【口コミ】雨の日に活躍!除湿機「Hysure-T8PLUS」で湿度対策をしてみた!

除湿機「Hysure-T8PLUS」
<SPONSORED LINK>


梅雨時期、雨の日の「部屋のジメジメ」が気になって仕方ない。

除湿機「Hysure-T8PLUS」

そんなアナタに除湿機「Hysure-T8PLUS」のサンプルを提供していただいたのでレビューを紹介します。

湿度が高くなった部屋で過ごしていると、気持ち悪いし、暑い。

Hysure-T8PLUS

さらに放置してしまえばカビの危険性もある・・・そんな時に除湿機「Hysure-T8PLUS」を使ってみたらどうなるか?

実際に雨の日に使ってみた感想をレビューしていきます。

提供:Hysure

除湿機「Hysure-T8PLUS」開封の儀

それでは、除湿機「Hysure-T8PLUS」が届いたところから紹介していきます。

除湿機「Hysure-T8PLUS」

こちらが除湿機「Hysure-T8PLUS」のパッケージです。

かなりシンプルなパッケージデザインとなっています。

除湿機「Hysure-T8PLUS」

開封。

ケースの上下に緩衝材がはいっており、除湿機「Hysure-T8PLUS」はしっかりと固定されていました。

これだけ固定してあれば、故障する可能性は低いと思います。

除湿機「Hysure-T8PLUS」

中に入っていたものを並べて撮影。

パッケージ内容
  • 除湿機「Hysure-T8PLUS」
  • 電源コード
  • 取扱説明書
除湿機「Hysure-T8PLUS」

取扱説明書です。

もちろんですが、日本語で書かれています。

製品の概要や使用方法が書かれていますので、一読しておきましょう。

特に「排水方法」であったり、「お手入れ方法」はチェックしておく必要があると思います。

除湿機「Hysure-T8PLUS」

除湿機「Hysure-T8PLUS」にて使用する電源コードです。

ケーブルの長さは約1.5mありますので、割と設置場所には困りません。

除湿機「Hysure-T8PLUS」

そして、除湿機「Hysure-T8PLUS」本体です。

商品サイズは、22.8 x 15 x 37.2 cmとなっており、重さは2.39キログラムで軽量コンパクト。

この大きさだと「小型除湿機」というジャンルになるみたいですが、確かにコンパクトです。

除湿機「Hysure-T8PLUS」

本体正面には「吸い込み口」。

こちらから湿気を吸収し、カビ防止・湿気対策・結露防止を行うことが出来ます。

除湿機「Hysure-T8PLUS」

本体下部から挿しこめるフィルターです。

コチラによって、ゴミ・ほこりなどの吸収を防止します。

除湿機「Hysure-T8PLUS」

本体側面には「吹き出し口」があります。

除湿機「Hysure-T8PLUS」

そして背面には「水のタンク」が付いていました。

本体には取っ手もついていますので、部屋間の移動も簡単です。

除湿機「Hysure-T8PLUS」

こちらが水のタンク。

容量は2,000mlとなっており、割と水をためておくことが出来ます。

除湿機「Hysure-T8PLUS」

我が家にある「衣類乾燥用」の除湿機の容量と比較すると小さめではありますが、このサイズの除湿機としては大容量ではないでしょうか。

なお、満水になった時には自動で停止するようになっています。

除湿機「Hysure-T8PLUS」

除湿機「Hysure-T8PLUS」本体上部。

こちらのボタンを押すことでワンタッチで操作を行えます。

というか、こちらのスイッチしか他にボタンがありませんので、操作は非常に簡単です。

除湿機「Hysure-T8PLUS」を使ってみた!

では、除湿機「Hysure-T8PLUS」を使っていきます。

除湿機「Hysure-T8PLUS」

使用に関しては超簡単。

電源コードを除湿機「Hysure-T8PLUS」に差し込んで、コンセントに接続。

あとは上部にある電源ボタンを押すだけです。

設置場所に関しては、寝室、オフィス、倉庫、トイレ、クローゼット、下駄箱等がオススメとのことですが、私は寝室で使ってみることにしました。

除湿力のテスト

除湿機「Hysure-T8PLUS」

今回テストを行ってみたのは寝室。

ちょうど雨が降っていましたので、湿度48%の部屋で数時間まわしてみました。

数時間後に部屋に戻ってみると、湿度は45%に。

水のタンクには1cmくらいの高さまで水がたまっていたので、ちゃんと除湿していたと思います。

※梅雨の時期がやってきましたら、もっと湿度が高まりますので再検証します

1日で最大750mlの水分を除湿できるようですから、湿気がたまりやすい場所で使用すると、より水を吸収してくれそうです。

動作音に関しては、30dB以下ということで割と静かですが、枕もとで使用するには厳しいとは思います。

雨の日の嫌な臭いがなくなった

Hysure-T8PLUS

雨の日の嫌な臭いについては、かなり快適です。

除湿効果+湿り気による「カビ」や「ダニ」の繁殖を抑えることが出来ている結果だと思いますが、これは便利便利。

雨が続いてきたら、クローゼットにしばらく置いておくのもありですね。

なお、乾燥しすぎてしまうこともありませんでしたのでご安心を。

電気代

Hysure-T8PLUS

気になる電気代は、日電気料金約10.8円とのこと。

計算方法は日間電気料金は1日12時間使用した場合で、電気料金目安単位27円/kWhということですが、気軽に使用できる金額ではないでしょうか。

メンテナンス

Hysure-T8PLUS

メンテナンスに関しては、タンクを引き出して排水タンクを空にするだけになります。

このあたりの処理が面倒な製品だと使わなくなりそうですが、Hysure-T8PLUSは非常に簡単。

本体に関しては、ぬるま湯(40℃以下)か中性洗剤を含ませた「柔らかい布」で汚れを拭き取るだけです。

まとめ

除湿機「Hysure-T8PLUS」

実際に雨の日に使用してみた効果としては、確かに除湿されていました!

部屋の大きさにもよりますが、10畳くらいの大きさであれば効果は期待できそうです。

湿度が高い部屋は、暑苦しいし、カビも発生するし、生活しづらい。

そんな部屋の救世主的な存在として、除湿機「Hysure-T8PLUS」はオススメです。

提供:Hysure
<SPONSORED LINK>


除湿機「Hysure-T8PLUS」
MONO SELECTION
僕が「お気に入り」として使っている、もしくは使ったことがある「モノやサービス」を「MONOセレクト」として厳選して紹介中です!
まずはこちらの記事をご覧になってみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

ブログを活用した集客を得意としているクリエイターです。名古屋とスタバとサッカーとイラストを愛してます。ガジェット系の記事を中心に、見てくれた人が「欲しい」と思うもの、役に立つものを記事にしてアップ中。日本ダイエット健康協会認定のダイエット検定1級の資格を持っていますので、痩せる系の記事も必見ですよ。