【レビュー】一眼レフ対応3軸ジンバル「FeiyuTech AK2000C」を使ってみた!

FeiyuTech AK2000Cレビュー
<SPONSORED LINK>


一眼レフカメラにジンバルをつけてみたい。

FeiyuTech AK2000C

そんな想いを叶えてくれるガジェットとして、FeiyuTech「AK2000C」のサンプルを提供していただいたのでレビューを紹介します。

結論から言うと「便利すぎるガジェット」です。

FeiyuTech AK2000C

一眼レフを使えば高画質な映像(動画)を撮影できるけど、手振れもあるから旅行先の動画撮影には使えない・・・と思っていたのですが、このジンバルがあれば問題は解決!

折りたたみ式クイックリリースプレートなどの設計によって、持ち運びにも最適化されています。

まさに外出先でも一眼レフクオリティを楽しみたい人にとって最高のガジェットであるFeiyuTech「AK2000C」。

実際に使ってみた感想をレビューしていきます。

提供:FeiyuTech(フェイユーテック)

FeiyuTech AK2000C 開封の儀

では、FeiyuTech AK2000Cが届いたところから紹介していきます。

FeiyuTech AK2000C

こちらがFeiyuTech AK2000Cのパッケージです。

憧れの一眼レフカメラのジンバル・・・カッコよすぎますね。

FeiyuTech AK2000C

開封してみると、しっかり目に緩衝材が入っていました。

ジンバルも精密機械。

しっかりと梱包されているのは当たり前ですね。

FeiyuTech AK2000C

緩衝材を横に置いてみると、FeiyuTech AK2000C本体のほか、取扱説明書類が登場しました。

同捆物
  • AK2000Cカメラジンバル
  • ARCAクイックリリースプレート+取り付けネジ
  • 滑り止め付き三脚
  • レンズホルダー+取り付けネジ
  • レンチ
  • 日本語取説付き
  • コントロールケーブル Type-C to Type-C (C02)
  • パナソニック用シャッターケーブル DC2.5mm (Type C to 2.5mm)
  • ソニー用シャッターケーブル Type-C to Multi
  • コントロールケーブル Type-C to Micro (A03)
  • コントロールケーブル Type-C to TRS2.5 (T02)
  • データケーブル USB2.0 to Type-C
FeiyuTech AK2000C

カメラ好き・ガジェット好きにとって、こんなにも魅力的な映像があるでしょうか・・・。

FeiyuTech AK2000C

中身を紹介していきます。

一つ目は滑り止め付き三脚です。

少し大きめですが、グリップもあって非常に使いやすいものとなっています。

FeiyuTech AK2000C

こちらはケーブル類その1。

FeiyuTech AK2000C

ケーブル類その2。

FeiyuTech AK2000C

ARCAクイックリリースプレート、レンズホルダー、取り付けネジといった感じ。

FeiyuTech AK2000C

そしてコチラが、FeiyuTech AK2000C本体です。

手に取ってみると1,078g(バッテリー含む)となっていることもあり、ズシリと来ます。

それもそのはず、2,200mAhのバッテリーを積んでいますので、多少は重たくなるみたいですね。

FeiyuTech AK2000C

細かな部分を接写していきます。

FeiyuTech AK2000C

各駆動部分にはロックがついていますので、誤作動などを防ぎます。

別メーカーのジンバルですが、電源ボタンを入れた瞬間に暴れだし、スマホが「吹っ飛んでいった経験」もありますので、この誤作動を防いでくれるロック機能は重要です。

FeiyuTech AK2000C

横から見ると、FeiyuTech AK2000Cが刻まれています。

このブラックボディに白文字で刻まれているのは・・・カッコよすぎでしょう。

FeiyuTech AK2000C

こちらは操作を補助するトリガーボタン。

FeiyuTech AK2000C

広範囲の互換性を可能としているのが、こちらの調整部分。

5方向への「大きさの調整」が可能になので、一眼レフはもちろんのこと、ビデオカメラでもジンバルに乗せることが出来るようになっています。

FeiyuTech AK2000C

持ち手の部分は、木目です。このあたりのデザイン性が、またかっこいい。

FeiyuTech AK2000C

底面には1/4インチねじ穴と、3/8インチねじ穴が付いています。

FeiyuTech AK2000C

途中で紹介した三脚は、こちらに取り付けることが可能です。

FeiyuTech AK2000C

クイックリリースプレートは、カメラの底にレンチをつかって取り付けます。

FeiyuTech AK2000C

クイックリリースプレートを取り付けた一眼レフカメラは、こちらに取り付けてセッティング完了です。

FeiyuTech AK2000C

こちらにはFeiyuTechのロゴマーク。

FeiyuTech AK2000C

電源ボタンとUSB-Cポートは、操作ボタンの側面に配置してあります。

FeiyuTech AK2000Cを使ってみた!

習うより慣れよ・・・ということで、実際にFeiyuTech AK2000Cを使っていきます。

FeiyuTech AK2000C

まず最初に感じたのは、圧倒的な使いやすさ応答速度の速さです。

カメラの取り付け(バランスを取る)には多少時間がかかりましたけど、5方向への調整が可能ということもあり、設置した段階で「倒れてしまうのでは?」などの不安がありませんでした。

wako

この段階で気づくことでもないんですが、ニコンのD7200は互換性のあるモデルとして記載されておりませんでした。

なので、ジンバルとしての機能面に関してはしっかりとレビューが出来ますが、すべての機能をお伝え出来ない可能性があります。

私のようなミスを起こさないためにも、FeiyuTech AK2000Cの販売ページに書いてあります対応機種表は必ずチェックしてくださいませ。

ちなみにですが、 D7500だと「写真を撮る/ビデオの録画を開始または停止」といった機能がボタン操作できるようですが、この辺りは手動で対応していきます。

FeiyuTech AK2000C

FeiyuTech AK2000Cの電源をいれて、上下左右に動かしてみます。

うん、応答速度も速いし、指示通りに動いてくれている印象です。

FeiyuTech AK2000C

特にモード切替でパン・パンモード・オールフォローモードの切り替えが、ボタンを何回押すか?だけで切り替わるのは秀逸。

動かしたい動きに瞬時に切り替えられるのは、動画撮影のパートナーとして有難い限りです。

FeiyuTech AK2000C

ジンバルの性能を活かして、地面すれすれの場所からの撮影も当然可能。

FeiyuTech AK2000C

個人的にはパンモードが気に入っています。

これなら一眼レフを外に持ち歩いて動画を撮影しても良いと真剣に思えるレベルです。

FeiyuTech AK2000C

また、物撮りを多くしている自分としては、微妙な角度調整をジンバル上で行えるのも嬉しいところ。

写真だけでなく動画で商品紹介をしたいと思っていたところなので、このジンバルは物撮りにも最高のパフォーマンスを発揮してくれそうです。

FeiyuTech AK2000C

ちなみにこちらは、真上から撮影したものです。※レンズが天井を向いています

FeiyuTech AK2000Cを使って上方向にカメラのレンズを向けた状態ですが、こんな撮影もジンバルの操作で可能に。

夜空をタイムラプス撮影する、天井にプロジェクター投影した映像を撮影する・・・といったことが容易にできそうです。

FeiyuTech AK2000C

こちらは限界まで下にレンズを振った写真です。

この状態で固定して、商品紹介動画を撮影したり、イラストを描いているところの手元を撮影しても面白そうですね。

実際に歩きながら撮影した動画を確認してみましたが、手振れ感ゼロ。

まるで「TVで見かけるような町ぶら番組」のような雰囲気の映像を撮影できましたので、このジンバルの性能の高さを感じてしまいました。

Vlogセルフィー撮影

FeiyuTech AK2000C

少し重たいですが、FeiyuTech AK2000Cを使ったVlogセルフィー撮影もオススメです。

セルフィー撮影に関しては、トリガーボタンを3回素早く押すだけで180°回転してくれますので、直ぐに撮影を開始できます。

私は顔出しをして動画に出ることはないのですが、顔出しをされている方であれば重宝するのではないでしょうか。

多彩なモード撮影が面白い

FeiyuTech AK2000C

AK2000Cを使用すれば、インセプションモードやタイムラプスなどの特殊効果撮影が可能です。

例えばインセプションモードを使用すると、カメラがロール軸の自動回転を行うようになります。

一直線の道を横回転しながら歩いていく・・・そんな動画を撮影できるわけです。

こういった機能を使用することで、手作業では撮影しにくい動画を実現できますから、圧倒的なクオリティの動画素材を自らが撮影できるようになるでしょう。

まとめ

FeiyuTech AK2000C

実際に「FeiyuTech AK2000C」を使用してみた感想を一言でまとめるなら、「最高のガジェット」です。

FeiyuTech AK2000C

一眼レフカメラを使って動画を撮影するクリエイターさんが増えている昨今、三脚だけでなくジンバルを手に入れてみてもよいと真剣に感じさせてくれました!

特に外出先で一眼レフを使って動画を撮影しようとされている方は、ぜひFeiyuTech AK2000Cの詳細を販売ページにてお確かめください。

FeiyuTech AK2000C公式サイト

私も引き続き「FeiyuTech AK2000C」を使用し続けまして、使い勝手等を追記したいと思います。

アマゾンでも販売中ですので、こちらもご確認くださいませ。

FeiyuTech AK2000C アマゾン

 

ちなみにですが、一眼レフカメラを外に持ち歩くのは「重たいし怖い」という方は、超軽量&コンパクトな「カメラ付きジンバル」もオススメです。

詳細は以下の記事をご確認ください。

カメラ付きジンバル「Feiyu Pocket 2」レビュー

【レビュー】カメラ付きジンバル「Feiyu Pocket 2」の性能を検証してみた!

2021年9月7日
提供:FeiyuTech(フェイユーテック)

 

 

<SPONSORED LINK>


FeiyuTech AK2000Cレビュー
MONO SELECTION
僕が「お気に入り」として使っている、もしくは使ったことがある「モノやサービス」を「MONOセレクト」として厳選して紹介中です!
まずはこちらの記事をご覧になってみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

ブログを活用した集客を得意としているクリエイターです。名古屋とスタバとサッカーとイラストを愛してます。ガジェット系の記事を中心に、見てくれた人が「欲しい」と思うもの、役に立つものを記事にしてアップ中。日本ダイエット健康協会認定のダイエット検定1級の資格を持っていますので、痩せる系の記事も必見ですよ。