車を売るときに知っておきたい査定額を上げる3つのポイント

振り向く男性
<SPONSORED LINK>


車を手放そうと思ったときに役立つ「査定額をあげるポイント」を3つに絞りながら、自分なりにまとめてみましたので、紹介します。

ポイントその1「キズやへこみは直す前に査定に出す」

車ににキズやへこみがある状態で査定に出してしまうと、査定金額にひびくと思って修理に出してから査定しようと思われる方が多いようですが、

「ちょっとまってください!」

振り向く男性

実は、修理費用よりも、査定金額の減額のほうが安く済む可能性、つまり「高く買い取ってもらえる」可能性もあるので、もし修理に出してから査定に出そうと思われているようでしたら、先に車を査定に出してみるほうがよさそうです。

出来ることなら、修理費用を先に見積もりとしてもらっておいて、査定にかけてみると金額の比較が出来るのでいいですね。

車の買い取り金額にキズやヘコミが影響与えるもの

なお、買取金額に影響を与えるものとしては、以下のようなものがあるみたいです。

  • 塗装のはがれやサビ
  • 大きなヘコミ(野球の公式ボール以上のヘコミなど)

※洗車によるキズや、その他小さなキズなどはそれほど車の査定に多きな影響は与えないみたい。

 

ポイントその2「エンジンなどの整備状況」

車を査定に出す場合に、必ず調べられるのがエンジンルームや足回りといった、少々車に詳しくないとわかりにくい部分です。

このあたりのダメージなどは自分ではわかりにくいので、査定に出す前に購入したディーラーに点検をしてもらったり、メーカーの保証がまだあるようなら点検をしてもらって、不備がある場所については修理に出してから査定にだされるといいと思います。

もちろん、エンジンや足回りなどに大きなダメージがあれば査定に響いてきますので、必ず保証が残っているかどうかは確認しておくことが大切です。

ちょっとした手間隙をかけるだけで査定額があがるのなら、やっておいて損はないですよね!

 

ポイントその3「一社で決めては駄目」

車の査定のポイントは査定する会社によっても異なってきます。

従いまして、車を売ろうと考えている方は、出来るだけ高く愛車を買い取ってくれるところを探したいと思いますから、少なくとも3社は査定額を聞いてみるコトが大切だと思います。

「A社では●円だったよー」なんて言うと、価格があがる可能性もあるでしょうしねw

 

おっと、査定の際には、洗車をしておく、車内をキレイにしておくのはとても重要のようなので、事前にしっかりと行っておきましょう。

 

廃車にする場合には手続きは2種類

ちなみにですが、廃車の手続きをする場合には、一時抹消登録という方法と、永久抹消登録という2種類の登録があるようです。

自動車は新車であろうと中古車であろうと、購入時にナンバーを登録する際に全て運輸局に存在が登録されているのですが、車は、購入する時にも、廃車にする時にも実は沢山の手続きが必要になります。

そのため、廃車にする際には必ずこのどちらかの抹消登録をしなければならないことになっています。※詳細はカーセンサーに詳しく載っていますので見てみてください。

廃車の手続きは主に2種類ある:■廃車完全ガイド|廃車引取!カーセンサーnet

 

 

 



と、廃車する方法も紹介してみましたが・・・・・・いろいろと面倒と言えば面倒です。

なので、車を手放そうと思うのなら、出来ることなら、まだ十分に乗れるという場合には廃車にする前に、中古車として売却するほうが、面倒な手続きもいらないと思いますので、個人的には廃車にするくらいなら、売却してしまったほうがよさそうに思いました。

参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

<SPONSORED LINK>


振り向く男性
MONO SELECTION
僕が「お気に入り」として使っている、もしくは使ったことがある「モノやサービス」を「MONOセレクト2019」として厳選して紹介中です! まずはこちらの記事をご覧になってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

WAKO

ブログを活用した集客を得意としているクリエイターです。名古屋とスタバとサッカーとイラストを愛してます。ガジェット系の記事を中心に、見てくれた人が「欲しい」と思うもの、役に立つものを記事にしてアップ中。日本ダイエット健康協会認定のダイエット検定1級の資格を持っていますので、痩せる系の記事も必見ですよ。