【レビュー】Archer C80にルーターを変えたら速度が2倍以上になった話

Archer C80
<SPONSORED LINK>


家のWi-Fi、遅すぎてイライラする。

そんなことを思っていたのは何を隠そう私でした。

某有名メーカーのルーターを利用し始めてからというもの、不安定な状態が続いてしまい、特に私のiPhoneに関してはビームフォーミングなんて機能も搭載しているはずなのに、低速度でつながりにくい状態が続いていたのです。

Archer C80

そんな我が家のもとに、TP-Link様より最新型のルーター「Archer C80」を2020年7月9日(木)に日本国内向けに発売を開始するという事で、モニターとして1台サンプルを提供していただき、試させてもらう機会をいただきました。

Archer C80の特徴
  • 無線LAN規格の第2世代「802.11ac Wave2」
  • Wi-Fiに対応したMU-MIMO Wi-Fiルーター
  • エアタイムフェアネス機能搭載
  • スマートコネクト機能搭載
  • ビームフォーミング機能搭載
  • 最大合計速度1900 Mbps
  • Wi-Fiスピード:1300Mbps(5GHz,11ac/n/a) + 600Mbps(2.4GHz, 11n/g/b)

ということで、通信速度は現状よりは格段にアップしそうな感じです。

通信速度に関しては体感だけでは怪しいレビューになってしまいますので、今回はサイト表示スピードを数値化したものを比較しながらレビューを紹介したいと思いますが、早く切り替えればよかった…と素直に思えるほど、通信速度が改善されました。

ハッキリ言って凄いんですけど…、一番すごいのは「実は価格」なのです。

提供:TP-Link

「Archer C80」が届いた!開封と設定について

Archer C80

では、「Archer C80」が届いた所からお伝えしていきます。

こちらが「Archer C80」のパッケージです。戸建て3階、マンション4LDK、最大接続合計は36台となっているようです。

Archer C80

早速開封してみると、Archer C80本体のほか、簡単設定ガイドなるものが出てきました。

Archer C80

正直言ってルーターの設定などは苦手なんですけど、今回は果てして簡単にいけるのか・・・若干の不安を覚えながらも設定していきます。

Archer C80

設定ガイドには、ハードウェアの接続方法がイラストでしっかりと表現されていましたので、特に何の問題もなく配線関係の接続は完了。

Archer C80

アンテナは、外部アンテナが4個ついていますので、接続したい端末の方向に一応向けておきます。

Archer C80

ポートはギガビットWANポート×1、ギガビットLANポート×4となっていますので、一般家庭ならポートが足りなくなることは少ないのではないでしょうか。

Archer C80
Archer C80

ここまでの接続が出来ましたら「TP-Link Tether」というアプリをインストールして、あとは回線情報の設定をしていくのみです。

接続情報については、プロバイダーと契約をした際の契約書類に書かれていますので、こちらを用意しておきましょう。

「Archer C80」

必要な情報を順番に入力したら接続は完了!

割とあっという間に接続が出来ましたので、必要な情報さえあれば開封から30分もかからずに設定を完了することが出来るかと思います。

旧ルーターと接続スピードを比較してみた!

iPhoneの接続スピードの違い

旧ルーター

iPhoneの接続スピードの違い

Archer C80接続後

これが「Archer C80」に切り替えた場合のスピードの違いです。

ちなみに、「Mbps」(メガビーピーエス)とは「1秒間に送受信可能なデータ量を表す単位」のことで、数字が大きいほどスピードが速いということ。

本来であれば旧ルーターの情報を出したほうが比較しやすいとは思うのですが、今回は提供品によるレビューになりますからメーカーや品番は控えさせてもらいます。

ただ、使っていたルーターも、そんなに古いものではなく、切り替えたのも2019年の10月頃

ビームフォーミング機能も備えた当時としては最新モデルだったのに・・・この結果です。

さて、私の不安定だったiPhoneで接続スピードを比較してみると一目瞭然。

まぁ、切り替え前の数値が悪すぎるんでしょうけど、これが日常茶飯事でしたから、Archer C80の快適さには日々驚かされています。

iPadの接続スピードの比較(無線)

ipadの接続スピードの違い

旧ルーター

ipadの接続スピードの違い

Archer C80接続後

割と調子がよかったiPadの接続スピードもぐぐっとあがりました。

倍以上の速度になるわけですから、かなり快適です。

PCの接続スピードの比較(有線)

PCの接続スピードの違い

旧ルーター

PCの接続スピードの違い

Archer C80接続後

最後にパソコンのLANケーブルにつないだ状態の数値ですが、これも結構上がりました。

有線の速度もあがるとは正直思っていなかったんですけど、これは嬉しい誤算。

パッパッと画面が切り替わるような印象ですし、ダウンロードするファイルのスピードもあがったので、作業効率があがりました。

wako
我が家は異常なくらいタブレットやPCが稼働している為、回線速度が遅くなってしまうのがネックなんですけど・・・それでも、これだけの結果が出たのであれば私は満足しています。

Archer C80レビューのまとめ

Archer C80

今回初めてルーターのテストモニターをさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

そもそもの回線スピードが遅かったこともありましてか、コスパ最高の高性能 MU-MIMO Wi-Fiルーターである「Archer C80」について、非常に良い結果が出てしまったのでオススメせざるを得ませんが、使い始めて数週間…、特に不満もなく快適に使わせていただきました!

もっと回線を早くしたい欲求も出てきたので、今後「プロバイダー契約」から見直してみたいとは思いますが、当面の間はこのまま様子をみつつ、気が付いた所があれば追記していきたいと思います。

いずれにしても、非常に高いコストパフォーマンス(アンダー6千円)を実現しているMU-MIMO Wi-Fi ルーター 「Archer C80」は大変おすすめです。

詳細は公式ページをお確かめください。

AC1900 MU-MIMO Wi-Fi ルーター

提供:TP-Link

 

<SPONSORED LINK>


Archer C80
MONO SELECTION
僕が「お気に入り」として使っている、もしくは使ったことがある「モノやサービス」を「MONOセレクト」として厳選して紹介中です!
まずはこちらの記事をご覧になってみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

WAKO

ブログを活用した集客を得意としているクリエイターです。名古屋とスタバとサッカーとイラストを愛してます。ガジェット系の記事を中心に、見てくれた人が「欲しい」と思うもの、役に立つものを記事にしてアップ中。日本ダイエット健康協会認定のダイエット検定1級の資格を持っていますので、痩せる系の記事も必見ですよ。