まるで空気のような装着感!Anker「Soundcore Life Note 3S」を実機レビュー!

Soundcore Life Note 3S
<SPONSORED LINK>


長時間つけっぱなしにしても、耳が痛くならないイヤホンを探している。

もちろんですが、音にも妥協はしたくない。

Soundcore Life Note 3S

そんなアナタに、Ankerが販売する「Soundcore Life Note 3S」を紹介したい。

Soundcore初のインナーイヤー型イヤホン「Soundcore Life Note 3S」は、片耳約4.3g&イヤーチップのない開放感によって、長時間使用しても疲れにくい。

耳をふさぐようなイヤホンではないにも関わらず、大型の13mmドライバーと独自のBassUpテクノロジーの搭載によって、音質も上々と評判だ。

Soundcore Life Note 3S

そんな「Soundcore Life Note 3S」のサンプルを送っていただきましたので、イヤホンオタクの私が試してみて口コミレビューをご紹介。

最大35時間音楽生成・ノイズリダクション機能を搭載したマイク・IPX4防水規格など、機能面にも妥協はありません。

提供:アンカー・ジャパン

「Soundcore Life Note 3S」開封の儀|同梱物の確認

それでは、「Soundcore Life Note 3S」が届いたところから紹介していきます。

Soundcore Life Note 3S

こちらが「Soundcore Life Note 3S」のパッケージです。

Soundcore Life Note 3S

Anker社製品は、毎回のことながらパッケージのデザインがイイですね。

自分用はもちろんのこと、贈り物としても最適ではないでしょうか。

Soundcore Life Note 3S

裏側。

パッケージ内容や製品の仕様が書かれています。

Soundcore Life Note 3S

箱を開封してみると、製品保証&カスタマーサポートの案内と取扱説明書が出てきました。

Soundcore Life Note 3S

その下には、「Soundcore Life Note 3S」の充電ケースと、USB-C & USB-A ケーブル。

しっかりと固定されていますので、配送中の故障は少なそうです。

Soundcore Life Note 3S

中に入っていたものを並べて撮影。

パッケージ内容
  • Soundcore Life Note 3S
  • 充電ケース
  • USB-C & USB-A ケーブル
  • クイックスタートガイド
  • 安全マニュアル
  • 製品保証&カスタマーサポートの案内
Soundcore Life Note 3S

こちらはクイックスタートガイドや、安全マニュアル、製品保証&カスタマーサポートの案内。

最大で24ヶ月の保証がついてきますが、正規販売店からの注文に限るなど、条件付きとなっていますので、詳細は販売ページをお確かめください。

Soundcore Life Note 3S

USB-C & USB-A ケーブル。

Soundcore Life Note 3S

そして、Soundcore Life Note 3Sの充電ケースです。

サイズを測ってみると約横55mm、縦50mm、高さ29mm。

重さは約59g (充電ケース含む) / 約4.3g (イヤホン本体 片耳)となっています。

Soundcore Life Note 3S

充電ケースはマットな艶消しボディに、Soundcoreのロゴがキラリと光る、流線型のデザインです。

Soundcore Life Note 3S

充電状況は、こちらのLEDによって把握することが出来ます。

Soundcore Life Note 3S

背面から撮影。

Soundcore Life Note 3Sには2種類のカラー展開があり、A3945N11 (ブラック) とA3945N21 (オフホワイト)が販売中です。

Soundcore Life Note 3S

背面の側面には充電用のtype-Cポートが付いています。

Soundcore Life Note 3S

充電ケースを開けてみました。

インナーイヤー型の「Soundcore Life Note 3S」のご登場。

Soundcore Life Note 3S

Soundcore初のインナーイヤー型ということですが、最初から美しいデザインですね。

充電ケースと同じく、外側は艶消しブラックで高級感を感じます。

Soundcore Life Note 3S

Soundcore Life Note 3Sです。

手に取った瞬間に感じた「おどくほどの軽さ」は、片耳で約4.3g。

なんと10円玉1枚ほどの軽さと言いう事で、装着していることを確かに忘れます。

Soundcore Life Note 3S

内側は光沢仕様。※反射するのでボカシをいれています

イヤーチップのないイヤホンを久しぶりに見ましたが、清潔感があって好印象。

Soundcore Life Note 3S

こんなにも軽くてコンパクトなイヤホンですが、大型の13mmドライバーとAnker独自のBassUpテクノロジーを搭載していますので、パワフルな重低音を楽しめます。

さらに、それぞれのイヤホンに2個ずつ内蔵されたマイクとノイズリダクション機能によって、クリアな音声通話も可能です。

Soundcore Life Note 3S

イヤホン本体が満充電の状態で、最大5時間の音楽再生。

充電ケースとセットにすれば、最大35時間の連続再生が可能ということで、外出先で充電が切れてしまう・・・そんな心配もしなくてよくなります。

「Soundcore Life Note 3S」使用感レビュー

Soundcore Life Note 3S

では、「Soundcore Life Note 3S」を試していきます。

接続に関してはBluetooth 5.2でスムーズ。

設定後に音楽を再生してから、一度も途切れたことがありません。

音質

音質に関しては十分すぎる性能だと思います。

重低音もしっかりとしているし、高音もクリアでバランスが良い。迫力のある音を求めている方にはピッタリです。

特に大型の13mmドライバーとAnker独自のBassUpテクノロジーによる重低音が個人的には好みで、音楽や映画鑑賞を楽しめます。

Soundcore Life Note 3S
Soundcore Life Note 3S

また、Soundcoreアプリを使ってイコライザーをカスタマイズすることが出来るのもポイント。

22種類のカスタムイコライザーモードから選ぶだけでも、「好みの音」が見つかります。

ゲームモードを使用すれば「映像と音声のズレ」を低減させることもできるし、アクション音や足音などを強調してくれるので、ゲーム用としてもオススメ。

ただ、良くも悪くも「ノイズキャンセリング機能」がついているわけではないので、外部の音を取り入れながら「音を楽しみたい」という方にオススメの音だと思います。

カナル型とインナーイヤー型どっちがよい?

Soundcore Life Note 3S

どちらも使っている自分からすると、こればっかりはシチュエーションと好みだと思います。

集中したい作業の際にはカナル型でノイズを遮断したいですし、通勤中だったり長時間使用するならインナーイヤー型を使いたいからです。

Soundcore Life Note 3S
Soundcore Life Note 3S

別メーカーのインナーイヤー型のイヤホンと比較した場合の「装着感」については、個人的にはSoundcore Life Note 3Sの方が付け心地が良い。

こんなにも軽量なのに、軽く走ってみても落ちてしまう事もないし、ちゃんと引っかかる。

某有名なインナーイヤー型のイヤホンは「落ちる」ことがあったので、このあたりは耳の形状によるとは思いますが、Soundcore Life Note 3Sは安心感があります。

通話機能

Soundcore Life Note 3S

マイク機能については、思っていたよりも高性能。

通話・テレワークでも活躍してくれそうなレベルです。

試しに遠隔会議で使用してみたのですが、付けていることを忘れながら「うろうろしながら会議に参加」することが出来ました。

音切れ・遅延なども感じなかったので、通話機能としても快適そのものです。

まとめ

Soundcore Life Note 3S

インナーイヤー型のイヤホンを探している方であれば、「Soundcore Life Note 3S」は最善の選択だと思います。

長時間装着したままでも痛くならない、つけていることを忘れてしまう装着感は最高の一言。

音も十分、コスパも高い。

迷っているなら「Soundcore Life Note 3S」を選択して間違いないですね!

Soundcore Life Note 3S

そんな「Soundcore Life Note 3S」の詳細は販売ページをお確かめください。

提供:アンカー・ジャパン
<SPONSORED LINK>


Soundcore Life Note 3S
MONO SELECTION
私が「お気に入り」として使っている、もしくは使ったことがある「モノやサービス」を「MONOセレクト」として厳選して紹介中です!
まずはこちらの記事をご覧になってみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

ブログを活用した集客を得意としているクリエイターです。名古屋とスタバとサッカーとイラストを愛してます。ガジェット系の記事を中心に、見てくれた人が「欲しい」と思うもの、役に立つものを記事にしてアップ中。日本ダイエット健康協会認定のダイエット検定1級の資格を持っていますので、痩せる系の記事も必見ですよ。