ロボット掃除機「RoboVac30C」のレビューと、超おすすめな理由

RoboVac30C
<SPONSORED LINK>


アプリに対応したロボット掃除機「RoboVac30C」が、Ankerの手がける家電ブランドEufyより2018年11月30日に新発売となりました。

超薄型のボディでありながらもパワフルな吸引力(1500Pa)を持つ「RoboVac30C」は、アプリで設定しておくことで、毎日決まった時間に勝手に掃除を開始して、勝手に充電ステーションに戻ってくれる優れもの。

RoboVac30C本体

そんな「RoboVac30C」をモニターさせていただきましたので、我が家のメイン掃除機として使ってみた感想を、良いところも悪いところも正直にお伝えしていきます。

ロボット掃除機=高価な掃除機 という印象がありますが、「RoboVac30C」は驚きの3万円台。

某有名なロボット掃除機メーカーと比べると安価な価格帯で購入することが出来る製品となっていますが、果たして「ちゃんと役に立つ掃除機」として使えるでしょうか?

こう見えて潔癖症な僕が、気になるところをしっかりとチェックしていきたいと思います。

「RoboVac30C」開封!製品の詳細をチェック!

まずは、Eufyというブランドを知らない方の為に「RoboVac30C」を開封するところからお伝えしていきます。

製品の品質についてチェックしてみてください。

eufy RoboVac30Cのパッケージ

こちらがRoboVac30Cのパッケージとなります。

eufy RoboVac30Cの中身

蓋を開けてみると、かなりしっかりとした梱包にてロボット掃除機RoboVac30Cが収納されていました。

eufy RoboVac30Cの中身

取扱説明書+クイックスタートガイドがついていましたので、まずはこちらをチェックするところから設定を始めて行きます。

eufy RoboVac30Cのクイックスタートガイド

クイックスタートガイドをチェックしてみると、まずはサイドブラシを2つ取り付けて、電源をONにするといったことが書かれています。

eufy RoboVac30Cのクイックスタートガイド

あとは、充電ステーションとアプリをセットすれば準備完了となります。

僕はiPhone8を使っていますので、アプリはApp Storeで検索してインストールしました。

続いて、中身をチェックしていきます。

eufy RoboVac30Cのリモコン

こちらはリモコンとなります。

今回のロボット掃除機「RoboVac30C」は、アプリでの操作も可能なのですが、当然のことながらリモコンも付属されています。

eufy RoboVac30Cのリモコン

単四電池2本で操作が出来ますが、こちらもセット商品としてついてきます。

RoboVac30C

RoboVac30Cを取り出してみると、箱の中はこんな感じになりました。

整理整頓されて梱包されているかどうか?については、信頼できるメーカーであるかどうか?にもつながるので、結構大切なチェックポイントなんですけど、これは満足点ですね。

RoboVac30C本体

RoboVac30C本体

RoboVac30C本体の写真がこちらです。

光沢のあるブラックボディにゴールドラインは、高級感があります。

仕様
  • サイズ:約 325 x 325 x 72 mm
  • 消費電力:40W
  • 掃除時間:最大100分(標準の吸引力モード使用時)
RoboVac30C裏側

裏側を見てみると、こんな感じです。

では、クイックスタートガイドでも紹介されていましたが、まずはサイドブラシを取り付けてみます。

eufy RoboVac30Cのサイドブラシ

こちらがサイドブラシです。

eufy RoboVac30Cのサイドブラシ

本体の先端にサイドブラシが2つ取り付けられていることで、ゴミをしっかりとかきこんでくれます。

RoboVac30C本体

続いて、RoboVac30C上面・側面についてチェック。

RoboVac30C本体

自動モード開始・停止ボタン、Wi-fiスタータスライトがありますが、電源ボタンを押すだけでも、掃除を開始してくれます。

RoboVac30C本体

なお、電源をONにすることで、自動モード開始・停止ボタンが青色に光って、現在の状態を知ることが出来るようになっています。

RoboVac30C本体

eufyのロゴマークは、上面にシンプルにデザイン。

RoboVac30C本体のサイドブラシ

サイドブラシは本体から5cm程度飛び出しているような状態で、回転しながらゴミやほこりを掻き込みます。

 

充電ステーション

RoboVac30Cの充電ステーション

こちらが充電ステーションとなっており、コンセントを差し込んでおくことで、ロボット掃除機「RoboVac30C」は自動的にステーションに帰ってきて、充電を開始します。

RoboVac30Cの充電ステーション

設置エリアは、こちらを参考にします。

狭いエリアにステーションを置いてしまうと充電できずにフラフラとしてしまうケースもありますので、なるべく戻りやすいスペースに充電ステーションを置いてあげることが重要です。

RoboVac30Cの充電ステーション

こちらの先端端子がRoboVac30Cと接触することによって充電が開始されます。

RoboVac30Cの充電ステーション

裏側には充電コードの収納部分がありますので、コードがバラバラになってしまうことも少ないのもうれしいポイントですね。

その他付属品

RoboVac30Cのパッケージ内容

その他のパッケージ内容としては、上の写真の通り。

ちゃんと替えのブラシやフィルターがついているのもありがたいですね。

パッケージ内容
  • RoboVac30C
  • 充電ステーション
  • リモコン電池2本付き
  • 電源アダプター
  • 清掃ツール
  • サイドブラシ4個
  • 交換用高性能フィルター
  • 交換用フォームフィルター
  • ケーブル結束バンド5本
  • 境界線テープ長さ2メートル
  • 粘着テープ4枚
  • 取扱説明書

RoboVac30Cの裏側

RoboVac30Cの裏側

続いて、ロボット掃除機「RoboVac30C」の裏側をしっかりと見ていきます。

RoboVac30Cの回転ブラシ

ゴミやホコリを吸引する吸引口と回転ブラシは、こちらになっており、吸引力とブラシの力によって自動的に部屋を綺麗にしてくれる設計です。

RoboVac30Cの車輪

車輪はこちら。

RoboVac30Cの車輪

結構大きめの車輪が取り付けられているんですが、バネがしっかりとしていますので、ちょっとした段差は難なく上っていきます。

RoboVac30Cのセンサー

先端端子・落下防止センサー、ホールセンサーは先端部分についています。

ここがしっかりと設計していないと、段差を無視して落ちてしまったり、壁に勢いよくぶつかったりしますので、ロボット掃除機を購入する前には口コミなどをしっかりとチェックしたいところです。

RoboVac30Cのダスト容器

こちらは吸い込んだゴミやほこりを貯める0.6Lの大容量ダスト容器。

他のロボット掃除機のダスト容器もチェックしたことがあるのでわかりますが、結構大きめです。

RoboVac30Cのダスト容器

かぱっと開くことによって、吸引したゴミを捨てることが出来るようになります。

貯まったごみを捨てる作業については、割と簡単。

付属品のブラシを使えば、あっという間にキレイにできます。

RoboVac30Cのダスト容器

ダスト容器の上部には、高性能フィルターが装着済。

タイミングをみて交換用高性能フィルターに取り換えていくような形で使用していきます。

wako
それでは、ここからは気になる基本性能についてチェックしていきます!

「RoboVac30C」の性能チェック!

RoboVac30C本体

と言うわけで、RoboVac30Cを使ってみたいと思います。

RoboVac30C

電源をONにしてみると、青色に光りまして部屋の掃除を開始。

「ぎゅおーん!」と音を立てて、ブラシを回転させながらゴミやほこりを吸引していきます。

音に関しては、そこそこしますので、朝早くや夜中に使用するには正直言って厳しいくらいの音量です。※一般的なロボット掃除機の音量ですが

eufyアプリの設定

eufy 掃除のスケジュール画面

wako
騒音問題もありますので、特に集合住宅にお住まいの方は昼間に掃除機を使うのは当然のこと。でも、RoboVac30Cは自分が自宅にいない時間帯であってもアプリで設定をしておけば、昼間に自動的に掃除が出来るため、便利なのです!

吸引力については、かなり高い印象で、しばらく掃除をしていなかった部屋にて掃除を開始させてみると、かなりのゴミ・埃・髪の毛などがダストボックスに入っていました。

これくらいの吸引力があれば、この部屋の掃除はすべてお任せ!と言った感じで、家事の時短が出来ると思いますし、特に部屋の隅にたまってしまうゴミや埃に関してはきれいになっている印象です。

ロボット掃除機の弱点として、部屋の隅がキレイにならないといったものがあるかと思いますが、RoboVac30Cはその点は完全にクリア。

段差もセンサーによって落ちませんし、乗り上げてしまってストップしてしまうようなことも今のところありません。

付属品の境界線テープを使用することで、これ以上は入ってこないように!といったような設定も出来るため、掃除したいスペースの区別も可能です。

RoboVac30Cのダスト容器

現状はアプリを使用して、ある曜日・時間になったらロボット掃除機の電源が入るように設定してあるので、「勝手に部屋を掃除してステーションに帰っていく」の繰り返しとなっていますが、あとからダストケースをチェックしてみると結構なゴミが入っていて驚きます。

大容量でよかった!と、実感できるくらい・・・です。

我が家は大きな家ではないのですが、寝室からリビング、廊下にいたるまでを「RoboVac30C」を1台設置しているだけで、家中をピカピカにしてくれいます。

以前はロボット掃除機を起動させるために電源ボタンを押しにいったり、リモコンで電源をONにする必要がありましたが、今やアプリで操作する時代にはいりましたので、操作も楽ちん。

特に曜日と時間を指定して勝手に掃除をしておいてもらえるモードは使い始めたらやめられません。

スポットモード、エッジモード、クイックモード、マニュアルモードなど、様々な掃除の指示がボタン一つで出来るのもありがたく、ここの掃除を徹底的にやっておいてほしい!といった要望をクリアしてくれるのは、本当に素敵な機能です。

RoboVac30Cのオススメ度

RoboVac30C本体

実際にお届けいただいてから1週間程度使ってみて、こちらの口コミを書いておりますが、今のところ気になるのは「音」だけで、そのほかは3万円台で購入できるロボット掃除機としては、かなり優秀だと感じています。

しばらく使い続けてみて、感じた事、問題などがありましたらまた追記させてもらいますが、コスパの優れたロボット掃除機をお探しならRoboVac30Cはオススメです。

もっと安価なロボット掃除機も販売されていたりもする中で、RoboVac30Cを選ぶ理由としては、「企業の信頼(18ヶ月保証)」「性能の品質(バッテリーで有名なAnkerブランド)」といったところでしょうか。

安い買い物をして使い物にならないよりも、性能としても安心して購入できるEufyのロボット掃除機RoboVac30Cが気になった方は、詳細を確かめてみてください。

 

<SPONSORED LINK>


RoboVac30C
MONO SELECTION
僕が「お気に入り」として使っている、もしくは使ったことがある「モノやサービス」を「MONOセレクト2019」として厳選して紹介中です! まずはこちらの記事をご覧になってみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

WAKO

ブログを活用した集客を得意としているクリエイターです。名古屋とスタバとサッカーとイラストを愛してます。ガジェット系の記事を中心に、見てくれた人が「欲しい」と思うもの、役に立つものを記事にしてアップ中。日本ダイエット健康協会認定のダイエット検定1級の資格を持っていますので、痩せる系の記事も必見ですよ。