ASMR対応!ポータブル高性能マイク「QMic」を使って動画撮影をしてみた!

Qmicレビュー
<SPONSORED LINK>


ポータブルマイクでオススメの商品を探している。

そんなアナタにポータブル高性能マイク「QMic」を紹介したい。

ロケ、ASMR、Youtube撮影など、様々なシチュエーションで活躍してくれる「Qmic」は、バッテリーも必要とせず、デバイスに装着するだけで使用できるマイクとなっている。

Qmic

そんな「Qmic」のサンプルを1台提供していただいたのでレビューを紹介します。

私もユーチューブを始めたことによってマイク性能について「こだわり」が強くなったのですが、今回紹介する「Qmic」は特に外出先でのスマホ撮影に利用できそうです。

提供:株式会社ヤベツジャパン

「Qmic」開封の儀

ではQmicを開封するところから紹介していきます。

Qmic

ポータブル高性能マイク「QMic」のパッケージです。

スマホの可能性を広げてくれそうな写真で、なんだかわくわくしてしまいます。

Qmic

パッケージの中身を取り出してみると、三脚とガジェットポーチが登場しました。

Qmic

こちらのガジェットポーチは、ポータブル高性能マイク「QMic」を持ち歩ける、収納できるものとなっているんですが、非常に使い勝手の良いものになっています。

Qmic

中に入っていたものを並べてみました。

ポータブル高性能マイク「QMic」本体のほか、専用ケース、マイク防風、三脚スタンド、ミニ三脚、スマホホルダー、4極変換プラグ (28cm / 11inch)、3極変換プラグ (28cm / 11inch)が入っていた感じです。

Qmic

先ほども紹介したガジェットポーチがこちら。

今回紹介しているポータブル高性能マイク「QMic」のセットを入れておけるものとなっています。

Qmic

内側には小物を分けられるようにポケットがついているので、収納力も高い。

Qmic

とてもありがたかったのが三脚スタンド。

Qmic

てっぺんの部分は動かすことが出来るようになっているし、固定も出来る。

Qmic

何より「ミニ三脚」よりもガッチリとしているので、少し重さのあるガジェットを乗せたとしても耐えられるのが有難い。

Qmic

こちらはミニ三脚。

いわゆるスマホ用と言う感じのものでしょうか。

Qmic

持ち運びに便利なサイズ感なので、結構重宝します。

Qmic

スマホホルダーはスプリング式になっているので、挟み込むように使用します。

Qmic

片手で一眼レフを持ちながら撮影しましたので、違和感がありますが・・・こんな感じではさみこみます。

ケースに厚みがあるといけませんが、このパワーで挟み込まれていたら落下する心配は少ないでしょう。

Qmic

ポータブル高性能マイク「QMic」は専用のケースに入っていました。

このあたりの細かな配慮は、さすがの一言。

Qmic

こちらがポータブル高性能マイク「QMic」本体。

  • サイズ:90×60×45mm
  • 重量:36g(1.26oz)
Qmic

所見の印象としては、とてもコンパクトなマイクとなっており「本当にきれいな声が取れるのか?」と不安になるくらいでした。

また、見ていただいても分かる通り「バッテリー必要なし」+「デバイスに装着するだけ」で使えるものとなっています。

ちなみにですが、iPhoneと接続する場合にはApple Lightning 3.5 mmのヘッドホンケーブルが必要となりますのでご注意ください。

ポータブル高性能マイク「QMic」を使ってみた!

では、ポータブル高性能マイク「QMic」を使っていきます。

Qmic

今回使ってみたのは、android系のスマートフォンです。

三脚とオーディオケーブルは付属のものを使用しました。

Qmic

スマホホルダーにはアクセサリーシューがついているので、こちらを利用してマイクを装着。

アクセサリーシュー

つまり、一眼レフなどにも取り付けることが出来るものとなっているのです。

これは有難い。

Qmic

実際に使ってみた印象としては・・・結構違いがありました。

マイクを取り付ける前は「のっぺりと音を録音しているだけ」だったのが、音割れが無くなったような印象です。

Qmic

指向性を簡単にダイヤルを回すだけで切り替えられるのも、うれしいところ。

撮影した動画をチェックしてみると、一つ一つにちゃんと違いを感じられたんですよね。

まだASMRに最適な動画を撮影してはいませんが、このモードを使用して包丁で野菜を切っている音などを録音したら、面白くなりそうです。

Qmic

このマイクを使ってみて一番良かった!と思えたのは、外での撮影のときでした。

音が、かなり綺麗にとれたのです。

Qmic

三脚に装着したままの状態で外出先に持っていき、子供が公園で遊んでいる所を撮影してみたのですが、声がはっきりと聞こえた感じ。

周りにいる子供の声をひろわないように・・・と、120°のモードで撮影したのが良かったのかもしれません。

まとめ

Qmic

ポータブル高性能マイク「QMic」を使い始めて数日ですが、なかなかの使用感だと感じています。

詳細についてはポータブル高性能マイク「QMic」販売ページをお確かめください。

ポータブル高性能マイク「QMic」

引き続き使っていき、お伝えしたいポイントが見つかりましたらレビューを追記していきます。

提供:株式会社ヤベツジャパン

 

 

<SPONSORED LINK>


Qmicレビュー
MONO SELECTION
私が「お気に入り」として使っている、もしくは使ったことがある「モノやサービス」を「MONOセレクト」として厳選して紹介中です!
まずはこちらの記事をご覧になってみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

ブログを活用した集客を得意としているクリエイターです。名古屋とスタバとサッカーとイラストを愛してます。ガジェット系の記事を中心に、見てくれた人が「欲しい」と思うもの、役に立つものを記事にしてアップ中。日本ダイエット健康協会認定のダイエット検定1級の資格を持っていますので、痩せる系の記事も必見ですよ。