Amazonのインスタント・ビデオを初めて使ってみた!クーポンの使い方も紹介!

Amazonインスタント・ビデオ
<SPONSORED LINK>


Amazonで買物をする事が多いからなのでしょうか?いつのまにかAmazonのインスタント・ビデオというオンラインビデオレンタルのAmazonのクーポンが400円分貯まっていたので、せっかくだから使ってみました。クーポンの使い方に戸惑ってしまった部分もあったから、備忘録も含めて更新します!

Amazonインスタント・ビデオとは?

Amazonインスタント・ビデオ

Amazonのインスタント・ビデオとは、

最近テレビCMも流れているので知っている方も多いかと思いますが、

レンタルビデオショップに足を運ぶ事もなく、

ネット上からビデオをレンタルできちゃう

Amazonが提供しているサービスのことです。

 

と言っても、僕も使った事がなかったので、

どういう仕組みなのかイマイチわかってなかったですけどね(笑)

んで、丁度レオナルドディカプリオが主演のインセプションを見たかったから、

貯まっていた400ポイントのAmazonクーポンを使って

初めてレンタルを行なってみたんで紹介させてもらいます。

 

クーポンの使用について

とりあえず、Amazonのインスタント・ビデオから

インセプションの吹き替えを探してみると、

  • HD(高画質)¥400-
  • SD(標準画質¥300-
  • HD(高画質)¥2000-
  • SD(標準画質)¥1000-

 

の4種類がインスタントビデオとして販売されていました。

Amazonインスタント・ビデオの種類

僕はパソコンで見るつもりだったので、

そんなに高画質でなくても良いし、

クーポンが¥400分だったので、

HD(高画質)の¥400-のものを選択することにしました。

 

そして・・・、ここからちょっと悩んだのが、

もっているAmazonクーポンはどこで使えば良いのかわからない!と言う事でした。

 

ギフト券・クーポンは注文前にこちらで入力してください!と

書かれた部分をクリックしてみると、

自分が保有しているAmazonクーポンの残高はわかるのですが、

今回の注文に使いたいと思ったときに

どうすれば良いかわからなかったのです。

 

Amazonインスタント・ビデオのクーポン

 

仕方なく、ネットで検索してみても・・・

探し方が悪かったのかちゃんとした回答も見つけられなかったので、

もういい!「おりゃー!」と勢いで

1-Clickでレンタルという少々恐ろしいボタンを押しました。

 

すると、自動的にAmazonクーポンが適応されていたようで、

クーポン残高は0円になり、

Amazon.co.jp ご注文の確認のメールの中には、

 

商品の小計: ¥ 400
プロモーション: -¥ 400
注文合計: ¥ 0

として合計金額は0円となっていました。ほっ・・・

 

っていうか、自動的に反映されるならされると

もっとわかりやすい場所に書いておいて欲しいのと、

1-Clickでレンタル!とかは辞めて欲しいですな。

 

レンタルの期限について

Amazonインスタント・ビデオのレンタル期限

 

なお、Amazonインスタント・ビデオのレンタルの期限は30日間のようで、

本日レンタルしたので2014/12/30までと表示されていますので、

あとは好きな時間に見れば良いだけですし、

返却しにいかなくてもいいから便利ですね。

 

とりあえず、インセプションをまだ見ていないので、

Amazonのインスタント・ビデオを見た感想はお伝えできませんが、

パソコンで映した画面をテレビに投影する

グーグルクロームを使ってみる方法なども

試してみようと思っていますので、

また後日更新をしたいと思います。

 

それでは!

 

 

 

<SPONSORED LINK>


Amazonインスタント・ビデオ
MONO SELECTION
僕が「お気に入り」として使っている、もしくは使ったことがある「モノやサービス」を「MONOセレクト2019」として厳選して紹介中です! まずはこちらの記事をご覧になってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

WAKO

ブログを活用した集客を得意としているクリエイターです。名古屋とスタバとサッカーとイラストを愛してます。ガジェット系の記事を中心に、見てくれた人が「欲しい」と思うもの、役に立つものを記事にしてアップ中。日本ダイエット健康協会認定のダイエット検定1級の資格を持っていますので、痩せる系の記事も必見ですよ。