Eufy Genieレビュー!コスパ最強!Alexa搭載のスマートスピーカーで驚きの5千円以下!!

Eufy Genie
<SPONSORED LINK>


Ankerさんが、またまたやってくれました。

僕の生活には、もはや無くてはならない存在となったスマートスピーカーの中では後発組となりますが、Amazon Alexaを搭載したEufy Genie(ユーフィー・ジニー)を、驚きの4,980円で2017年の12月より発売を開始したのです。

Eufy Genie(ユーフィー・ジニー)

あれ?Amazon Echo Dot(5,980円)よりも安いじゃないか!?という疑問を持ちつつも、低価格で高品質なスピーカーを展開してきたAnkerさんだからこそ出来た、スペックにも、コスパにも優れたスマートスピーカーなんだろうなぁと思っておりました。

そんな「Eufy Genie」が販売を開始してから数ヶ月、ありがたいことにモニターとして一台送っていただけることになりましたので、口コミレビューを紹介!このEufy Genieは、Amazonプライム会員の方であれば、初めてのスマートスピーカーとして購入しても損はないものになっていると思います。

低価格帯のスマートスピーカーとして有名なグーグルホームミニと比較しても、Eufy Genieは約1,500円もお値打ちな低価格モデル。果たして、その実力とは?

 

Eufy Genieの良いところ、まずは音質。

Eufy Genie(ユーフィー・ジニー)

Eufy Genieを使い始めて直ぐに感じた良いところは、音質が良いという点です。※2W出力

Amazon Echo Dotを使っていた頃には、音質が良いとは思わなくて、他のスピーカーとBluetooth接続をするような形で使っていたのですが、Eufy Genieはそのまま使わせてもらっています。

低音がバスンバスンと響くような「ものすごく良い音質!」と言うわけではないんですが、このサイズとコスパを考えたら、スマートスピーカーとしては十分な音質。

僕は日々、Amazonプライムミュージックで音楽を楽しませてもらっていますけど、「音が悪いなー」と感じたことはありません。

有線接続でスピーカー接続も可能

Eufy Genieを有線接続

なお、Eufy Genieは有線ケーブルを使うことによって、お気に入りのスピーカーへの接続も可能です。

なので、もし仮に「音質」には徹底的にこだわりたい!という方であれば、上の写真のように有線ケーブルを活用してみるのも一つの方法かと思います。

ちなみに有線接続をテストしてみたのは、低音がめちゃめちゃ良い感じで響く「Anker SoundCore Boost」。あわせてチェックしてみてください。

Anker SoundCore Boost

低音強化!Anker SoundCore Boostのレビュー

2017年6月13日

マイクの感度、Alexaの反応が良い

これは正直いうと、驚いたことだったのですがAlexaの性能が上がっているように感じました。

以前使っていたAmazon Echo Dotでは、「なんで聞き取ってくれないの?」と思うようなことが結構あって困っていたのですが、Eufy Genieを使い始めてからは何の不備もないのです。

Eufy Genie

Eufy Genieのマイクは、本体上の両サイドに空いている小さな穴。マイクの感度が良く、僕の声をしっかりと拾ってくれているのか、Alexaの性能が上がったからなのかはわからないところもありますけど、非常に使い勝手が上がった印象です。

現在、自分のメインスペースから1mくらいのところにEufy Genieを置いているのですが、普通に話しかけるくらいの声のボリュームで十分に反応してくれるのは本当にありがたい限り。

Bluetooth接続は出来ません

Eufy Genie

Eufy Genieに欠点はないのか?と思い、色々と考えてみましたが・・・低価格帯のスマートスピーカーとしては十分すぎると思います。

でも、あえて欠点をあげるとすればBluetooth接続ができないといったところ。スマホに入っている音楽を、Bluetoothスピーカーとして、そのまま流すことが出来ないのです。

ただ、この機能をつけたことによって価格が上がるとするならば、個人的には必要ないと思っていますので、やはり・・・欠点はないのかと思っています。

Eufy Genieが届いた!開封レビュー

では、Eufy Genieが届いたところからお伝えしていきます。

Eufy Genieのパッケージ

パッケージに関しては、いつものAnkerの力強いデザインとは違い、柔らかい印象となっています。

Eufy Genieのパッケージ

最初の初期設定などは、全てアプリを活用して行う流れです。

Eufy Genie

蓋を開けてみるとEufy Genieが登場しました。Amazon Echo Dotと似たような形状ですが、少し丸みがある印象があります。

Eufy Genieの付属品

Eufy Genieの付属品は以下のとおりです。

Eufy Genieの付属品
  • Eufy Genie本体
  • 電源アダプター
  • 取扱説明書
  • 安全保証書
  • 3.5mmのAUXケーブル

途中で紹介しましたが、お気に入りのスピーカーへの接続用の有線ケーブルも付属品として入っているところもありがたい配慮です。

Eufy Genieの説明書

取扱説明書に関しては、当然のことながら日本語対応。

Eufy Genieの説明書

こちらが外部スピーカーへの接続方法です。外部スピーカーとの距離をできるだけ離すのがポイントのようですね。

Eufy Genieの重さ

一応本体の重さを計ってみたところ、177gと表示されました。サイズは約90 x 90 x 48.5mmなので、非常にコンパクトです。

初期設定はアプリの指示に従うだけ

さて、そんなEufy Genie(ユーフィー・ジニー)ですが、最初の初期設定に関してはアプリをダウンロードするところから始まります。

Eufy Genie(ユーフィー・ジニー)

あとは、アプリの指示に従って設定をしていけば、5分もあれば完了。

Eufy Genie(ユーフィー・ジニー)

例えば、こんな感じの指示が出ますので・・・・

Eufy Genie(ユーフィー・ジニー)

実際にオレンジ色のリングライトが点灯するまで待って次へ進む・・・みたいな流れです。

Eufy Genie(ユーフィー・ジニー)

最後まで設定を完了させたら、あとはAlexaの使い方をマスターして、生活を便利なものに変えていくだけとなります。

ガジェットブロガー的まとめ

Eufy Genie

僕は過去に、Amazon Echo Dotを使っていました。

そして・・・、色々とあって使わなくなってしまったので、Amazon Alexaを搭載したスマートスピーカーはもうこりごりだと思っていました。

でも、どうやらアップデートを繰り返して、Amazon Alexaもめちゃめちゃ使えるスマートスピーカーに進化していたんですね。

Eufy Genie(ユーフィー・ジニー)

そして、そのAmazon Alexaを搭載したスマートスピーカーをAnkerさんが開発したとなれば、音質・品質も悪いわけはないということです。

Amazonプライム会員の方で、スマートスピーカーを探している。そんな貴方にEufy Genieは個人的には大変オススメしたいモデルになっていましたよ。

詳細は販売ページにて詳しく御覧ください。

 

 

<SPONSORED LINK>


Eufy Genie
MONO SELECTION
僕が「お気に入り」として使っている、もしくは使ったことがある「モノやサービス」を「MONOセレクト2019」として厳選して紹介中です! まずはこちらの記事をご覧になってみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

WAKO

ブログを活用した集客を得意としているクリエイターです。名古屋とスタバとサッカーとイラストを愛してます。ガジェット系の記事を中心に、見てくれた人が「欲しい」と思うもの、役に立つものを記事にしてアップ中。日本ダイエット健康協会認定のダイエット検定1級の資格を持っていますので、痩せる系の記事も必見ですよ。