LINE Creators Marketから4日で返事!「スタンプがリジェクトされました」

LINE Creators Market
<SPONSORED LINK>


LINE Creators MarketというLINEスタンプを申請した先から連絡がありました!審査には2~3ヶ月かかるといわれていましたが、審査にはいって4日目なので、早くて驚きましたが、結果は「不合格」。もう一度送ってね!というものでした。

スタンプがリジェクトされたらメッセージをチェック

LINE Creators Market

「 申請したスタンプがリジェクトされました。」

メールが届いた本文の1行目に書かれたシンプルなメッセージ・・・悲しかったですが仕方がない!

メッセージセンターを見れば、何がいけなかったのかがわかるようなので、早速チェックしてみます。

 

1.英語タイトルに誤りがあった

自信がなかった英語でのスタンプのタイトル・・・やっぱりか・・・と悲しいものがあったけど、原因は英語の能力というよりも、スタンプの英語表記でした。

タイトルの中に「stamp」と入れていたのですが、スタンプをいう言葉を使う場合には「Sticker」と入力しないといけなかったのです。

※スタンプの英語表記はStickerとなっております

 

2.LINEが定めるフォーマットに合致しない

どの画像だろう?と疑問がありましたが、なんとご指摘の中には、画像の番号まで書かれていました。

IMG10の●●の部分・・・といった感じです。

僕が申請した画像で失敗したのは、背景の一部が透過できてなかったというミスと、イラストの部分的な着色漏れでした。

結構細かいところまで見てるんだなぁ・・・と感動してしまうレベルの修正です。

 

まとめ

とりあえず、修正内容としては、ちょっとしたミスだけだったので、本日中には再申請をしてみようと思っていますが、こんなに早いだなんて・・・驚きでした。

もしかして、このミスがなかったらもう販売になってたの?なんて疑問もありますが、もしそうだとしたら、量産も出来なくはないですね。

 

LINEを最近はメールの代わりに使っていますが、自分が作ったスタンプを使えるようになると、また世界が広がりそうですので、ちょっと楽しみです。

 

 

<SPONSORED LINK>


LINE Creators Market
MONO SELECTION
僕が「お気に入り」として使っている、もしくは使ったことがある「モノやサービス」を「MONOセレクト2019」として厳選して紹介中です! まずはこちらの記事をご覧になってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

WAKO

ブログを活用した集客を得意としているクリエイターです。名古屋とスタバとサッカーとイラストを愛してます。ガジェット系の記事を中心に、見てくれた人が「欲しい」と思うもの、役に立つものを記事にしてアップ中。日本ダイエット健康協会認定のダイエット検定1級の資格を持っていますので、痩せる系の記事も必見ですよ。