節約に最適!ワットメーター付き電源タップ「700-TP1052DW」をレビュー!

ワットメーター付き電源タップ「700-TP1052DW」
<SPONSORED LINK>


電気代を節約したいと思ってはいるけど、消費電力については気にしたことがない。

実際のところ、自分が普段使ってる電化製品の消費電力って「どれくらい」なのかわかっていないんです。

ワットメーター付き電源タップ「700-TP1052DW」

そんな事を思ったことがある方にオススメのアイテムとして、サンワダイレクトのワットメーター付きの電源タップ「700-TP1052DW」を提供していただいたので、レビューを紹介します。

基本的な仕様としては、2Pプラグが5個口になっていて、コードの長さは2m。
消費電力(ワット)メーターが見える感じの電源タップです。

僕の場合は、使っている電化製品が「どれくらいの消費電力を使っているのか?」を知りたかったので、願ったり叶ったりのガジェットになっています。

実際使ってみると、ドライヤーの冷風と温風では消費電力がこんなにも違うのか!?と驚いてしまったし、こまめに電源を切るようになるなど、節約意識もしっかりと身についてしまうスグレモノでした。

提供:サンワダイレクト

ワットメーター付き電源タップ「700-TP1052DW」商品開封の儀

では、早速商品を開封していきます。

ワットメーター付き電源タップ「700-TP1052DW」

ワットメーター付き電源タップ「700-TP1052DW」は、このようなパッケージにはいって届きました。

ワットメーター付き電源タップ「700-TP1052DW」

冒頭に書いた通り、使用電力がすぐにわかるワットメーターが付いているのが最大の特徴です。

ワットメーター付き電源タップ「700-TP1052DW」

その他の特徴としては、以下の通り。

ラベル名
  • 使うものだけのON・OFFの個別スイッチ
  • 電力オーバー時の安心ブザー内蔵
  • 雷ガード内蔵
  • 保護被ふく付きコード
  • ACアダプタ対応のゆったりとした差込口
  • 絶縁キャップ付きプラグ

パッケージの裏側をチェックしてみると、個人的には衝撃が・・・。

ワットメーター付き電源タップ「700-TP1052DW」

それは、デレビなどの機器は主電源を切らないと、そこそこの電力を消費しているってこと。

まぁ、録画機能をつけているので主電源を切ることは出来ないんですが、そういった知識をもっておくことが重要なんだと思います。

ワットメーター付き電源タップ「700-TP1052DW」

そんな気が付かないうちに電力の消費をしてしまっている状態をブロックするのが、今回紹介しているワットメーター付きの電源タップなんです。

数字で消費電力を見せられたら、節約意識が高くなりますもんね。

ワットメーター付き電源タップ「700-TP1052DW」

その節約を加速させるのが、ランプ付きの個別スイッチでしょう。

録画機能を必要としていない機器などは、個別スイッチでOFFにしてしまえば節約になります。

ワットメーター付き電源タップ「700-TP1052DW」

さらに、安心ブザーも内蔵。

1500wを超えるような消費電力になると、ブザーがなってくれるので火災などの危険から守ってくれます。

ワットメーター付き電源タップ「700-TP1052DW」

あとはスッキリと配線が出来るようにと、L字型プラグになっているのも何気に嬉しい。

コンセントからビヨン!と飛び出しているプラグを見ると、萎えますもん。

ワットメーター付き電源タップ「700-TP1052DW」

ワットメーター付き電源タップ「700-TP1052DW」本体は、こんな感じです。

基本仕様
  • 本体サイズ:約W310×D60×H35mm(ケーブルを除く)
  • 電源コード長:2m

2mのコードがついていますので、ある程度「どんな場所」にでも設置することが出来ると思います。

ワットメーター付き電源タップ「700-TP1052DW」

幅のあるACアダプターが差し込める差込口は2口分用意。

これが結構便利なんですよねぇ。

ワットメーター付き電源タップ「700-TP1052DW」

ワットメーター。

ワットメーター付き電源タップ「700-TP1052DW」

ON/OFF機能付きのスイッチが3個。

ワットメーター付き電源タップ「700-TP1052DW」

こちらはリセットボタン。

1500Wを超えるような消費電力を使ってしまった場合にブザーが鳴り、電源が切れたあと「通常使用する際」にこちらのリセットボタンを押すようにします。

ワットメーター付き電源タップ「700-TP1052DW」

こちらからブザーが鳴るようです。

ワットメーター付き電源タップ「700-TP1052DW」

壁掛け用の穴も用意されているので、コンセントをスッキリと使用することが出来ると思います。

その他には、雷サージ機能、絶縁キャップなどが付いている感じですね。

ワットメーター付き電源タップ「700-TP1052DW」

価格は3,580円(税込)で送料無料ですから、割とコスパもいいと思います。

ワットメーター付き電源タップで消費電力チェック!

ワットメーター付き電源タップ「700-TP1052DW」

では、試してみよう・・・ということで、まずは電池の充電に使ってみました。

ほとんど空の状態だった充電池をセットしてみると、なるほど「13W」ですか・・・と、勉強になります。

ワットメーター付き電源タップ「700-TP1052DW」

よくドライヤーを使うと消費電力がスゴイ!と聞いていたので、実際に温風で使ってみると、一気にW数が上がって驚きました。

1141Wって…、すごいねぇ。

ワットメーター付き電源タップ「700-TP1052DW」

冷風なら、どうなんだろう?と思って試してみると、これくらい。

全然違いました…。

ワットメーター付き電源タップ「700-TP1052DW」

とりあえず、設置場所+テストしやすい場所が、僕の作業場のパソコン周りだったので設置してみると、ワット数はこれくらいでした。

うん、意外と節約できているのかも。

ワットメーター付き電源タップ「700-TP1052DW」

試しに…と、掃除機を使ってみると。

グイン!と上がった消費電力メーター!!!笑

やはり、パワーが必要となる電化製品は消費電力もスゴイんですね。

ワットメーター付き電源タップ「700-TP1052DW」

冬場はそれなりに電力が必要となる家電が多そうなので、これから色々と試していきながら追記してみたいと思いますが、これは子供への節約意識に対する教育にも役立ちそうです!

なお、電気代の計算には「家電の電気代計算シミュレーター」を参考にしてみるといいですよ!

ワットメーター付き電源タップ「700-TP1052DW」の詳細は公式サイトを確かめてみてください。

ワットメーター付き電源タップ「700-TP1052DW」

提供:サンワダイレクト

 

 

<SPONSORED LINK>


ワットメーター付き電源タップ「700-TP1052DW」
MONO SELECTION
僕が「お気に入り」として使っている、もしくは使ったことがある「モノやサービス」を「MONOセレクト」として厳選して紹介中です!
まずはこちらの記事をご覧になってみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

WAKO

ブログを活用した集客を得意としているクリエイターです。名古屋とスタバとサッカーとイラストを愛してます。ガジェット系の記事を中心に、見てくれた人が「欲しい」と思うもの、役に立つものを記事にしてアップ中。日本ダイエット健康協会認定のダイエット検定1級の資格を持っていますので、痩せる系の記事も必見ですよ。