【レビュー】自動追尾スマホスタンド「Capture Genie」で動画撮影をしてみた!

Capture Genieレビュー
<SPONSORED LINK>


スマホに映る「人物」や「対象物」を追いかけてくれるガジェットがあったら便利なのに…。

Capture Genie

そんな悩みをお持ちの方に向けて、自動追尾スマホスタンド「Capture Genie」をご紹介!

「Capture Genie」は「スマホのカメラ」を使用して、一度認識した顔や物などの対象物を自動で追いかけて「撮影」を続けてくれる優れものとなっています。

Capture Genie

自動追尾=専用のカメラ という印象があった私ですが、自動追尾スマホスタンド「Capture Genie」はスマホと連携するということで、使い勝手も抜群。

そんな自動追尾スマホスタンド「Capture Genie」のサンプルを発売にあわせて送っていただきましたので、口コミレビューをご紹介。

使用してみた感想を正直にお伝えしていきます。

提供:ティ・アール・エイ株式会社

自動追尾スマホスタンド「Capture Genie」開封の儀

では、自動追尾スマホスタンド「Capture Genie」が届いたところからご紹介。

自動追尾スマホスタンド「Capture Genie」

こちらが自動追尾スマホスタンド「Capture Genie」のパッケージです。

スマホを挟むような形で使用することがわかるかと思います。

自動追尾スマホスタンド「Capture Genie」

一度設定をしてしまえば、あとはターゲットを自動で追尾。

カラーはブラックとホワイトが用意されています。

B099DL8LGK(ブラック) 、B099DMWXLX(ホワイト)

自動追尾スマホスタンド「Capture Genie」

開封してみた様子です。

自動追尾スマホスタンド「Capture Genie」本体のほか、充電用ケーブル (Type-A to Type-C),、取扱説明書がはいっていました。

自動追尾スマホスタンド「Capture Genie」

取扱説明書は当然のことながら日本語対応。

自動追尾スマホスタンド「Capture Genie」

中に入っていたものを並べてみました。

カバンにすっぽりと入るサイズ感なので、持ち運ぶにも便利ですね。

自動追尾スマホスタンド「Capture Genie」

こちらが自動追尾スマホスタンド「Capture Genie」本体を正面から撮影したものです。

  • 【寸法(本体)】 約 68×68×125 mm
  • 【重量(本体)】 約 210 g

となっていますので、非常にコンパクトです。

自動追尾スマホスタンド「Capture Genie」

スマートフォンは、こちらに挟み込むように設置します。

自動追尾スマホスタンド「Capture Genie」

三脚(1/4インチ)に対応しているため、設置場所にも困らないですね。

自動追尾スマホスタンド「Capture Genie」

こちらは後ろから撮影してみた感じ。

デザインにもしっかりとした「こだわり」を感じます。

自動追尾スマホスタンド「Capture Genie」

スマホを挟み込む場所は「幅」が調整可能なものとなっていますので、割と太目・細めのスマホであっても、しっかりとホールドします。

自動追尾スマホスタンド「Capture Genie」

充電はこちらから行います。

自動追尾スマホスタンド「Capture Genie」レビュー

では、自動追尾スマホスタンド「Capture Genie」を使ってみたいと思います。

自動追尾スマホスタンド「Capture Genie」

自動追尾スマホスタンド「Capture Genie」を使用するにあたり、まずはスマホを上部に設置します。

Capture Genie

ケースを付けていても十分挟み込むことが出来ました。

Capture Genie

スマートフォンに専用アプリをインストールすることで操作が可能となっていますので、取扱説明書に従ってインストール。

App StoreまたはGoogle Playストアで「Capture Genie」 を検索

途中途中日本語対応できていないところがあるので若干の不安を感じますが、問題なく使い始めることが出来た感じ。

  • 左右に360度回転し撮影
  • 動きを停止すれば自動でシャッター
  • 写真・動画・タイムラプス・パノラマの4種類の撮影方法
  • フィルター機能
  • SNSでライブ配信

基本的な機能は上記の通りです。

Capture Genie

横向きに取り付けることも出来るし、

Capture Genie

縦向きもOK。

追尾する能力に関していうと、顔認証で試してみた印象としては良好。

あまりにも早く動いたりすると認識が外れてしまうところもあったりしますが、普通に動く分には何ら問題なし。

ユーチューバーさんのようにカメラ前で話す機会があって、固定よりも追尾してもらったほうが都合が良いときに重宝しそうです。

ちなみに、本体充電時間約1.5 時間で、連続使用時間約10時間となっています。

Capture Genie

こちらがアプリの使用中画面。

緑色の枠が顔を認識したら、あとは左右に360度回転しながら追尾します。

個人的には子供が机に向かって作業をしているシーンなんかを撮影しても面白い映像が取れるのでは?と思ったりしているので、これから使い道を色々と検討していく予定です。

多彩な撮影モード、フィルター機能なかも用意してくれているので、特にSNSでライブをやられている方にはぴったりかもしれませんね。

Capture Genie

なお、アプリの使用感については、改善の余地があると思います。

一度設定をしてしまえば自動追尾してくれるのはありがたいのですが、なんだか操作がわかりにくい。

また、物の追跡に関しては一定の角度を認識してからのスタートになるので、別角度になってしまった瞬間に追跡ができなくなったところが厳しいかも。

サッカーボールのような球体であれば常時認識するかもしれませんが・・・ちょっと工夫が必要となりそうです。

Capture Genie

使用する場面によっては非常に強い味方になりそうな「Capture Genie 」。

詳細は公式サイトにてお確かめください。

Capture Genie 

提供:ティ・アール・エイ株式会社

 

 

 

<SPONSORED LINK>


Capture Genieレビュー
MONO SELECTION
僕が「お気に入り」として使っている、もしくは使ったことがある「モノやサービス」を「MONOセレクト」として厳選して紹介中です!
まずはこちらの記事をご覧になってみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

ブログを活用した集客を得意としているクリエイターです。名古屋とスタバとサッカーとイラストを愛してます。ガジェット系の記事を中心に、見てくれた人が「欲しい」と思うもの、役に立つものを記事にしてアップ中。日本ダイエット健康協会認定のダイエット検定1級の資格を持っていますので、痩せる系の記事も必見ですよ。