CHE-626レビュー!つけている事を忘れる軽さと音が最高でした!

CHE-626レビュー
<SPONSORED LINK>


困る人
ワイヤレスイヤホンを探しているけど、装着していて耳が痛くなるモデルは使いたくない。

せっかくなら音がいいイヤホンが欲しいなぁ。

cheero「CHE-6261」

そんな事を感じてる方にオススメのワイヤレスイヤホンが、cheeroさんより「CHE-626」として新発売!

見た目にもコンパクトで可愛らしいモデルとなっているのですが、発売にあわせてサンプルを提供していただきましたので、今回も全力でレビューを紹介します!!

wako
実際に1週間ほど毎日5時間程度装着しました!

音の良さ、つけ心地、充電のしやすさ等を確かめてみた感想を正直にお伝えしていきます!

提供:ティ・アール・エイ株式会社

cheeroイヤホン【CHE-626】レビュー

cheero「CHE-6261」

早速ですが、cheeroのワイヤレスイヤホン「CHE-626」を使ってみた感想からお伝えします。

音質は良い!

cheero「CHE-6261」

ワイヤレスイヤホンにとって最も肝心な音に関しては、めちゃめちゃイイ

遮音性はそれほど高くはありませんが、音楽を楽しむには十分すぎます。

どちらかと言うと高音をクリアに出してくれるイヤホンになっているので、ボーカルの声がしっかりと聴きたいユーザーにオススメかも。

逆に低音は少し苦手なのか、ドスン!という音は奏でてくれない印象です。

コーデックはSBSC・AACとなっており、僕は主にiPhoneとつないで音楽を楽しんでいましたけど、遅延も少なく、キレイに音を感じることができました。

この価格帯では十分すぎる音質に驚いてしまいましたね。

見た目・デザイン性は良い!

cheero「CHE-6261」

見た目は非常にコンパクトで、美しいデザインです。

真っ白なボディが高級感を演出していますので、耳に装着した状態でも美しい。

cheero「CHE-6261」

イヤホンケース自体もコンパクトでシンプルなものとなっていますので、かばんの中に入れておいてもじゃまにならず、むしろテンションがあがります。

もちろんですが、男性女性問わず装着できるデザインですよ。

長時間使用でも耳が痛くならない!

cheero「CHE-6261」

イヤホン本体は最大で5時間連続再生が可能です。

そのため、5時間連続再生を約一週間続けてみたんですが、耳が痛くなることがありませんでした。

理由はヘッドホンよりも装着感が少ないし、カナル型のイヤホンよりも耳を塞ぐこともないので、耳が痛くならないのです。

逆に言えば、弱点は遮音性が少ないことで、周りで子供が騒いでいたりすると「聞こえてしまう」ので集中が途切れてしまうことがありますが、このあたりは個人差があると思います。

片側だけの使用も出来るので、仮に耳が痛くなったとしても付け替えもできるから安心ですよ。

基本的な性能は◎

基本的な性能としては、ワイヤレスイヤホンとして欲している大抵の機能を搭載しています。

  • イヤホンケースでの自動充電
  • 取り出した際の自動電源ON
  • マルチファンクションエリアでの簡単操作
  • 防水等級IPX5

など、この価格で販売されていることを考えると、コスパは高いと思います。

cheeroイヤホン【CHE-626】開封の儀

それでは、cheeroのワイヤレスイヤホン「CHE-626」を開封していきます。

cheero「CHE-6261」

こちらがCHE-626のパッケージです。

cheero「CHE-6261」

見開きになっている部分を開いてみると簡単な商品説明と、CHE-626本体が登場しました。

cheero「CHE-6261」 cheero「CHE-6261」

商品の仕様です。

cheero「CHE-6261」

中に入っていたものを全て取り出して撮影しました。

取扱説明書はもちろん日本語です。

cheero「CHE-6261」

こちらがイヤホンケース。

イヤホンを含めた重量はわずか37g。大きさはちょっと大きめの消しゴムくらいな感じです。

cheero「CHE-6261」

イヤホンケース正面には充電状況などを知らせてくれるLEDとcheeroのロゴマーク。

cheero「CHE-6261」

背面には充電用のUSB-typeCポートと電源ボタンがついています。

cheero「CHE-6261」

蓋を開けると、そこはイヤホンを充電する場所です。イヤホンを近くまでもっていくと、自動的にカチャッとはまります。

cheero「CHE-6261」

ケーブルはUSB typeCのケーブルですが、25cmくらいの長さとなっています。

cheero「CHE-6261」

イヤホンとケースを並べてみました。

cheero「CHE-6261」

見た目からは伝わりにくいですが、上からバランスポート、マルチファンクションエリア(操作が出来る場所)、マルチインジケーターとなっています。

このマルチファンクションエリアを触ることで、音楽をストップさせたり、再生させたりすることが出来ます。

cheero「CHE-6261」

こちらが内側です。

音声出力ポートは小さいのですが驚くほど音はキレイです。充電端子、マイクは下の部分になっています。

cheero「CHE-6261」

こちらがイヤホンケースにイヤホン本体を充電している様子です。

cheero「CHE-6261」

イヤホン本体はわずか8g。つけていることを忘れてしまうレベルです。

実際に装着し続けてみた感想「つけていることを忘れてしまう」

cheero「CHE-6261」

買い物に行く際につけっぱなしででかけてみましたが「落ちそうになったこと」は一度もありませんでした。

ワイヤレスイヤホンの弱点は「落下による故障」なんですが、cheeroのワイヤレスイヤホン「CHE-626」はその心配は少ないのかも。

また、密閉性は少ないのですが、外出先で外の音が気になったこともありません。

スターバックスで音楽を聞きながら作業をしてみましたけど、隣で周りの迷惑を考えずにバカでかい声で話すオバサンたちの声も完無視できました。

まとめ

cheero「CHE-6261」

ウェアラブルスピーカーが自宅にいるときには最高のスピーカーだと個人的には感じていますが、常に装着するのは難しいし、外に持ち出すのはかなり厳しい。

ヘッドホンだと、見た目的にも外で使用するのは難しい。

そんな事を感じたことがある方に、ワイヤレスイヤホンはオススメなんですが、今回紹介しているcheeroの「CHE-626」は、ワイヤレスイヤホンの中でもかなりオススメのモデルとなりました。

つけていることを忘れてしまうような軽さ、音の良さ、コスパの高さを求めている方は、ぜひ詳細を販売ページよりお確かめください。

提供:ティ・アール・エイ株式会社

<SPONSORED LINK>


CHE-626レビュー
MONO SELECTION
僕が「お気に入り」として使っている、もしくは使ったことがある「モノやサービス」を「MONOセレクト」として厳選して紹介中です!
まずはこちらの記事をご覧になってみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

WAKO

ブログを活用した集客を得意としているクリエイターです。名古屋とスタバとサッカーとイラストを愛してます。ガジェット系の記事を中心に、見てくれた人が「欲しい」と思うもの、役に立つものを記事にしてアップ中。日本ダイエット健康協会認定のダイエット検定1級の資格を持っていますので、痩せる系の記事も必見ですよ。