【レビュー】MOFT Smart Desk Matでデスクの上を最適化!

<SPONSORED LINK>


デスクワークを快適にしたい。

デスクの上に散らばったものを一箇所にまとめて、美しく、効率よく使いたい。

MOFT Smart Desk Mat

※iPadの画面には「ぼかし」を入れています

そんなアナタに「MOFT Smart Desk Mat(モフトスマートデスクマット)」のサンプルを送っていただきましたのでレビューをご紹介!

上の写真を見てもらえればわかる通りですが、「デスクマット + スタンド + オーガナイザーボードの3in1機能」を搭載し、デスク周りを「簡単に整理することが出来るデスクマット」になっています。

商品特徴
  • デバイスを一括管理できる
  • 豊富なアクセサリーで自分好みにカスタマイズ
  • 角度調整可能なスタンド
  • なめらかな書き心地
  • ヴィーガンレザー
  • NFC対応

といった特徴を持つ、「MOFT Smart Desk Mat(モフトスマートデスクマット)」。

実際に使ってみた感想を、正直にお届けします。

提供:TOLAI

MOFT Smart Desk Mat(モフトスマートデスクマット)開封の儀

では、MOFT Smart Desk Mat(モフトスマートデスクマット)が届いたところから紹介します。

MOFT Smart Desk Mat

こちらがパッケージです。

今回はサンプルを送っていただいた兼ね合いで、実際に新品購入された場合と中身が異なる場合があります。

MOFT Smart Desk Mat

パッケージ裏を見てみると、簡単な使い方がわかります。

ノートパソコンをのせて使用することも可能なのは、さすがの「MOFTクオリティ」です。

MOFT Smart Desk Mat

開封し、中に入っていたものを並べて撮影してみました。

※パッケージ内容については、申込内容によって異なります

パッケージ内容
  • MOFT Smart Desk Mat × 1台
  • クッション × 1個
  • メモホルダー × 2個
  • MagSafe充電器 × 1個
  • スマホ用マグシール × 1枚
  • ケーブルホルダー × 3個
  • タブレットホルダー × 1個
  • 充電用ケーブル×1個
MOFT Smart Desk Mat

充電用のケーブルです。

MOFT Smart Desk Mat

何に使用するのか?と言うと、こちらのMagSafe充電器。

MOFT Smart Desk Mat

磁力でピタッと装着!「ワイヤレス充電」が可能になるガジェットです。

MOFT Smart Desk Mat

残念ながら私はiPhone8を未だに使い続けていますので、Qi充電として使いたいと思います。

なお、こちらのスマホ用マグシールを使用すれば、マグネット機能を追加できるので「MOFT Smart Desk Mat」上に固定することも出来るみたいです。

MOFT Smart Desk Mat

こちらはメモホルダー。

付箋のようにシール機能がないメモ帳であっても、貼り付けておくことが可能になります。

MOFT Smart Desk Mat

ブックホルダーは、本を開いた状態で固定できる優れもの。

MOFT Smart Desk Mat

私は作業場にブックホルダーを別に用意しているのですが、こちらがあれば必要なくなりそうです。

MOFT Smart Desk Mat

こちらはタブレットホルダーです。

iPadなどを固定するのに便利なものとなっています。

MOFT Smart Desk Mat

ケーブルホルダーです。

MagSafe充電器のケーブルを固定しておいたり、イヤホンのケーブルなどを固定するために使うと便利そう。

MOFT Smart Desk Mat

クッション。

タイピングをする際に手首をのせておくことはもちろんのこと、MOFT Smart Desk Matの裏にひっつけることによって、MOFT Smart Desk Matを「膝上」で使用することも可能になります。

MOFT Smart Desk Mat

MOFT Smart Desk Mat 本体です。

サイズは504mm×300mmで、厚みは7mm。重さ1.5kgという圧倒的な薄さと軽さで作られています。

素材は高品質ヴィーガンレザー(PU素材)となっており、表面の凹凸が少ないので、デスクマットとしても「なめらかな書き心地」で使えます。

ペン圧にも強い耐荷重3kgの角度保持能力なので、メモは当然のことながら、絵を描くにも最適です。

MOFT Smart Desk Mat

右下には、「よく使うアプリ」がワンタッチで一発起動することが出来る「2つのNFCタグ」と、ロゴマークが入っていました。

MOFT Smart Desk Mat

こちらは裏面です。

MOFT Smart Desk Mat(モフトスマートデスクマット)レビュー

MOFT Smart Desk Mat

では、実際に使っていきます。

デスク上の散らばりを、どのようにまとめるか?ということですが、私は以下のようにしてみました。

MOFT Smart Desk Mat

もともとあまり散らばってないのでシンプルですが・・・

うん、めちゃめちゃ快適。

タスクをメモ帳に書いておき、iPadを使って作業をこなしていく。

手前にキーボードとマウスを配置しておけば、私の作業環境としては完璧です。

手前の溝にペンなども置いておけるし、このMOFT Smart Desk Matを別の場所に持って行って使うのも便利だと感じました。

MOFT Smart Desk Mat

絵を描いてみよう!と思ったら、こんな感じで紙をはりつけて使用することも可能。

丁度良い角度ですし、ペンの沈み込みも心地よい。

MOFT Smart Desk Mat

よく使用するものは、こんな風に貼り付けておける。

イヤホンやケーブルをはりつけられるのは、意外と便利です。

MOFT Smart Desk Mat

こちらはマグネット付きのケーブルなので、そのまま貼り付けられました。※別メーカーの商品です

MOFT Smart Desk Mat

応用編ではないですが、背面がマグネットになっているケースを組み合わせることで、より効率化も出来そうな気がしています。※別メーカーの商品です

MOFT Smart Desk Mat

その後、ノートパソコンスタンドとして使用してみましたが、タイピンには最適。

MOFT Smart Desk Mat

お絵かき用のスタンドとして、

MOFT Smart Desk Mat

ブックスタンドとして使用してみたりもしましたが・・・・とにかく「自由で便利」な印象。

MOFT Smart Desk Mat

デスクの上に置いてあった様々なものが、空中においておけるようなイメージなので、使っていて面白くなります。

MOFT Smart Desk Mat

複数のデバイスも同時に使える504×300mm、最初はちょっと大きいかな?と思ったのですが、実際に使ってみると快適そのもの。

MOFT Smart Desk Mat

※画像引用:MOFT Smart Desk Mat

使うガジェットによって角度を変えられるのも、使っていくうちに有難いと感じるようになりました。

まとめ

MOFT Smart Desk Mat

デスク周りスッキリ&好きな角度で一度に管理できる「MOFT Smart Desk Mat」ですが、実際に使ってみると病みつきです。

様々なガジェットを探す手間がなくなることはもちろんのこと、最適な角度が作業効率を上げてくれます。

MOFT Smart Desk Mat

自分だけのワークステーションを作ってみたい方は、ぜひ「MOFT Smart Desk Mat」の販売ページを確かめてみてください。

より最適な使い方、より最適な追加オプションが見つかると思います。

MOFT Smart Desk Mat

提供:TOLAI

 

<SPONSORED LINK>


MONO SELECTION
僕が「お気に入り」として使っている、もしくは使ったことがある「モノやサービス」を「MONOセレクト」として厳選して紹介中です!
まずはこちらの記事をご覧になってみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

ブログを活用した集客を得意としているクリエイターです。名古屋とスタバとサッカーとイラストを愛してます。ガジェット系の記事を中心に、見てくれた人が「欲しい」と思うもの、役に立つものを記事にしてアップ中。日本ダイエット健康協会認定のダイエット検定1級の資格を持っていますので、痩せる系の記事も必見ですよ。