EVERNOTEで複数のノートを統合、まとめるならマージを使う!

EVERNOTEマージ機能
<SPONSORED LINK>


EVERNOTEを活用して情報をアップしていると、1枚のノートにまとめたくなるようなデータも出てくるかと思います。そこで、今日はEVERNOTEの複数のノートをまとめる方法として「マージ」について紹介します。


EVERNOTEのマージとは?

マージとは何か?と言えば、EVERNOTEで複数のノートを統合するための機能のことで、ノートをまとめるために1枚1枚チェックしながら、コピーアンドペーストをしなくても簡単に統合することが出来るのです。

マージの方法はとても簡単です。

まずは、EVERNOTEにサインインしていただきます。

当記事では、Windows環境でGoogleクロームをお使いの方向けの設定方法を紹介します。

続いて、統合したい記事を【ctrlキー】を押しながら、統合したいノートをクリックします。

 

EVERNOTEマージ機能
 

すると、以下のような画面になるかと思いますので、「マージ」を選択します。

なお、この画面の状態で「メール」をクリックすれば、「Web版EVERNOTEにて、ノートを印刷・メール送信する方法」でも紹介したように、メモをメールで送ることも出来ます

 

EVERNOTEマージ機能
 

すると、2枚のノートだった情報が、1つにまとまりました。

今回は、「EVERNOTEでノートをまとめる技1」を先に【ctrlキー】を押しながらクリックをしましたので、「1」に「2」の情報が統合されたことになります。

下図の「EVERNOTEでノートをまとめる技2」と書かれて、背景がグレーになっている部分は、もともとのノートのタイトルの部分となりますので、見分けがつきます。

 

EVERNOTEマージ
 

僕がマージを利用するのは、毎日の仕事の進捗情報をいれたおいたデータを統合して、お客様に提出する際に使ったりします。

見た目はあまりよくはありませんので、エクセルなどの資料を添付していますが、自分も「いつ何をやったのか?」をさかのぼることが出来ますので、大変便利です。

 

マージしたノートを元に戻す方法

ちなみに、マージしたノートに関して、元に戻したい!ということもあると思いますので、その方法も紹介しておきます。

ただ、原則として一度マージしたノートは再び分解することは出来ませんので、統合前のデータを復元させるという方法で元に戻します。

実はマージしたノートの元データは「EVERNOTEのゴミ箱」の中に自動的に移動していますので、そのゴミ箱の中に入っているデータを復元させればマージする前の情報に戻すことが出来るわけですね。

 

では、実際に先ほど統合したデータがゴミ箱に入っているか見てみます。

 

マージしたメモを復元
 

上図を見ていただいてもわかりますが、先ほど統合したデータがゴミ箱の中に入っています。

あとは戻したいと思うノートを右クリックして、「ノートを復元」を選んでいただければ復元は完了です。

 

以上がEVERNOTEで複数のノートをまとめる際に使う、マージの説明となります。

 


wakoでした。


 

<SPONSORED LINK>


EVERNOTEマージ機能
MONO SELECTION
僕が「お気に入り」として使っている、もしくは使ったことがある「モノやサービス」を「MONOセレクト2018」として厳選して紹介中です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

WAKO

ブログを活用した集客を得意としているクリエイターです。名古屋とスタバとサッカーとイラストを愛してます。ガジェット系の記事を中心に、見てくれた人が「欲しい」と思うもの、役に立つものを記事にしてアップ中。日本ダイエット健康協会認定のダイエット検定1級の資格を持っていますので、痩せる系の記事も必見ですよ。