ってるわけではないんですけど、横寝だと眠りやすかったわけですね。

YOKONE3のブラックモデル
そんな睡眠生活をおくっている僕のところに、横寝に最適な枕を販売されているムーンムーンさんより、横寝用枕YOKONE3をモニターしてみませんか?と声をかけていただいたので、実際に使ってみた感想をお伝えしていきます。

ちなみに現在は、楽天市場で1,000件以上のレビューがはいっている高さを自在に変えられる枕を使っていて、かなり満足していました。

そのため、「慣れもあるし、これ以上の枕と出会うのは中々難しいかな?」と思いながら試させてもらったのですが・・・、横寝を基本として寝てきた自分からすると、YOKONE3は大変寝心地が良い枕となっていました。

YOKONE3のクッション性
その理由は「高さ」と「柔らかさ」。
横向きに寝てみると、ものすごくしっかりときたのです。

と言うことで、実際に使ってみた感想を含め、良いところも悪いところも正直に口コミレビューにまとめて、お伝えしたいと思います。

YOKONE3(ヨコネ3)開封!

と言うことで、まずはYOKONE3が届いたところからお伝えしていきます。

yokone3のトートバッグ
YOKONE3は、ムーンムーンさん専用のトートバッグに入って届きました。

yokone3のトートバッグ
トートバッグには「ムーンムーン」のロゴマークが書かれています。

使用しない時の収納にも使えるし、今まで使っていた枕を入れておくためにも使えますね。

yokone3納品時
トートバッグから取り出した「YOKONE3」は、透明の袋に入った状態で納品。

YOKONE3のブラックモデル
ブラックモデルとホワイトモデルがあるYOKONE3ですが、個人的にはブラックモデルがオシャレかと思いまして、今回のモニターではブラックモデルを選ばせていただきました。

YOKONE3のブラックモデル
なんとなくですが、ブラックだと「ホテルの枕」という雰囲気があります。

サイズは縦46cm、横64cm、高さ14cmで、重さは2kg。

普通の枕と比較すると、めちゃめちゃ大きい枕になるので、サイズはしっかりと測ってから注文されると良いと思います。

YOKONE3のブラックモデル
YOKONE3のサイド部分には、ムーンムーンのロゴマークが入っています。

YOKONE3のブラックモデル
こちらが高さ14cmとなるYOKONE3を横から撮影したものです。

この高さがあるからこそ、バランス良く横向きに寝る事が可能になります。

YOKONE3のブラックモデル
腕を乗せる部分については、一段下がった場所になっています。

YOKONE3の寝方

出典:YOKONE3公式サイト


YOKONE3が提案している寝方は、こんな状態になるんですが、サイドの部分が下がっていて腕を乗せることが出来るようになっているのです。

YOKONE3のブラックモデル
この不思議な形状が、頭・腕・肩・首を支えて、快適な眠りへと誘ってくれるわけですね。

YOKONE3のブラックモデル
枕カバーは裏側からチャックで取り外せます。

カバーは洗濯機丸洗いができるようになっていますので、ずっと清潔な状態で枕を使用することが可能です。

yokone3首のストレッチ
ちょっと変わった機能としては、寝る前に首をストレッチする為の「首ストレッチ機能」が搭載されているところ。

yokone3首のストレッチ
ちょっと先ほどの写真がわかりにくいので、フラッシュをたいてみましたが・・・、ボコボコとした部分が見えるかと思います。

yokone3首のストレッチ機能
枕カバーを取ってみると、よりわかりやすいですね。

yokone3首のストレッチ機能
必要が無い場合には、ボコンと外すことも出来るようになっていますが、寝る際には基本的に反対側を使うので問題はないでしょう。

yokone3首のストレッチ機能
ちなみにですが、寝る前にコチラの首ストレッチ機能を使うことで、ストレートネックの予防にもなるんだとか。

僕は悲しいかな・・・交通事故を起こされてレントゲンを撮りに行ったときに「ストレートネックです」と医者に診断されたことがあるんで、実は、このストレッチ機能は非常にありがたい。

睡眠前に筋肉をゆるめることで、快眠にもつなげられるみたいですしね。

参考になる外部サイト:ストレートネックについて(明神館クリニック)

ストレートネックについてのイラストも入っているし、わかりやすく解説されているのでリンクを載せておきます。

YOKONE3のクッション性
枕のクッション性はリラックスウレタン素材を使用していることもあるのか、非常に柔らかい感じ。

頭をのせる部分がくぼんでいる状態の枕になるので、少し高さはありますけど、仰向け寝もしやすいものになっています。

YOKONE3のクッション性
ぎゅっと手で押し込んでみると、しっかりと沈みます。

YOKONE3のクッション性
枕のサイドの部分に関しても、クッション性は高いです。

YOKONE3の縫製
縫製など、枕本来の作りについてもばっちり!

YOKONE3の底面
裏側は滑り止めが全面についており、睡眠中に枕がずれてしまう心配もなし。

一つの枕として、非常にクオリティが高いものとなっていました!!

wako
男女問わず気持ちよく使える枕です。見た目に高級感があるのもうれしいところだと思いますね。

横向きに寝るメリットとは?

YOKONE3
横向きに寝ることのメリットとしては、気道をしっかりと確保することで「いびき」や「睡眠時無呼吸症候群」への対策になるということ。

「睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)」ってなに?と、僕も思ってしまったのですが、眠っている間に呼吸が止まる病気のようです。

参考になる外部サイト:睡眠時無呼吸症候群とは?

「睡眠時間は十分だけど、起床時に熟睡感がない」、「日中に強い眠気に襲われる」といった症状を持つ方は、一度疑ってみても良いかもしれません。

まさに自分が感じている事じゃないか・・・と衝撃的でしたが、逆に言えばYOKONE3を使って「横寝」をしっかりとマスターすれば、この症状を治すことが出来る可能性があるということ。

いやいや、そうはいっても「今までも横向きに寝てたよ」と僕も思ったんですけど、普通の枕をつかっての横寝については、高さがあわなかったりするなどして、体の重心が曲がってしまうため、効果が薄れてしまうんだとか。

YOKONE3の厚みを調整する

枕カバーの中に高さを調整するシートが入っています。


その点、YOKONE3の場合は「枕の高さを4段階で調整することが出来る」ため、体のサイズに合わせられるので、重心を曲げることなく眠ることが出来ちゃうのです。

実際に調整するときには、鏡をみながらまっすぐになっているか?をチェックすると、一番良いと思います。

9cm、10cm、11cm、12cmで調整が出来ますが、自分の場合は届いたときの状態である高さ12cmがぴったりでした。

YOKONE3で寝てみて感じたことは、眠りへの誘いが良い!

YOKONE3のリラックス効果
YOKONE3を使い始めて直ぐに気が付いたメリットは、「首ストレッチ機能」です。

ほとんどの時間をパソコンの前で過ごしている僕は、夜になると首・肩がガッチガチになるんですけど、こちらの首ストレッチ機能を使うと、ほぐれます。

超ほぐれます!

スマホを寝室には持ち込まず、この首ストレッチ機能を使ってゴリゴリしているうちに血行がよくなるのか気持ちよくなりまして、「さぁーて、眠ろうか」と思えてくる。

これによって、眠りスイッチが入るんでしょうか。

ちょっと気をつけないといけないのは、眠気が限界に来ているときに首ストレッチ機能を使うこと。

モニター期間中に、そのまま寝てしまった日がありまして・・・、流石に朝起きたときに少し痛かったんで、注意してください。

YOKONE3をベッドで使用
さて、それではYOKONE3を使って眠ってみた感想をお伝えします。

感想
  1. 眠りに入るまでの時間が早い!
  2. 快適に横寝をすることが出来る!
  3. 朝までぐっすりと眠れる日が増えた!

今回YOKONE3を使わせていただいて感じた最大のポイントは上記3つとなります。

と言うことで、一つずつ細かく紹介してみますね。

眠りに入るまでが早い!

まずは眠りに入るまでの時間です。

正直な事をいうと、YOKONE3に変えてから数日間は「枕」が変わってしまったこともありまして、なかなか寝付けなかったんですけど・・・慣れてきたら早い!

ぐずぐずと1時間以上寝付けない日があったりしていた自分ですけど、今では30分以内には大体寝られています。

実際にはマットレスを同時に試していたため、マットレスの効果もあったのかもしれませんが、枕に頭を置いてみた瞬間に「気持ちいい」と思えたので、眠りやすい枕になっていると感じます。

腰痛対策マットレス

腰痛対策はマットレスから!ビブラート1(Vibrato1)の口コミ

2018年12月23日

なお、眠り始めの90分間が疲労回復のポイントと言われている事をご存知でしょうか?

睡眠は90~120分の周期で、レム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しているといわれていますが、最初の90分間でしっかりと深い睡眠に入ることが出来れば、成長ホルモンが分泌されて疲労回復につながるといわれているんです。

このYOKONE3を使い始めてからは、この疲労回復ポイントをちゃんと利用できている感じがします。

快適に横寝をすることが出来る!

続いて横向き寝についてですが、さすがは横寝用の枕!やはり快適です。

体の重心を曲げることなく寝られていることが、寝てみるとしっかりと伝わってきます。

これまでに使ってきた枕が決して悪いということではないですが、横向き用ではないので確かに重心が曲がっていることが比べてみるとわかります。

wako
これはあくまでも僕個人的な話ですが、姿勢も良くなったような気もします。重心を意識するようになったんですかねw

朝までぐっすりと眠れる日が増えた!

そして・・・、個人的にこれが1番のメリット。

朝までぐっすり眠れる日が増えたのです。

こちらも同じくマットレスの効果もあるんでしょうけど、YOKONE3との相性もあって快適!!

夜中に何度か起きてしまうことによって、悲しいかな睡眠の質が悪かったりしたのですが、YOKONE3を使い始めてからというもの、朝までぐっすりと眠れる日が増えてくれて、昼間に眠たくならなくなって好調となりました。

感じた効果のまとめ

YOKONE3
睡眠の質があがったのかどうか?についてはわからないところはありますけど、YOKONE3を使った横向き寝生活を始めてからは、二度寝をしなくなりました

二度寝をすると、本来働くはずだった交感神経が働かなくなってしまい、一日中けだるさが残ってしまうといわれているので、この点に関してもうれしい変化。

睡眠時無呼吸症候群ではなくなったのかどうかも・・・自分ではわからないんですけど、もしかしたら気道が確保されて、睡眠の質もあげられたのかもしれませんね。

イビキ対策はYOKONE3で可能か?

YOKONE3のブラックモデル
正直な話、最近はイビキをかいていませんので、YOKONE3がイビキに効果があるのかどうかは・・・わかりません。

ただ、仰向けよりは気道が楽になったような気もするので、イビキにお悩みの方は試してみても損はないのかな?とは感じます。

wako
疲れがたまってくるとイビキをかくと言われている自分ですが、使い始めて数ヶ月。いびきを注意されるようなことがなくなりました!

うつ伏せ・仰向け睡眠は出来るの?

YOKONE3のブラックモデル
途中で一部紹介はしていますが、うつ伏せ・仰向けの睡眠に対しても、YOKONE3は使えると思います。

横寝のまま直ぐに寝れれば一番良いのですが、残念ながらスッと眠れない日もあったりするんで、そうなってくるとゴロゴロと回転しながら寝やすい位置を探します。

YOKONE3のクッション性
時には仰向けで寝たくなったりもするんですけど、YOKONE3はクッション性が高い枕になっているんで、仰向けでも気持ちよく寝れるんです。

そして、朝起きた時はどうなっているか?と思うと、なんと横寝状態で起床します。

自然と横向き寝をつくってしまっていることを考えると、やはり横寝は体に良いのでは?と感じますね。

昼寝にも最適

YOKONE3のブラックモデル
僕は仕事の合間に昼寝をするタイプの人なんですが、自宅で一日中作業をする日を利用して、昼間にYOKONE3を使用して昼寝をしてみました。

15分から30分程度の昼寝にしておかないと「リズムがくるってしまう」ため、長時間の昼寝はよくはないんですけど、YOKONE3を使っての昼寝は最高でした。

すいっと眠りに入ることが出来るだけでなく、寝起きも良好。

昼寝をするときには、テーブルに備え付けてある座椅子を倒して寝てしまうことが多いのですが、横向き寝は「寝起きも良好」なので、出来ることなら横寝昼寝をお勧めしたいですね。

試してみたい方は、公式サイトから申し込もう!

YOKONE3
さて、そんなYOKONE3の価格は?というと、18,000円(税別)送料無料です。

この価格が高いかどうかについては個人差があるでしょうけど、一般的な枕と比べると、結構なお値段となりますので「購入する前に試したい」と思う方も多いかと思います。

そんなアナタのために!と、販売元のムーンムーンさんでは、実際にショールームで試す事が出来るようになっているようですから、熊本まで行くことができる方については・・・ぜひ試しに行ってみてください。

僕の場合は・・・名古屋からなので、遠すぎますが!(笑)

一応、実際に使ってみた感じとしてお伝えすると、2週間も使ってみれば「横寝向き」&「YOKONE3」との相性は判断できると思うのですが、少なくとも自分・奥さんの2名については大変使い心地が良いと感じながら使わせてもらっていますよ!

口コミのまとめ

YOKONE3
実際にYOKONE3を使わせていただいてから二ヶ月以上経過。

感じた事をそのままお伝えさせていただきましたが、確かに横寝向き専用の枕は「すごい」と感じました。

イビキや睡眠時無呼吸症候群で悩まれている方はもちろんのこと、横寝に興味がある方にはぜひ一度試してもらいたい枕ですね。

また後日、感じたことをまとめて追記していきます!

詳細はムーンムーンさんの公式サイトにて詳細をお確かめください。


 

 

<SPONSORED LINK>


横寝用枕:YOKONE3
MONO SELECTION
僕が「お気に入り」として使っている、もしくは使ったことがある「モノやサービス」を「MONOセレクト2019」として厳選して紹介中です! まずはこちらの記事をご覧になってみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

WAKO

ブログを活用した集客を得意としているクリエイターです。名古屋とスタバとサッカーとイラストを愛してます。ガジェット系の記事を中心に、見てくれた人が「欲しい」と思うもの、役に立つものを記事にしてアップ中。日本ダイエット健康協会認定のダイエット検定1級の資格を持っていますので、痩せる系の記事も必見ですよ。