【レビュー】cheero Power Mountain mini 30000mAhが便利すぎた!

cheero Power Mountain mini 30000mAh
<SPONSORED LINK>


困る人

大容量のモバイルバッテリーが欲しい。

皆で使えて、スマホスタンドとしても使えて、ワイヤレス充電も対応していたら最高なんだけど…なんかない?

cheero Power Mountain mini 30000mAh

こんな要望を叶えるモバイルバッテリーがcheeroより「Power Mountain mini 30000mAh」として新発売!

今回は、そんな「Power Mountain mini 30000mAh」を販売前に1台提供していただきましたので、口コミレビューを紹介していきます。

cheero Power Mountain mini 30000mAh

実際に使ってみた印象としては、現段階において大容量モバイルバッテリーとしての最高峰

作業デスクの上、リビングテーブル、寝室、友人宅、アウトドアなど、モバイルバッテリーが活躍するであろう全ての場所で重宝します。

弱点は「カバンに気軽に入れられるモバイルバッテリーではないこと」ですが、そこをちゃんと理解して使う場所を間違えなければ、文句なしのモバイルバッテリーではないでしょうか。

cheero Power Mountain mini 30000mAh比較

前モデルよりもコンパクトで使い勝手が良くなった「Power Mountain mini 30000mAh」。

一週間近く、ガッツリ使い込んだ感想をお伝えします。

提供:ティ・アール・エイ株式会社

cheero Power Mountain mini 30000mAhの口コミ

では、cheero Power Mountain mini 30000mAhの特徴とお伝えしつつ、使ってみた感想を紹介してきます。

cheero Power Mountain mini 30000mAh

おにぎりバッテリーがワイヤレス充電に対応

cheero Power Mountain mini 30000mAh

個人的に最大の特徴だと感じたのは、ワイヤレス充電に対応したこと。

cheero Power Mountain mini 30000mAh

以前のモデルもデバイススタンドが付いていて、立てかけておくことが出来たんですけど、今回の「cheero Power Mountain mini 30000mAh」は、その立てかけ場所にワイヤレス充電機能がついたのです。

つまり、ワイヤレス充電対応のスマホであれば、置くだけで充電が開始するってこと。

wako
これは前モデルの時に「あったらいいなぁ」と思っていた機能だったので、搭載していると聞いて素直に興奮しました!

ワイヤレス充電は、横置きでしか充電は出来ませんが、大変便利です!

最大4台を同時に充電可能!皆で使える!

cheero Power Mountain mini 30000mAh

全出力口最大合計出力60Wで、最大4台同時充電可能となっているのは、これまた便利。

スマホ1台をワイヤレス充電しながら、iPadや他のデバイスを同時に充電できてしまうのです。

「cheero Power Mountain mini 30000mAh」が1台あれば、大人数で集まったときに皆のスマホやタブレットを充電してあげることができるため、重宝されること間違いなし!

なお、30000mAhの大容量となっていますので、iPhone11なら約6.5回充電が可能となっています。

cheero Power Mountain mini 30000mAh

これだけの大容量ですし、ライト機能も搭載していますので災害時にも当然役に立ちますよ!

最新急速充電規格 Power Delivery 対応

cheero Power Mountain mini 30000mAh

USB-Cポートはパワーデリバリー(PD) 60Wに対応しています。

細かいところは販売ページを確かめていただければと思いますが、iPhoneⅩなら45分間で0%から約75%まで給電できるくらいのパワーがあるということなので、急いで充電したい時に大変便利。

PD対応USBアダプタ(60W)を使用することによって、本体自体の充電も高速化!

約2.5時間でフルチャージを可能にしているということですから、使い勝手が抜群です。

cheero Power Mountain mini 30000mAh

なお、バッテリー残量はデジタルインジケーターに表示されますので、残量の確認で失敗することもありません。

デバイススタンド+防滴カバー付き

cheero Power Mountain mini 30000mAh

あとはデバイススタンドがついているのは、やはり便利。

cheero Power Mountain mini 30000mAh

常に作業デスクの目の前に置いてある状態で使っていた「cheero Power Mountain mini 30000mAh」は、充電をしなくてもスタンドとしても使えてしまいます。

cheero Power Mountain mini 30000mAh

iPadのような大型のタブレットの場合は、分厚いカバーが付いている場合には少々厳しいですが、薄いカバーやスマホであれば普通にスタンドとして使えます。

デバイススタンド

デバイススタンドは後付けなので、必要な時だけ取り付けられるのも嬉しいところですね。

cheero Power Mountain mini 30000mAh

また、防滴カバーもついていますので、キッチンなどの水場でも安心して使うことが出来ます。

私も結構キッチンでYouTubeを使ったりするから、この防滴カバーって何気に便利なんですよね。

大きさ・重さがちょうどいい

cheero Power Mountain mini 30000mAh

こちらは「Power Mountain 50000mAh」と「Power Mountain mini 30000mAh」を比較している写真です。

cheero Power Mountain 50000mAhレビュー

大容量バッテリーでスマホは無敵!cheero Power Mountain 50000mAhをレビュー!

2020年3月14日

Power Mountain mini 30000mAhのサイズは、「105 × 84 × 75 mm」で重さは「880g」となっているんですが、旧商品と比較すると結構コンパクト。

個人的には旧モデルも大変気に入っていて、常時デスク上に置いてあるんですけど、「打ち合わせ」などに持って行こうと思うと結構大変だったのですが、「Power Mountain mini 30000mAh」なら問題なし。

今後は集まって仕事をする際には必ず持っていき、ミーティングテーブルの真ん中において皆でシェアしたいと思っています。

cheero Power Mountain mini 30000mAh開封の儀

cheero Power Mountain mini 30000mAh

では、cheero Power Mountain mini 30000mAhを開封するところを紹介しておきます。

内容物の確認などに使ってください。

cheero Power Mountain mini 30000mAh

製品仕様などはこちら。

cheero Power Mountain mini 30000mAh

開封時。しっかりと梱包されているので、安心です。

cheero Power Mountain mini 30000mAh

中に入っていたものを全て並べてみた写真がこちらです。

パッケージ内容
  • cheero Power Mountain 30000mAh
  • デバイススタンド
  • 防滴カバー
  • 本体充電用USB-C to USB-C ケーブル
  • 取扱説明書 保証書(1年保証)
cheero Power Mountain mini 30000mAh

cheero Power Mountain mini 30000mAhは納品時、防滴カバーが付いた状態になっていました。

cheero Power Mountain mini 30000mAh

思ったよりもコンパクト。

初見では、そんな印象でした。

性能はもちろん、ビジュアル的にもまとまっている「cheero Power Mountain mini 30000mAh」。

大容量バッテリーを探しているなら、大変オススメのガジェットです。

後程、MONOセレクトに入れさせていただきます!!!

提供:ティ・アール・エイ株式会社

 

<SPONSORED LINK>


cheero Power Mountain mini 30000mAh
MONO SELECTION
僕が「お気に入り」として使っている、もしくは使ったことがある「モノやサービス」を「MONOセレクト」として厳選して紹介中です!
まずはこちらの記事をご覧になってみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

WAKO

ブログを活用した集客を得意としているクリエイターです。名古屋とスタバとサッカーとイラストを愛してます。ガジェット系の記事を中心に、見てくれた人が「欲しい」と思うもの、役に立つものを記事にしてアップ中。日本ダイエット健康協会認定のダイエット検定1級の資格を持っていますので、痩せる系の記事も必見ですよ。