これは快適!Kindleで本を読む事をオススメする3つの理由

これは快適!Kindleで本を読む事をオススメする3つの理由
<SPONSORED LINK>


電子書籍専用の端末なんていらないよ!

 

と思っている方に是非読んでもらいたい。

何故なら僕もKindleを手に入れるまでは、そう思っていたからだ。

 

今回の記事では、電子書籍が嫌いだった僕が何故Kindleを手に入れたのか?

何故Kindleをオススメするのか?について紹介します。

これは快適!Kindleで本を読む事をオススメする3つの理由


本はアナログじゃないと嫌だ

僕は本は基本的にアナログじゃないと嫌だと思っていました。

kindle
何よりも書き込みが出来るし、

お風呂にもトイレにも、どこにでも持ち込めるし、

必要な部分は切り取ってまとめる事も出来るし、

最終的には売る事だって出来るからです。

 

その点、電子書籍は

 
  • 書き込みは出来ない
  • 水に弱い ※これは本もですけど
  • 売る事は出来ない
といった3つのデメリットがあったので、

購入したくないと思っていたわけです。

 

また、iPhoneのアプリを活用すれば、

Kindleで購入した書籍を読む事が出来るので

わざわざKindleを購入する必要はないとも思っていました。

 

Amazonプライム会員なら、4000円オフ

そんな僕が何故Kindleに興味を持ったか?と言えば、

Amazonプライム会員になってみたところ、

Kindle本体の価格が

プライム会員価格として4000オフの4980円になったからです。

 

5千円以下で・・・電子書籍専用の端末・・・か、

それなら失敗してもそこまでの痛手は負わないかも・・・と

若干の興味を持ち、

まぁ、とりあえず使ってみないと良さはわからないと

思って購入してみたわけです。

※食わず嫌いは一番いけないと!

 

なので、Kindleを購入しようかな?と思っている方は、

定価で買うよりもプライムに入ってからのほうがお買い得になると思います。

 

Kindleのオススメポイント1:読みやすい

では、ここからは

Kindleで本を読む事をオススメする3つの理由を紹介していきます。

その1は、やっぱり「読みやすい」ってコトです。

 

図がはいるような専門書籍などは、

まだ読んでいませんのでわからない部分もありますが、

 

文章中心の書籍であれば、

普通に紙でみるのと変わりは全くないというか・・・

 

僕はKindleのほうが読みやすいと思ってしまってます。

※漫画は読みづらいです。

 

文字の大きさも調整できますし、

あとから読み返したい部分をピックアップできたり、

読めない漢字をその場で辞書をひけたりと・・・

僕にとっては、読みやすさは抜群でした。

 

紙でないと「書き込み」が出来ないというデメリットはありますが、

その部分に関しては、「Kindleのメモ機能」と、

アナログで持ち歩けるホワイトボードのNuboardを活用した「マインドマップ」を活用しながら本を読む事でカバーできています。

参考:ホワイトボードをノートのように持ち歩く!Nuboardが便利すぎる8つの理由。

 

Kindleのオススメポイント2:プライム会員は毎月1冊無料

続いてのオススメポイントはプライム会員となっている間は、

指定された書籍であれば、毎月1冊がプレゼントしてもらえると言う事です。

これだけでも、十分に5千円くらいであれば・・・

直ぐに元をとれると思いませんか?

 

どんな本が無料で読む事が出来るか?と言うと、

アマゾンのホームページに移動していただいて、

検索窓の左にあるメニューから「Kindleストア」を選択し、

プライム対象本の探し方
検索窓に、プライム会員無料本と入力して検索をして見て下さい。

プライム対象本の探し方
ここに出てきた本に関しては「プライム会員無料本」と書いてある通りにはなりますが、

無料で読む事ができちゃうわけです。

 

僕は今「仕事は楽しいかね?」という本を無料で読んでいますが、

この本は・・・いいですね!

仕事は楽しいかね?

一応注意点としてお伝えしておくと、1ヶ月あたりに1冊無料で読めるようになりますが、

その1冊を無料本として永遠に自分のKindleの端末にいれておけるわけではないってことです。

 

返却しないと翌月の無料対象本を読む事が出来ないシステムになっていますから、

また読み返したい!と言うときには、再度申請が必要となるわけです。

 

Kindleのオススメポイント3:とにかく軽い+バッテリーがタフ!

僕はこれまで、ちょっとした外出の際には、

本を2~3冊カバンの中に入れていましたので、

重たくて仕方が無かったんですけど・・・

Kindleを購入してからは、

これしかもっていないので約200gしかカバンが重たくなりません(笑)

 

たった200gくらいの重さの中に、

最大数千冊も入れる事が出来るわけですから・・・

本を沢山読む人にとっては神アイテムになるのではないでしょうか?

 

しかも!それでいて、バッテリーがとにかくタフで、

ぜんぜん電池を消耗しないんですよ。

Kindleのサイトには数週間持つ・・みたいな事が書いてありましたが、

あれは嘘ではないですね(笑)

僕は結構ヘビーに使っていると思いますが、

ぜんぜん充電しなくても使えてしまっています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

Kindleの魅力は伝わりましたでしょうか?

 

では、最後にKindleが届いたところを紹介させてもらいます。

kindleが届いたところ
パッケージはこんな感じでした。

kindleが届いたところ
中には、こんな感じでKindke本体がはいっています。

kindleが付属品
付属品も極めてシンプル。

kindleの初期設定
初期設定も使い方も極めてシンプル。

kindle
というわけで、気になった方はKindleの世界へどうぞ。

山積みとなっていた書籍から開放されたwakoでした。

 
 

 

<SPONSORED LINK>


これは快適!Kindleで本を読む事をオススメする3つの理由
MONO SELECTION
僕が「お気に入り」として使っている、もしくは使ったことがある「モノやサービス」を「MONOセレクト2018」として厳選して紹介中です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

WAKO

ブログを活用した集客を得意としているクリエイターです。名古屋とスタバとサッカーとイラストを愛してます。ガジェット系の記事を中心に、見てくれた人が「欲しい」と思うもの、役に立つものを記事にしてアップ中。日本ダイエット健康協会認定のダイエット検定1級の資格を持っていますので、痩せる系の記事も必見ですよ。