新しい音楽体験!Anker「Soundcore Frames Landmark」をレビュー!

Anker「Soundcore Frames Landmark」をレビュー
<SPONSORED LINK>


サングラスなのにスピーカー?

耳を塞がない新たな音楽体験を楽しめるオーディオグラスが、Ankerより新発売となりました!

Soundcore Frames Landmark

その商品の名前は「Soundcore Frames Landmark」。

耳を塞がない、イヤホンすらも耳に入れない新スタイルのオーディオグラスは、一度装着してみると病みつきレベルの開放感。

スピーカーを搭載していると言う事で、サングラス自体が重たいのでは?と思っていたのですが、そんなこともありません。

また、サングラスの性能としても高く、紫外線A/B波を最大で99%ブロックする偏光レンズを採用しています。

Soundcore Frames Landmark

そんな「Soundcore Frames Landmark」のサンプルを、発売に合わせて送っていただいたのでレビューをご紹介。

結論を簡潔にお伝えするなら、思っていた以上に快適な音系ガジェットです。

音もキレイだし、音声通話もクリア。

満充電の状態であれば、最大で5.5時間もの長時間再生が可能になっているところなど、機能面にも妥協はありません。

提供:アンカー・ジャパン

「Soundcore Frames Landmark」開封の儀|同梱物の確認

では、「Soundcore Frames Landmark」が届いたところから紹介していきます。

Soundcore Frames Landmark

こちらが「Soundcore Frames Landmark」のパッケージです。

毎度のことながら美しいパッケージデザインになっていますので、贈り物にも適しています。

Soundcore Frames Landmark

フレームに関しては、独自のOpenSurroundオーディオシステムを採用。

耳の周りに設置した4つのスピーカーとカスタムオーディオプロセッサーが、どのように音を楽しませてくれるのか?楽しみです。

Soundcore Frames Landmark

フタを開けてみると、「Soundcore Frames Landmark」が登場しました。

ちなみにですが、PCメガネタイプとして「Soundcore Frames Cafe」という商品もありますので、気になった方はあわせてチェックしてみてください。

Soundcore Frames Landmark

中に入っていたものを並べて撮影。

パッケージ内容
  • フレーム(Soundcore Frames Landmark)
  • オーディオテンプル
  • トラベルケース
  • 磁気充電ケーブル
  • クリーニングクロス
  • クイックスタートガイド
  • 安全マニュアル
  • 最大24ヶ月保証
Soundcore Frames Landmark

ケースを開けてみると、クイックスタートガイドや安全マニュアルが入っていました。

Soundcore Frames Landmark

こちらは磁気充電ケーブル。

ちょっと特殊な充電ケーブルになっていますので、なくさないように注意しましょう。

Soundcore Frames Landmark

もう一つのケースには「Soundcore Frames Landmark」専用のトラベルケースがはいっていました。

後ほど使い方を紹介します。

Soundcore Frames Landmark

そして、フレーム(Soundcore Frames Landmark)です。

Soundcore Frames Landmark

あとから気が付いたのですが、こちらのフレームの下に「クリーニングクロス」が入っていました!

あれ?入ってない!!と思ったら、フレームの下を探してみてください。

フレーム(Soundcore Frames Landmark)

フレームのデザインは、いい感じです。

フレーム幅は約137mm、ブリッジ幅約20mm。

フレーム(Soundcore Frames Landmark)

レンズの横幅は約48mmとなっています。

普段使用しているサングラスと比較すると、縦長なイメージですが、着用してみるとファッション性が高いです。

フレーム(Soundcore Frames Landmark)

下部から撮影。

Soundcore Frames Landmark

そして、オーディオテンプルです。

Soundcore Frames Landmark

長さは約140mmで、フレームからテンプルの先端までの長さは約170mmとなっています。

Soundcore Frames Landmark

オーディオテンプル (ロゴの部分) は、タップすることによって音楽の再生や停止などを行えます。

その下に見えているのは充電用の端子と、マイクです。

Soundcore Frames Landmark

こちらがスピーカー。

左右に2つずつ(合計4つ)のスピーカーをテンプルに搭載しており、耳を塞いでいないのに臨場感あふれる音楽体験を楽しめます。

Soundcore Frames Landmark

組み立て〜セットアップは非常に簡単でした!

Soundcore Frames Landmark

オーディオテンプル(つるの部分)をフレーム両サイドの所定の位置に押し込み、しっかりと取り付けるのみです。

Soundcore Frames Landmark

特に間違えることはないと思いますが、力を入れ過ぎないように気を付けましょう。

Soundcore Frames Landmark

完成後の「Soundcore Frames Landmark」は、普通にオシャレなサングラスです。

Soundcore Frames Landmark

というわけでセットアップを開始。

本製品に磁気充電ケーブルを接続して、Soundcore Frames Landmarkを充電します。

接続されると、充電ケーブルのLEDインジケーターが緑色に点灯。

1分間待ってから、本製品を装着します。

Soundcore Frames Landmark

Soundcore Frames Landmarkは装着すると自動的に電源が入り、Bluetoothペアリングモードになるので接続を開始。

電源がオンにならない場合には、テンプルの湾曲部分を起動音が聞こえるまで同時にタッチすることによって、手動で電源をオンに出来ます。

電源をオフにするには、Soundcore Frames Landmarkを外すのみです。※2分後にオフになります。

製品仕様
  • 再生可能時間:最大5.5時間
  • 充電方式:磁気充電ケーブル(本製品に付属)
  • 充電時間:約1時間
  • 重さ:約45g(フレーム、オーディオテンプル合計)
  • 防水規格:IPX4
  • 通信方式:Bluetooth 5.2
  • Bluetoothプロファイル:A2DP, AVRCP, HFP
  • 対応コーデック:SBC / AAC

音質

Soundcore Frames Landmark

まずは「Soundcore Frames Landmark」の音質ですが、こちらは思っていたよりも良いです。

さすが「Soundcoreシリーズ」と言う感じで、耳の周りに設置した4つのスピーカーとカスタムオーディオプロセッサーは、バランスの良い音を楽しめます。

耳の周りに搭載したスピーカーから音が流れることもありまして、音漏れを完全に防ぐことは出来ないんですけど、聞き取りにくさがありません。

また、Soundcoreアプリを使ってイコライザーをカスタマイズすることも可能なので、高音・低音など、音に関しても自分好みに調整出来ます。

※骨伝導式ではありません

音声通話

Soundcore Frames Landmark

音声通話機能についても、快適そのもの。

通話が開始されるとプライバシーモードが自動で起動し、外に聞こえ漏れやすい高周波、低周波の音を弱めてくれるということで、スムーズな会話を楽しめます。

音声通話をテストしてみた相手からも、クリアに声が届いていたと評価をいただきました。

機能面

Soundcore Frames Landmark

オーディオサングラスが満充電の状態であれば、最大で5.5時間の音楽再生が可能。※10分間の充電で約1.5時間の音楽再生が可能

オーディオテンプル(つるの部分)をタップすることで、音楽の再生/停止/曲送り/曲戻り、電話の応答/終了を簡単に操作できるなど、基本性能も充実。

一般的なワイヤレスイヤホンに出来ることは、「Soundcore Frames Landmark」でも可能になっている印象です。

また、サングラスの性能としても、紫外線A/B波を最大99%ブロックしてくれますので、アウトドアでも大活躍。

スピーカーを搭載していることもあり、屋外の雨は怖いな・・・と思ったのですが、そこはIPX4の防水規格に対応しています。

デザイン・ファッション性

Soundcore Frames Landmark

スピーカーを搭載するテンプル(つる)が太すぎないこともあり、ファッション性も高いです。

普段「極太の黒縁メガネ」をしているからでしょうか、まったく違和感がありません。

ちなみに、サングラスの性能としても偏光レンズ採用していることもありまして、強い日差しの中での、オシャレアイテムとしても使えます。

収納面

Soundcore Frames Landmark

サングラスの収納に関しては、こちらの専用ケースを使用。

Soundcore Frames Landmark

簡単には押しつぶされない、フレーム・テンプルをしっかりと守ってくれるケースになっていますので、カバンの中に気軽に入れておけます。

Soundcore Frames Landmark

サングラスを着用し、ケースが必要なくなったら薄型に変化。

胸ポケットにスルッと入れておくことが出来ます。

まとめ

フレーム(Soundcore Frames Landmark)

疲れにくい軽量設計。

耳を塞がない音楽体験は新鮮そのものでした。

Soundcore Frames Landmark

個人的にサングラスはあまり使わない人ではあるんですが、せっかくなので外出先で使い倒したいと思いますw

何気なく自分だけ音楽を楽しみながらバーベキューをする・・・なんて体験も面白そうですからね。

この夏は、オーディオグラスのブームがやってきそうな気がします!

そんな「Soundcore Frames Landmark」の詳細は販売ページをお確かめください。

提供:アンカー・ジャパン

 

<SPONSORED LINK>


Anker「Soundcore Frames Landmark」をレビュー
MONO SELECTION
私が「お気に入り」として使っている、もしくは使ったことがある「モノやサービス」を「MONOセレクト」として厳選して紹介中です!
まずはこちらの記事をご覧になってみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

ブログを活用した集客を得意としているクリエイターです。名古屋とスタバとサッカーとイラストを愛してます。ガジェット系の記事を中心に、見てくれた人が「欲しい」と思うもの、役に立つものを記事にしてアップ中。日本ダイエット健康協会認定のダイエット検定1級の資格を持っていますので、痩せる系の記事も必見ですよ。