【レビュー】自動コーヒーミル「oceanrich G2」は便利なのか検証してみた!

oceanrich G2
<SPONSORED LINK>


困る人

自動でコーヒー豆を挽いてくれるミルを探しているんだけど、電源不要の充電式コードレスタイプで何か良い商品はありませんか?

oceanrich G2

そんな希望をお持ちの方に向けて、「oceanrich G2」のサンプルを提供していただきましたので紹介します。

「oceanrich G2」は、1回につき最大2〜3杯分(約30g)の豆を挽くことが出来る電動コーヒーミルとなっており、複雑な操作や設定も一切なし。

豆をいれて、ボタンを押したら「ほったらかし」で挽きたての豆を楽しむことが出来る優れモノです。

oceanrich G2

挽いた豆は下のガラス容器にはいってくれるので、多めに挽いておいて後から楽しむことも可能とうのも嬉しいところ。

我が家は少し多めに豆を挽いておいて「お代わり」をするときに使ったりしています。

そんな「oceanrich G2」を使ってみた感想を、正直にレビュー!

最近は手挽きミルで豆を挽いていた自分ですが、「慌ただしい朝の時間は、oceanrich G2に頼ってもいいかも」と思ってしまっているくらい、素晴らしいガジェットになっていました。

提供:株式会社ユニーク

oceanrich G2 開封の儀

では、oceanrich G2を開封するところから紹介していきます。

oceanrich G2

こちらがoceanrich G2のパッケージです。

コーヒーショップに置いていそうな、おしゃれな雰囲気が漂っています。

oceanrich G2

側面には簡単な使用方法が写真付きで紹介されていました。

使い方で迷うことはないかと思います。

oceanrich G2

上部から開封。

oceanrich G2を守るべく、緩衝材はガチガチにはいっていました。

oceanrich G2

緩衝材を取り除いてみると、oceanrich G2が登場です!

oceanrich G2

中に入っていたものを並べてみました。

パッケージ内容
  • oceanrich G2
  • クリーニングブラシ
  • メジャースプーン
  • 充電用micro USBケーブル
  • 滑り止めシート
  • 取扱説明書
oceanrich G2

取扱説明書は当然日本語対応です。

怪我をすることはないとは思いますが、一読しておいたほうがよいでしょう。

oceanrich G2

充電用のケーブルとして、micro USBケーブルがはいっていました。

oceanrich G2

メジャースプーン。

大さじ(約10g)と小さじ用(約5g)の異なるタイプの計量スプーンが両サイドについていますので、結構便利に使えます。

oceanrich G2

クリーニングブラシ。

oceanrich G2

滑り止めシートなどが入っていました。

oceanrich G2

こちらが本体です。太めのペットボトルくらいのサイズ感になっています。

サイズ:W90 × D90 × H195 (mm)、重さ:約582g

oceanrich G2

横から撮影したほうが、全体のイメージが付きやすいですね。

oceanrich G2

上部には、充電状況がわかるLEDランプ、充電用ポート、電源ボタンが配置されています。

oceanrich G2

豆の粗さは5段階で選べるようになっていますので、好みの味わい、オリジナルコーヒーを追求できるのも嬉しいところ。

5段階のすべてを試してみましたが、目で見てわかるくらい「粒度」に差をつけられました。

酸味が強いコーヒーが好き、苦みが欲しいなど、いろいろと楽しめるかと思いますので、ぜひお試しあれ。

下部には「oceanrich」のロゴマーク。

oceanrich G2

最下部には、ガラス容器が付いている感じです。

こちらのガラス容器は「oceanrich G2」の蓋を取り付けて、保存ビンとして使用することも出来るようになっています。

oceanrich G2

粒度の調整リングを動かすことによって稼動する、臼式のコニカルコーン刃。

摩擦熱が少ないセラミック素材を使用することで、耐久性を高くし、錆びずに清潔なんだとか。

材質 本体PP+ABS+ステンレス、ミル刃:セラミック、滑り止めシート:EVA、ガラスコンテナー:ガラス

食器洗い機や食器乾燥機には非対応

oceanrich G2 を使ってみた!

では、oceanrich G2を使っていきます。

oceanrich G2

豆はこちらから投入!

臼式コニカルコーン刃を搭載していることによって、石臼のように豆を潰しながら挽けるのが特徴ということですが・・・果たして?

ちなみに、豆を挽く際に熱が発生してしまうと「味が損なわれる」のですが、この石臼式であれば熱の発生を抑えてくれるので、粒度のばらつきや微粉を限りなく少なくしながら豆を挽くことが可能です。

oceanrich G2

これでセット完了です。

oceanrich G2

豆の粒度については、ダイヤル式で簡単に調整が出来ます。

oceanrich G2

豆が挽き終わるまでの時間は、量にもよるんでしょうけど、割と早い。

oceanrich G2

というか、挽き終わるまでの時間は「他事」ができますので、お湯を沸かしたり、コーヒーカップを用意したりできるようになります。

挽き終わると、本体は自動的に電源をOFF。

oceanrich G2

挽き終わった豆も「きれい」です。

大きさのばらつきもないし、ちゃんとしたミルだと思います。

oceanrich G2

私は毎朝手で豆を挽いて、コーヒーを楽しんでいるんですが・・・、あわただしい朝だと「自動」にしたいこともしばしば。

そんな時に「oceanrich G2」は、本当に強い味方になります!

以下のコーヒーガジェットを併用すれば「ほぼ完全自動」で美味しいコーヒーをいただけてしまうので・・・最高です。

oceanrich Plusレビュー

ハンドドリップを自動化!oceanrich Plus(オーシャンリッチプラス)がオススメ過ぎたよ!

2020年11月7日

なお、満充電にしておけば10回程度、連続で使うことが可能になっていますから「あれ?充電が切れてる・・・」なんて事も少ないでしょう。

oceanrich G2

挽き終わった豆はガラス容器にはいりますので、上蓋を取り付ければ「そのまま保存」も可能です。

これが意外と便利!

「おかわり用」としてはもちろんのこと、作業スペースの集中用フレグランスにもなりますよ!

まとめ

oceanrich G2

粒度の違い・熱摩擦を理由に「某有名な電動コーヒーミル」を捨てて、手挽きミルに変えた私ですが・・・・「oceanrich G2」は、このまま使用し続けたいと真剣に感じました。

電動ミル・・・自動(停止も自動)・・・ポータブル・・・保存容器にもなる。

oceanrich G2

ミルに対して、私が求めている機能がすべて詰まっていた「oceanrich G2」。

かなりオススメのコーヒーガジェットになっていました。

詳細は、販売ページをお確かめください。

oceanrich G2

提供:株式会社ユニーク
<SPONSORED LINK>


oceanrich G2
MONO SELECTION
僕が「お気に入り」として使っている、もしくは使ったことがある「モノやサービス」を「MONOセレクト」として厳選して紹介中です!
まずはこちらの記事をご覧になってみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

ブログを活用した集客を得意としているクリエイターです。名古屋とスタバとサッカーとイラストを愛してます。ガジェット系の記事を中心に、見てくれた人が「欲しい」と思うもの、役に立つものを記事にしてアップ中。日本ダイエット健康協会認定のダイエット検定1級の資格を持っていますので、痩せる系の記事も必見ですよ。