Dyson V6 Trigger+を約2年間使ってみてレビュー!

Dyson V6 Trigger+
<SPONSORED LINK>


dyson v6 trigger+」が懸賞で当たってから数年。

我が家の掃除環境も大きく変わりました。

ダイソン 掃除機 ハンディクリーナー V6 Trigger

まさか憧れだったダイソンが当たるだなんて…夢のような話ですが、奥さんの強運に感謝。

そんな「dyson v6 trigger+」を約2年間使ってきた感想を紹介していきますが、やっぱりダイソンはいい!

思わず義理のご両親にもオススメしてしまったくらいですw

最強か?dyson v6 trigger+のレビュー

ダイソン 掃除機 ハンディクリーナー V6 Trigger

では、早速開封していきます。

箱を開けてみると説明書が出てきました。

ダイソン 掃除機 ハンディクリーナー V6 Trigger

レビューを2年近くしていなかったのは…、下書きにはいっていてわすれていただけなんですが、今でも現役で使わせてもらっています。

ダイソン 掃除機 ハンディクリーナー V6 Trigger

こちらが中身。

コードレス+ハンディタイプのダイソン掃除機になっていて、気になるところをスススーっと掃除できるスグレモノです。

ダイソン 掃除機 ハンディクリーナー V6 Trigger

使用する前に確認しておきたい取扱説明書。

ダイソン 掃除機 ハンディクリーナー V6 Trigger

本体は、女性でも気軽に掃除できるくらいの大きさと重さになっているので、奥さんは大変使いやすそうに毎日使っています。

ダイソン 掃除機 ハンディクリーナー V6 Trigger

真上から撮影したもの。

ダイソン 掃除機 ハンディクリーナー V6 Trigger

このウネウネとしている部分がダイソン掃除機って感じがしてカッコいいですよね。

ダイソン 掃除機 ハンディクリーナー V6 Trigger

ダイソンのロゴ。

ダイソン 掃除機 ハンディクリーナー V6 Trigger

先端部分、こちらに専用ツールを取り付けることによって、様々な場所を掃除することが可能になります。

ダイソン 掃除機 ハンディクリーナー V6 Trigger

メンテナンスに関しては簡単。

赤いレバーを引っ張ることでカパッとダストボックスが開いて、中にはいっているゴミを捨てるだけです。

wako

しばらく使っていると、上部のアミアミの部分に「埃」がたまってくるのがネック。

割り箸にティッシュをぐるぐる巻にしてキレイにしたりしますが…、それってどうなんだろう?と思ってしまいます。

<追記>

ダイソン掃除

こんな感じでカパッと開けられることを後日気が付きました!

奥さんがYouTubeにて公式サイトが開け方をアップしているのを見つけたのです。

失礼しました!!!

ダイソン 掃除機 ハンディクリーナー V6 Trigger

上のフィルターは定期的にメンテナンスが必要です。

ダイソン 掃除機 ハンディクリーナー V6 Trigger

掃除をするにはスイッチを押し続けないといけません。

このあたりが昔の掃除機に慣れていると面倒だと思う人もいるのかも。

ダイソン 掃除機 ハンディクリーナー V6 Trigger

充電はこちらから行います。

ダイソン 掃除機 ハンディクリーナー V6 Trigger

こちらのボタンはパワーをMAXモードにするもの。

吸引力が一気にアップしますが、バッテリー消費量も上がってしまうのがネック。

ダイソン 掃除機 ハンディクリーナー V6 Trigger

こちらはバッテリー充電器。

もうちょっとケーブルが長かったら嬉しかったかも。

ダイソンハンディクリーナー V6 Triggerノズル

こちらはミニモーターヘッド。ナイロンのブラシが、ベッド、布団、ソファ等に入り込んだゴミを掻き取ります。

ダイソンハンディクリーナー V6 Triggerノズル

我が家はレイコップを使っていますけど、ベッドなんかはコチラのほうがソファなどは掃除がしやすいんですよね。

ダイソンハンディクリーナー V6 Triggerノズル

すき間ノズルは掃除機の定番品ですよね。

ダイソンハンディクリーナー V6 Triggerノズル

コンビネーションノズルは先端にブラシがあるスグレモノ。

ダイソンハンディクリーナー V6 Triggerノズル

用途によってブラシを引っ込めることも出来るので、結構重宝して使っています。

ダイソンハンディクリーナー V6 Triggerノズル

最後はフトンツール。

空気の力で埃やアレルゲンを吸い取ってくれるものとなっているので、毎日のように使わせてもらっています。

 

実際に使ってみると、コードレス+ハンディ+ダイソンという組み合わせが「最強」ということに気が付きました。

気づいた時にサッと掃除が出来るし、吸引力はスゴイし、ハンディだから車も掃除できてしまう。

約2年間使ってきて、ダイソンのハンディ掃除機は、本当に一家に一台用意したい素晴らしいガジェットだと本気で感じています。

dyson v6 trigger+はバッテリーの劣化がひどい【難点】

ダイソン 掃除機 ハンディクリーナー V6 Trigger

めちゃくちゃ使いやすいではないか!ということで、我が家の掃除アイテムとして、かなり重宝されるようになったdyson v6 trigger+ですが、1点気になる弱点がありました。

それはバッテリーが直ぐに劣化してしまうということ。

掃除をしはじめて数分で切れてしまうことが結構あったんですね。

2年間の製品保証がついていたので確認をしてみると、「バッテリーが劣化してしまっている可能性がある」とのことで、新品のバッテリーに交換をしていただけたのですが、使用開始から1年も経過していなかったので結構不安になりました。

パワーモードをMAXの状態で常に使っていたこともあるんでしょうけど、こんなにも早くバッテリーがおかしくなるなんて…と、ちょっと残念な感じ。

交換後は気をつけて使っていることも合って、今の所問題は起こってないですが、ちょっと怖い。

 

と、最後にバッテリー問題について怖いことを伝えましたが、ものすごく良い掃除機であることは間違い有りません。

気になったかたは販売ページを確かめてみてください。

 

 

 

<SPONSORED LINK>


Dyson V6 Trigger+
MONO SELECTION
僕が「お気に入り」として使っている、もしくは使ったことがある「モノやサービス」を「MONOセレクト」として厳選して紹介中です!
まずはこちらの記事をご覧になってみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

WAKO

ブログを活用した集客を得意としているクリエイターです。名古屋とスタバとサッカーとイラストを愛してます。ガジェット系の記事を中心に、見てくれた人が「欲しい」と思うもの、役に立つものを記事にしてアップ中。日本ダイエット健康協会認定のダイエット検定1級の資格を持っていますので、痩せる系の記事も必見ですよ。