快適すぎ!おすすめのオットマン付きゲーミングチェアをレビュー!

ゲーミングチェア「150-SNCL003」
<SPONSORED LINK>


ゲームに集中できる環境が欲しい。

そんな事を考え始めたときに欲しくなってくるアイテムの一つと言えば・・・「ゲーミングチェア」ではないでしょうか?

僕自身、ゲーミングチェアには興味があったので、某家電ショップに調査へ行ってきまして、人気モデルの座り心地などをチェックしてきたんですけど…、やっぱり座り心地は極上。

もちろん、普通にデスクチェアとしても使える「椅子の最高峰的な商品」ですから、スペース的に問題がなければ「購入しても損はない」とは思ったんですけど、一点大きな問題が…。

そう、その問題とは価格が高いってこと。

この点さえクリアできれば、もっとゲーミングチェアって普及すると思っているんですけど…、皆さんはどう思われますか?

ゲーミングチェア「150-SNCL003」

そんな高級商品であるゲーミングチェア市場において、割と安価なモデルでありながらも「オットマン付き」「ハイバック」「バケットシート」等の特徴もあるサンワダイレクトの「オットマン付きゲーミングチェア(150-SNCL003)」をモニターさせてもらったので、今回はピックアップしてご紹介!

2〜3畳くらいの小さなスペースで「集中した作業」をしている自分なので、結構な大きさとなるゲーミングチェアを置くのはどうかな?と思ったのですが、実際に置いてみると…凄く良い。

長時間(1日10時間程度)座りながらパソコンによる作業を行ってみたのですが、腰が痛くなることもなく、作業に集中することが出来たのです。

wako
PS4を使ってのフォートナイトでも数時間使用してみましたけど、もちろん快適そのものでした!

というわけで、ゲーミングチェアを購入しようかお悩みの方に向けて、サンワダイレクトの「150-SNCL003」の良いところも悪いところも、正直な口コミとしてお伝えしていきたいと思います。

値段と機能性から考えると、ゲーミングチェアを購入するにあたり「最終候補の一つ」に選んでいただいて、間違いのない商品になっていましたよ!

150-SNCL003の商品特徴

ゲーミングチェア「150-SNCL003」
  • シリーズ累計出荷台数14,000個を突破 ※2019/7/19現在
  • 寝られるバケットシートチェア
  • 約160°無段階リクライニング
  • 収納式オットマン
  • 大型ヘッドレスト
  • バケットシート形状
  • リクライニング連動の肘掛け
  • 耐荷重100lg
  • モールドウレタンフォーム座面
  • カラーは2色展開
  • 価格は29800円送料無料

サンワダイレクトさんが販売されているゲーミングチェアの中で、一番人気になっているというコチラの商品「150-SNCL003」は、多機能ながらも価格も一般的なゲーミングチェアと比べると抑えられているのもポイント!

なお、記事執筆時点での口コミの総合評価は「★5つ」が断トツに多いレビュー結果となっており、購入者の方の満足度が非常に高い商品であることがわかりますね。※調査は公式サイト

では、早速使ってみた感想を紹介してみましょう。

ゲーミングチェア・ビジネスチェアとして満足!

ゲーミングチェア「150-SNCL003」設置

こちらが僕の作業スペースです。

モニターに囲まれながら…仕事はもちろん、絵を描いたり、ゲームなども行っているコンパクトなスペースなんですが、ゲーミングチェアを置いてみると快適性が増しました!

これまではアマゾンで購入した普通のデスクチェアを使っていたんですけど、比べ物にならないくらい座り心地が良いと感じています。

過去に使っていた椅子と比較すると、長時間使用しても疲れない印象なので、長く作業に集中することが可能にもなりました。バケットシート形状と、座面の厚み(約9.5cm)のおかげで「お尻がいたい」「腰がいたい」ということも起こりにくいのでしょう。

ゲーミングチェア「150-SNCL003」設置

また、オットマン付きと言う事もありますので、休憩したいときには「すぐに横になれる」のもポイント。

ゲーミングチェア「150-SNCL003」オットマン

くるんと椅子を回転させてシートを倒し、オットマンを伸ばしたら睡眠タイムへ…。仕事の合間に仮眠(15分)をとることが多い自分からすると、このゲーミングチェアでの睡眠時間は丁度良い。

寝られるバケットシートチェアと販売ページにも書かれていたんですけど、実際に寝てみると納得の心地よさ。レーシングカーに採用されているバケットシートのホールド感は一度味わってしまうと…はまりますね。

ゲーミングチェア「150-SNCL003」設置

そして何よりも見た目がカッコイイ。

ブラックとレッドの2種類が用意されている今回のゲーミングチェアですが、個人的にはやっぱりレッドが好みです。

ゲーミングチェア「150-SNCL003」調整

あとは、レバー操作で座面を約48.5cm~54cmまで上下昇降できるのもポイントで、スタンディングデスクを使っている自分からすると、ちょうどよい高さに持っていけるため、肩こりなども起こりにくくなっています。

あとはPUレザー製なので、水や汚れに強いのもいいですね。ちょっとした汚れならサッと拭き取ってしまう事が出来るのです。

長時間、長期間使っていきたくなるゲーミングチェアとしての特徴がそろっている。

そんな印象をうけたゲーミングチェアと言えるかと思います。

ゲーミングチェア(150-SNCL003)開封から組み立て

では、そんなゲーミングチェアが納品されたところから開封、組み立て、設置までを紹介したいと思います。

ゲーミングチェア「150-SNCL003」納品

納品されたケースを見た印象としては、大きい…。

佐川急便さんが「大きいので気をつけてください」と言いながら運んできたのですが、確かに大きい。

余談ですが、その日は「佐川急便のお兄さんが腰をやってしまっていた」ようで、「すいません…こんな日に限って・・・」と言った悲しい会話がありましたw

梱包重量は26.5kg。大きさは横幅900mm、縦680mm、奥行きは540mmとなっていますので、女性が注文される場合には手伝ってくれる人がいる時間に納品してもらったほうが良いですね。

組み立て時間の目安は30分ということでしたが、男性一人で完成までは確かに30分くらいはかかりました。

開封に関する注意点

さて、まずは開封に関しての注意点から。

そもそも箱の大きさが非常に大きいので、割とスペースがある場所での組み立てが重要です。

必要となる工具は全て揃っているので用意するものはありませんが、床が傷ついてしまう可能性もあるので、何かシートを敷いておくと良いと思います。

では、開封へ。

開封

ゲーミングチェア「150-SNCL003」納品

開封してみて最初に飛び込んできたのは、非常にシッカリと各部品が梱包された状態でゲーミングチェアが入っている様子。どのパーツから取り出すのかは難しいところですが、一つずつ取り出して床に置いていきます。

なお、各部品がビニール袋やプチプチに包まれている状態ですので、大きめのゴミ袋も用意しておくといいでしょう。

ゲーミングチェア「150-SNCL003」開封

とりあえず取り出してみたのは腰に置くクッション。

ゲーミングチェア「150-SNCL003」組み立て

続いてバケットシートなど、一つ一つを開封しながら置いていきます。

ゲーミングチェア「150-SNCL003」開封

こちらは肘置きですね。

ゲーミングチェア「150-SNCL003」開封

ネジや六角などもはいっていました。こちらを使用することで組み立ては完了します。

組み立て

では、ここからは組み立ての工程です。

キャスターの取り付け

まずはレッグフレームをひっくり返して、付属品のキャスターを取り付けます。

頑丈なスチール製のレッグフレームなので、安定して荷重を支えることができるのも、納得のしっかりとした作りです。

ガスシリンダーの取り付け

続いての作業はガスシリンダーを差し込んでいく作業ですが、こちらは後で抜けてしまうことがないようにしっかりと押し込む必要があります。

そして、座面を取り付けたら…半分は完成。

続いて背もたれを座面に差し込んでいき、ボルトで固定をしていきます。

肘置きの取り付け

さらに、肘当てを取り付けていき、キャップを取り付けたら完了です。

完成品

ゲーミングチェア「150-SNCL003」

完成したゲーミングチェア「150-SNCL003」がこちら。

思っていたよりも大きめで、体をすっぽりと包み込んでくれる安心感があります。

ゲーミングチェア「150-SNCL003」オットマン

オットマンは座面の下に隠してある形状になっていて、必要な時だけ出すことが可能です。

ゲーミングチェア「150-SNCL003」オットマン

レール式になっていますから、取り出すのにも、しまうのにも手間はかかりません。

ゲーミングチェア「150-SNCL003」

約160°倒すことが出来る背もたれは、ちょっとした休憩時間に最適です。

ゲーミングチェア「150-SNCL003」バケットシート

こちらがレーシングカーでも採用されているバケットシート形状の背もたれ。

ゲーミングチェア「150-SNCL003」バケットシート

背中をすっぽりと包み込むような形状になっているので、座っていて安心感があります。

ゲーミングチェア「150-SNCL003」バケットシート

厚みはそれほどあるわけではないんですけど、体をしっかりと預けられますから、腰痛持ちの方には特におすすめかもしれません。

ゲーミングチェア「150-SNCL003」バケットシート

こちらは後ろから見たゲーミングチェアです。

ゲーミングチェア「150-SNCL003」ヘッドレスト

約幅23cm×高さ25cm×奥行8cmの大型のヘッドレストは、頭もしっかりと支えてくれます。

ゲーミングチェア「150-SNCL003」ヘッドレスト

一般的なチェアだと、頭までは支えてくれない形状が多いんですが、実際にこういった形状のチェアを味わってしまうと・・・その快適さに「うっとり」します。

ゲーミングチェア「150-SNCL003」座面

座面の厚みは約9.5cm。中央部分は座面の厚みをおさえてあり、長時間座っていても疲れない形状になっているんだとか。

ゲーミングチェア「150-SNCL003」座面

正面から撮影してみると、その厚みがわかるかと思います。

ゲーミングチェア「150-SNCL003」座面

こちらは横から撮影したものです。

僕は背中と背もたれの間にクッションをおいて座るようにしていますが、このあたりは人それぞれになるかと思います。

ゲーミングチェア「150-SNCL003」肘置き

肘掛けについては、高さを調整することはできませんが、ちょうど良い高さになっていると思います。

リクライニング時に肘掛けも連動し動くような形になっていますから、その点も安心です。

試座できる店

さて、そんなサンワダイレクトのゲーミングチェア「150-SNCL003」ですが、実は試座できる店があるんです。

それは、東京は浜松町にある「サンワサプライ 実験サポート展示場」という場所。

東京都港区浜松町1-10-11浜松町OSビル2F
営業時間:平日10時~17時 (土日祝を除く)

残念ながら東京にしかありませんので、関東エリアの方でないといけないかもしれませんが、実際に購入する前に座ってみたい!という場合には、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

wako
めちゃめちゃ行ってみたい・・・。全部試して、口コミをその場で書きまくりたい!

口コミのまとめ

ゲーミングチェア「150-SNCL003」設置

今回初めてゲーミングチェアと言うものを自宅に置いて試させてもらいましたが…その使用感は極上でした。

実は以前使っていた大型の椅子は「座り心地が悪かった」ので廃棄。しばらくの間「立ち姿勢」のままで作業をしていたんですけど、こんな椅子に座ってしまうと感覚が変わってしまいますね。

今ではスタンディングデスクを使って立ち姿勢のままで仕事をするのと、座った状態で仕事をするのとの「割合が半々」くらいにまで来たので、相当座り心地が良いんだと実感しています。

 

オットマンを出して、背もたれを倒した状態で寝っ転がって本を読む。

そんなちょっとした贅沢が、今の僕にとっての幸せの時間となっています。

 

今回紹介したサンワダイレクトのゲーミングチェアの詳細は、公式サイトをお確かめください。

 

 

<SPONSORED LINK>


ゲーミングチェア「150-SNCL003」
MONO SELECTION
僕が「お気に入り」として使っている、もしくは使ったことがある「モノやサービス」を「MONOセレクト2019」として厳選して紹介中です! まずはこちらの記事をご覧になってみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

WAKO

ブログを活用した集客を得意としているクリエイターです。名古屋とスタバとサッカーとイラストを愛してます。ガジェット系の記事を中心に、見てくれた人が「欲しい」と思うもの、役に立つものを記事にしてアップ中。日本ダイエット健康協会認定のダイエット検定1級の資格を持っていますので、痩せる系の記事も必見ですよ。