Westone B30レビュー!重低音に優れたワンランク上のイヤホンだった!

Westone IEM WST-B30
<SPONSORED LINK>


高級なイヤホンに興味があるけど、そんなに違いがあるの?イヤホンなんて、どれも一緒じゃないの?

ガジェットブログをやっていると、時々こんな質問をいただきます。

確かに一定金額を超えるようなイヤホンを使っていると、それほど違いを感じなかったりもするんですが、実はメーカーや製品のコンセプトによっては大きな違いを感じることもあるんです。

Westone IEM WST-B30

そんなことを感じていた僕が、「もしもアフィリエイト」さんが行っていた「レビュー募集」に応募してみたところ、大変ありがたいことに「Westone BシリーズのB30」に当選!

Westone B30」を提供していただいたのでレビューを紹介したいと思います。

高額なイヤホンについては家電量販店や製品発表会にてテスト的に使った事しかなかったので、しっかりと試してみるのが「とても楽しみ」だったのですが、逆に言えば「違いを感じて、それを伝えることができるのか?」については少々不安もありました。

Westone IEM WST-B30 フェースプレート

しかし、そんな不安は一切必要がなかったと思えるほど、「Westone B30」は素晴らしいイヤホンだったのです。

過去に使ってきたイヤホンでは聴いた事が無いサウンドを楽しめる。

今一番オススメしたいイヤホンに、ついに出会ってしまいました。

 

Westone B30 レビュー!

Westone IEM WST-B30

まずは、Westone B30の使用感を最初にお伝えしていきます。

僕がWestone B30をテストするのに最初に使用したのは、銀の含有率が高くて減衰率の低い「High-Definitionシルバーケーブル」を使って、PS4と接続してFortniteで使ってみる事。

Westone IEM WST-B30 フェースプレート

Fortniteはサードパーソン・シューティングゲーム(英:Third Person shooter, 略称TPS)系のゲームになりますので、音の遅延などは致命傷。足音などを聞きながら敵の位置を把握する事が重要になるゲームなんですが、スピーカーとは違って敵の場所をしっかりと把握できるようになりました。

屋根の上に敵がいる、後方に敵がいるという位置感覚までわかる等、臨場感が抜群です。

また、ショットガンを放った時の音、船を操縦している際の音など、低音もしっかりと奏でてくれるイヤホンになっているので、低音をしっかりと聴きたい自分のような人にもぴったりのイヤホンだと感じましたね。

 

続いて音楽を聴いてみましたが、驚くほどバランスのとれたサウンドを奏でてくれます。

中高域に豊かさを感じるサウンドでありながらも、同時に太い振動を与えてくれる低域もしっかり。普段から聞いている音楽を再生しているのに、こんなベース音あったんだ…と、音をわけて聴き取れるような印象を与えてくれました。

ボーカルに関しては適度な温もりを感じるような印象で、クリアすぎることもなく、聴き疲れることもありません。

一番違いを感じたのはジャズを聴いたときでしたが、初めて音に温度であったり、色を感じたような感覚を覚えました。

Westone IEM WST-B30

また、ヘッドホンのように密閉されていないイヤホンの形であるにもかかわらず、遮音性も高め。

耳にしっかりと収まるデザインを採用していることもありまして、装着感も素晴らしく、まったくズレたりもしません。

Westone IEM WST-B30

Bluetooth用のケーブルに差し替えて使用することも可能で、この形になるとiPhoneを使って音楽を楽しむ為のイヤホンとして最高の相棒になります。

先ほどお伝えしたことと重複しますが、女性ボーカルの高域でクリアな声の表現はもちろんのこと、男性ボーカルの低音太さなどもしっかりと聴こえてくる。個人的にベース音が好きなのだが、こちらがきちんと聴こえてくるBluetooth接続のイヤホンになっている事には驚きました。初めての経験ですね。

Bluetooth接続になると「遅延」が気になるところですが、音ゲーなどを試してみても特に遅延は感じません。

Westone IEM WST-B30 フェースプレート

低・中・高域のそれぞれに各一基のバランスド・アーアマチュアドライバを採用しているから、どのジャンルの音楽を再生してもバランスが優れているんでしょうね。

なお、バランスド・アーマチュアドライバを高域・中域・低域に1基ずつを搭載していることもあって、比較的高額なイヤホンになっているようです。

High-Definitionシルバーケーブル

無線であっても、有線であっても、個人的にはそれほど差を感じませんが、ゲームを行なっているときには有線ケーブル(High-Definitionシルバーケーブル)を使って、少しのラグも感じない状態で使わせてもらっています。

音の解像度って言葉はあまり使ってこなかったのですが、こんなにもクリアに、今まで聴こえなかったような音まで聴こえたのは、凄い経験となりました。

総評としては中低音あたりがしっかりと聴こえてくるので個人的には好み。バランスもよくオールラウンドなイヤホンという印象ですね。

wako
Westone B50は更に低音が響くという事なので、いつか試してみたいですね。

ココからは、もう少し細かい部分をレビューしていきます。

装着感

イヤピースを耳に装着した状態にして、何時間使っていたら痛くなるだろうか?と実験をしてみましたが、どれだけ装着していても痛くならない。

つけていることを忘れてしまうような快適な装着感となっている。

Westone IEM WST-B30 イヤーチップ

イヤーチップは豊富に用意されているので、ほぼ自分のベストな形にカスタマイズすることができるでしょう。

Westone製品のフィット感はさすがの一言です。

デザイン性(着せ替え可能)

Westone IEM WST-B30 フェースプレート

着せ替え可能なフェースプレートは、オレンジとブラックの二種類が用意されている。

Westone IEM WST-B30付け替え用フェース

どちらも捨てがたいデザインになっていたので、僕は片耳ずつ色を変えて使わせてもらっていますが、かなりオシャレです。

耳元からチラッと見えるオレンジ色のイヤホン。最高です。

ケーブル

High-Definitionシルバーケーブル

High-Definitionシルバーケーブルは銀含有量も多く、繊細でクリアな音が楽しめるように設計。

そんなに違うのか?と少々疑っていたところもあるのだが、実際にHigh-Definitionシルバーケーブルになれてくると他のノイズがはいってくるようなケーブルには戻せなくなっている。

Westone IEM WST-B30

Bluetoothケーブルを使用する場合には最大で8時間の連続再生が可能。

10m程度であれば途切れる事なく使用することが出来ますので、こちらはこちらで実用性が高い。外出する際にはぜひ使いたいと思います。

耳かけ型

Westone IEM WST-B30

この記事を執筆するにあたり、いろいろと記事を読んでいたら「耳かけ型」はWestoneがはじまりという記事を見つけました。

なるほど、耳に装着してみると驚くほどの装着感。少しくらい運動しても落ちる心配はなさそうです。

Westoneとは?

Westone IEM WST-B30

恥ずかしながら、Westoneさんについては名前しか知らなかったのですが、1959年に創業されたインイヤーイヤホン、ヒアリングケア製品を専業にされている老舗メーカーとのこと。

絶対の品質、ユーザーフレンドリー、効率的なサービスの3原則を掲げるリーディングカンパニーです。

販売されているイヤホンにはプロミュージシャンも使われているカスタムモデルの他、一般向けのユニバーサルモデルを販売。

今回紹介しているWestone B30はユニバーサルモデルになっており、人気シリーズ「W」に新たに追加された「パワフルで豊かな低域、精密な中域、 透き通った高域のバランスの良いサウンドを楽しめる低音重視モデル」になっている。

以下はB30の仕様詳細です。

B30
  • 入力感度:107dB SPL @1mW
  • 周波数:15Hz-18000kHz
  • インピーダンス:30Ω
  • パッシブノイズ減衰:25dB
  • ケーブル:High-Definitionシルバー、Bluetooth
  • 同梱品:High-Definitionシルバーケーブル、Bluetoothケーブル、各種イヤーチップ、付け替え用フェイスプレート、ジップケース(大)

低音をしっかりと聴きたい!自分のようなユーザーの声に応えるべく作られたイヤホンという事ですが、納得の使い心地です。

Westone B30 開封の儀

では、Westone B30を開封~セッティングするところまでをお伝えしていきます。

Westone IEM WST-B30

Westone B30のパッケージは、ブラック×オレンジのデザインでカッコイイ雰囲気。

高級イヤホンと言われるだけあって、美しいデザインです。

Westone IEM WST-B30

パッケージ裏。

Westone IEM WST-B30

パッケージはスライドしながら開ける形になっています。

Westone IEM WST-B30

いよいよ、Westone B30の登場です。

Westone IEM WST-B30

しっかりと緩衝材に包まれた状態で届けられましたので、配送途中で故障してしまうような心配はなさそうですね。

Westone IEM WST-B30の内容物

Westone B30の同梱物は以下の通り。

同梱物
  • B30 ユニバーサルフィットイヤホン
  • High-Definitionシルバーケーブル
  • Bluetoothケーブル
  • 各種STAR™ Siliconeチップ
  • 各種True-Fit™ Foamチップ
  • 付け替え用フェイスプレート
  • デラックスジップケース
  • 取扱説明書
Westone IEM WST-B30 マニュアル

Westone B30のオーナーズマニュアル+Bluetooth接続のマニュアルは、全て英語表記でした。

Westone IEM WST-B30ケース

専用のデラックスジップケースの中身を見てみると、こんな感じ。

Westone IEM WST-B30ケース

イヤーピースやBluetoothケーブルなどが入っていました。

Westone IEM WST-B30

こちらがWestone B30にHigh-Definitionシルバーケーブルが付いた状態です。納品時はこの状態で届きます。

Westone IEM WST-B30ケース

持ち運びにも使えるデラックスジップケースはかなり頑丈な作りになっていて、持ち運び時にも安心です。

Westone IEM WST-B30ケース

内ポケットもあったりするので何かと重宝します。

Westone IEM WST-B30の充電ケーブル

Bluetooth接続用の充電ケーブルは、マイクロUSB。

Westone IEM WST-B30付け替え用フェース

着せ替え可能なフェースプレートはメタリックオレンジとメタリックブラックの2色が用意されており、最初はメタリックブラックが装着されています。

Westone IEM WST-B30

こちらを専用のドライバーを使用して付け替える形ですね。

着せ替え可能なBluetoothケーブル

同梱されていたBluetoothケーブルはこちら。低遅延コーデックを実現した「aptX(R)テクノロジー」を採用しているとのこと。

付け替え可能なBluetoothケーブル

サウンドをワイヤレスで楽しめるモデルとなっており、最大で8時時間の再生を実現。

Westone IEM WST-B30

見た目も美しいイヤホンWestone B30。これはオススメせざるを得ません。

以下は、その他の角度から撮影したものです。参考にどうぞ。

Westone IEM WST-B30 Westone IEM WST-B30 Westone IEM WST-B30 Westone IEM WST-B30

Westone B30の価格は約5万円

Westone IEM WST-B30

さて、そんなWestone B30の価格ですが、アマゾンで購入すると約5万円となっています。

WestoneのBシリーズには、更に低音がズッシリと楽しめるB50というモデルがあるのですが、こちらは約6万5000円。

何が違うのか?と言えば、ドライバの数を増やすような形で更に音を楽しめるようになるのだ。

もしよかったら、以下比較してみてほしい。

Universal B50 Design Universal B30 Design
ドライバ数(バランスド・アーマチュア・ドライバ) 5基(高域×2、中域×2、低域×1)3Wayパッシブクロスオーバー 3基(高域×1、中域×1、低域×1)3Wayパッシブクロスオーバー
入力感度 118dB SPL @ 1mW 107 dB SPL @ 1mW
周波数 10Hz – 20000Hz 15Hz – 18000Hz
インピーダンス 25Ω 25Ω

 

Westone 30レビューのまとめ

Westone IEM WST-B30 ケーブル付け替え

Westone B30を実際に使わせていただいて数週間が経過しましたが、こんなにも付けていて心地のよいイヤホンは過去にはありませんでした。

主な使用用途はゲーム用になっていますが、一度このサウンドを味わってしまうと、もう他のイヤホンには戻れません。

今までWestoneに触れてこなかったユーザーさん、すでにWestoneのファンの方も、ぜひB30のサウンドを確かめてみてください。

Westone B30

<SPONSORED LINK>


Westone IEM WST-B30
MONO SELECTION
僕が「お気に入り」として使っている、もしくは使ったことがある「モノやサービス」を「MONOセレクト2019」として厳選して紹介中です! まずはこちらの記事をご覧になってみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

WAKO

ブログを活用した集客を得意としているクリエイターです。名古屋とスタバとサッカーとイラストを愛してます。ガジェット系の記事を中心に、見てくれた人が「欲しい」と思うもの、役に立つものを記事にしてアップ中。日本ダイエット健康協会認定のダイエット検定1級の資格を持っていますので、痩せる系の記事も必見ですよ。