EVERNOTEでノートを作成・編集する方法と文字の装飾について

EVERNOTEノートの作成
<SPONSORED LINK>


EVERNOTEのアカウントを取得したら、まず始めにやっておきたいのが「ノートの作成」です。こちらの記事ではEVERNOTEで新規でノートを作成する方法を紹介します。


ノートを作成する方法

当記事はWindowsのWeb版にログインした状態での使用方法となりますので、予めご了承ください。

それでは、まずはEVERNOTEにログインします。
EVERNOTE
 

登録が済んでいないようなら、こちらの記事を参考にアカウントを取得してください。参考:EVERNOTEのアカウント登録方法は1分で完了!

 

続いて、画面上部にある、「新規ノート」をクリックします。

 

EVERNOTEノートの作成
 

続いて、下図を参考に、「ノートのタイトル」と「メモをしておきたい情報」を入力していきます。

 

EVERNOTE
 

EVERNOTEを使った事がない方には、違和感があるかもしれませんが、書き込んだ内容については自動的に保存される仕組みになっていますので、オフィス系のソフトを使っているときのようにコントロール+Sのようなショートカットコマンドは必要ありません。

このような手順でノートを新規で作成すると、「該当するノートブック」の数字が1つ増えることになります。これで新規ノートが作成されました。

 

EVERNOTEの新規ノート
 

あとは、ノートブック内で見たいノートのサムネイルをクリックすれば、以前メモをしておいた情報を直ぐに取り出すことができるようになります。

当たり前のことにはなりますが、編集をする場合にも、同様の手順でメモを探し、あとは入力画面内で編集を行っていただく形です。

 

ノートリスト
 

文字の装飾に関しては、ワードなんかで使える機能と、ほとんど変わりのないものが使えます。

  • フォントの変更
  • フォントのサイズ変更
  • 色の変更
  • 太字・斜体・下線・その他
  • 左寄せ・右寄せ・中央
  • 箇条書き
  • チェックボックス
  • テーブル
  • 横線
  • リンク
などが使えます。下図を見てもらったほうがわかりやすいとは思います。

 

ノートの編集
 

まとめ

以上が、EVERNOTEで新規ノートを作成する方法となります。

こういった形でどんどんノートを追加していけば、いつどこにいても、必要な情報が取り出せるようにはなるのですが、このままルールを決めずにノートを作りまくってしまうと、あとから探し出すときに大変なことになってしまいます。

そこで次回は、EVERNOTEのノートを整理する方法を紹介したいと思います。既にEVERNOTEは使っているけど、検索でメモを探している・・・なんて方も参考になるかと思いますから、お楽しみに。



wakoでした。
 

<SPONSORED LINK>


EVERNOTEノートの作成
MONO SELECTION
僕が「お気に入り」として使っている、もしくは使ったことがある「モノやサービス」を「MONOセレクト2018」として厳選して紹介中です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

WAKO

ブログを活用した集客を得意としているクリエイターです。名古屋とスタバとサッカーとイラストを愛してます。ガジェット系の記事を中心に、見てくれた人が「欲しい」と思うもの、役に立つものを記事にしてアップ中。日本ダイエット健康協会認定のダイエット検定1級の資格を持っていますので、痩せる系の記事も必見ですよ。