バランスボールを椅子にすると1ヶ月で腹筋に効果あり?おすすめのサイズや商品は?

バランスボール65cm
<SPONSORED LINK>


私がトレーニングジムに通っていた頃、最初に準備運動の一環として行なっていたものがバランスボールを使ったストレッチ&トレーニングでした。

ストレッチ&トレーニングといっても、基本的にはバランスボールの上に「座っているだけ」だったのですが、これが実は体幹トレーニングになっていたようで、見た目よりも大変で効果的。

ボールの上で体のバランスを取る必要があるため、猫背で悩んでいる自分ですら背筋がピンと伸びて最初はしんどかったですし、結果的に腰痛予防にもつながったりしていました。

 

あれから数年、バランスボールトとは縁がなかったのですが、様々なトレーニンググッズを販売するActive Winner(アクティブウィナー)さんから声をかけていただきまして、同社が販売する65cmの空気入れ付「バランスボール」を、約一ヶ月間モニターをさせてもらいましたので、実際に使用してみた感想を口コミレビューしたいと思います。

テレビを見ながら気軽に体幹トレーニングやエクササイズをしたい方にはぴったりのグッズ、バランスボールが気になっている方はぜひチェックしてみてください。

 バランスボールが自宅にあるメリットは、椅子にできる事。

我が家のように狭いリビングでは難しかったりもしますが、バランスボールが自宅にあるメリットは、テレビの前に置いておけば椅子の代わりとして使用することが出来るところです。

普段は無印良品の「体にフィットするソファ」にどっしりと座りながらテレビを見ていたりするんですけど、バランスボールが来てからはテレビの前に置いておき、テレビを見る時間=バランスボールに座るといった生活に変えてみたのです。

すると、すぐに効果は現れてきました。

  1. 姿勢が良くなった
  2. お腹周りが引き締まった

姿勢がシャキッとするので、最初のうちは腰や背中が痛くなってしまいましたが、数日もすると筋肉がついて慣れてきたのか普通になり、普段の姿勢も良くなっていきました。

さらにお腹周り。

普段から鍛えていることもあるかもしれませんが、特に横っ腹に効果がありまして、ウエストダウンにつながっているような印象なんです。

トレーニングの時間を設けることなく、座るだけで簡単なトレーニングになってしまうバランスボールは、私のような怠け者に対して非常に便利なトレーニンググッズとなるかも・・・と自宅でつかってみて感じました。

バランスボールを使った基本的なトレーニング方法とは?

さて、そんなバランスボールですが、実際には、ただ乗っているだけでは実はもったいない!

乗っているだけでも体幹部の姿勢保持筋(インナーユニット)が鍛えられるようですが、バランスボールを使った基本的なトレーニング方法をマスターすることで、体の気になる部位をピンポイントで鍛えることもできてしまう優れものになっているので、ぜひバランスボールを検討されている方は、どのようなトレーニングメニューがあるのかも知っておきましょう。

ということで、私が調べたサイトの中で一番わかりやすかったのがコチラの記事「写真で紹介!バランスボール部位別トレーニング30選【上級者編も】」。普段からお世話人っているストレッチポールの公式サイトですなので、引用元としても安心。

基本的に自分は腹筋・背筋、下半身を重点的に鍛えたいという思いがありましたので、該当しそうなメニューをピックアップしてやってみましたが、かなりしんどいイメージでした。

アクティブウィナーのバランスボール

Active Winner(アクティブウィナー)さんのバランスボールの中にもトレーニングメニューがいくつか入っていましたので、こちらを利用しても問題はないと思いますが、より詳細にトレーニングメニューが書かれている印象なのであわせて参考にしてみてください。

Active Winner(アクティブウィナー)のバランスボールが届きました

さて、そんなActive Winner(アクティブウィナー)からバランスボールが届いたところを紹介します。

アクティブウィナーのバランスボール

箱自体は小さめでしたが、これからパンパンになるまで膨らますと思うと、収納するための場所の確保などが大変かな?と正直言って感じてしまいました(笑)

アクティブウィナーのバランスボール

ボールの直径は65cm。膨らました後の収納場所が心配になる大きさです。

アクティブウィナーのバランスボール

自宅やオフィスで簡単にエクササイズ、老若男女問わず幅広い層にバランスボールは人気ということですが、実際に使って見ると確かに・・・と頷ける面白さがあります。

アクティブウィナーのバランスボール

アンチバーストとは、万が一破裂してしまったとしてもパン!と破裂することなくプシューと縮んでいってしまうようなもののようです。

アクティブウィナーのバランスボール

箱の中に入っていたものを並べてみました。バランスボール、空気を入れるためのポンプ、取り扱い説明書の3点です。

アクティブウィナーのバランスボールの空気の入れ方

バランスボールの空気の入れ方などを参考に、膨らましていきます。

アクティブウィナーのバランスボールと専用ピン

こちらがバランスボール本体と、専用のピン。

アクティブウィナーのバランスボールと空気入れ

そして、空気を入れるためのポンプです。

アクティブウィナーのバランスボール

空気入れを使用してバランスボールの空気入れの穴に差し込み、足でポンプを踏んで空気を入れていきます。

アクティブウィナーのバランスボール

5分くらいシュコシュコと空気を入れていくと、

アクティブウィナーのバランスボール

ボールはパンパンに膨らんでくれました。

アクティブウィナーのバランスボール

直径65cmは思っていたよりも大きな印象ですが、これくらい大きくないと、体を支えきれないのかな?と思います。

パンパンに膨らんだバランスボールに対しての印象としては、

  • 製品として、しっかりとした作りになっている
  • ゴム製品特有の変なにおいはしない
  • 体重をしっかりとかけても、破裂するような印象はない
  • 付属のバランスボール簡単エクササイズが役に立つ
  • このクオリティで、この価格はお値打ち

と言った感じ。

取り扱い説明書には、空気の入れかたや空気入れの適正量、簡単なエクササイズ方法、ご使用上の注意などが書かれておりまして、大変親切。

実際に一ヶ月程度バランスボールにのって、エクササイズを行ってみた印象としても安心して使える製品でしたし、デザインがシンプルなものとなっているので、部屋においておいてもダサくならないのも高ポイントかな?と感じました。

バランスボールを購入するならスポーツ店がオススメ?

私は過去にバランスボールを購入しようと思い、何度かスポーツ店に足を運んだことがあるのですが、販売されているバランスボールの価格などはインターネット上のものと、ほぼ変わりません。

むしろ、インターネット上で購入した方が安く購入できる場合もあるかと思いますので、気になる方はスポーツ店で販売されている物と比較してみてください。

ガジェットブロガー的まとめ

以前、半分の大きさのバランスボール?円盤型のバランスボールを購入して使っていたことがありましたが、実際に大きなサイズのものを使って見ると、こちらの方がトレーニングやエクササイズには適しているのかな?と感じています。

アクティブウィナーのバランスボール

ただ、収納場所に結構困るというデメリットもあるので、置き場所の確保だけは考えてから購入をされるのをオススメいたします。

最後に自分が感じた効果についてまとめておきますと以下の通り。

  • 姿勢が良くなった
  • お腹周りが細く、鍛えられた
  • 下半身の強化につながった

もちろん、他のトレーニングと並行しているのでバランスボールだけの効果ではありませんが、日常生活の一部をトレーニングに変えられるバランスボールは、怠け者、一石二鳥が好きな方にはピッタリのアイテムになっていると思います。

アクティブウィナーのバランスボール

最後の最後に、バランスボールの空気をすべて抜いてみたのですが、これまた楽に抜くことが出来ました。

しばらく物置にしまっておこう!という場合にも柔軟に対応できますので、もしよかったら試してみてください。

 

<SPONSORED LINK>


バランスボール65cm
MONO SELECTION
僕が「お気に入り」として使っている、もしくは使ったことがある「モノやサービス」を「MONOセレクト2019」として厳選して紹介中です! まずはこちらの記事をご覧になってみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

WAKO

ブログを活用した集客を得意としているクリエイターです。名古屋とスタバとサッカーとイラストを愛してます。ガジェット系の記事を中心に、見てくれた人が「欲しい」と思うもの、役に立つものを記事にしてアップ中。日本ダイエット健康協会認定のダイエット検定1級の資格を持っていますので、痩せる系の記事も必見ですよ。