【レビュー】スティックの高さを自由に調整!プロフリーク Aoiを使ってみた!

プロフリーク Aoi
<SPONSORED LINK>


ムパッドを使用してAPEXなどのFPSゲームを楽しんでいる方にオススメしたいのが、スティックの高さを調整できる「FPSフリーク」というアイテムです。

スティックに装着することで「より精密な操作を可能にしてくれる」とありまして、多くのパッドユーザーが愛用しています。

プロフリーク Aoi

そんな「FPSフリーク」の中でも少々特殊、6mm~11mmの高さで無段階調節が出来る「プロフリーク Aoi」のサンプルを提供していただきましたので口コミレビューをご紹介!

結論から言うと、グリップが効果的で指が滑りにくく、使いやすい印象の「FPSフリーク」となっていました。

詳細をお伝えしていきます。

提供:株式会社しまリス堂

プロフリーク Aoi 開封の儀

では、プロフリーク Aoiが届いたところから紹介していきます。

プロフリーク Aoi

こちらが「プロフリーク Aoi」のパッケージです。

プロフリーク Aoi

対応機種としてはPS4やPS5のコントローラーのようですね。

プロフリーク Aoi

日本製で、世界初の0.1mm単位での高さ調整が出来るFPSフリークとなっているみたい。

プロフリーク Aoi

パッケージ裏です。

ユーザー1人1人のニーズに合わせたスティックに「カスタマイズできるFPSフリーク」になっているので、使いやすさはお墨付き。

なお、2つ入っているのですが、ショートタイプとロングタイプが用意されています。

プロフリーク Aoi

こちらがプロフリーク Aoiです。

色目が深めのブルーとなっていることもありまして、見た目もよいですね。

プロフリーク Aoi

高さの切り替え方法や固定の仕方は、こちらが参考になります。

プロフリーク Aoi 装着して使ってみた

では、プロフリーク AoiをPS4の純正パッドコントローラーに装着していきます。

プロフリーク Aoi

こちらがプロフリーク Aoiをアップで撮影したものです。

この特殊な形状が、指にフィット。

細かな動きをサポートしてくれます。

プロフリーク Aoi

左のロングタイプと右のショートタイプの差はこれくらい。

私は視点を合わせる右スティックを高くしたい人なので、左にショート、右にロングを装着していきます。

左側は無くてもよいくらいなんですが、しばらくはショートのプロフリーク Aoiを装着。

プロフリーク Aoi

ちなみに、このスティックの「長さの好み」は個人差が結構あるようです。

右にしかFPSフリークはつけないという人がいたり、その逆もしかり。

このあたりは使ってみないと、最適解は見つからないと思いますので、ぜひ試してみてください。

こちらが取り付け部分です。

こちらをPS4のスティックにはめ込んで装着します。

※ものによってはコントローラーのスティックを壊してしまうものもあるみたいですが、こちらは問題なさそうです

プロフリーク Aoi

ここからは、高さを調整する作業。

私はもともと同メーカーのFPSフリークを使っていたので、高さを合わせた状態でスタートすることにしました。

プロフリーク(PRO FREAK)レビュー

FPSゲーマーにオススメ!高さ調整が出来る「プロフリーク(PRO FREAK)」をレビュー!

2021年1月7日
プロフリーク Aoi

グリップの表面大きさは一般的ですが、形状が一番好み。

指がしっかりと固定されますのでエイムが安定する印象です。

プロフリーク Aoi

グリップ部分はエラストマー素材を採用しているようで、滑りにくいし扱いやすい。

手に汗をかいてくると、若干滑るような感じがするので・・・このあたりは人にもよるところもあるのかも。

耐久性に優れている点については、しばらくは使ってみないとわかりません。

プロフリーク Aoi

こちらが右と左の高さの違いです。

この差が結構、重要なんですよね。

実際に使い始めてからは、ちょこっとずつ高さを調整・・・・数マッチが終わるころには相性抜群になりました!

以前のFPSフリークと比べると、グリップが強い印象なので好みが分かれそうですが・・・個人的にはオススメです。

プロフリーク Aoi

なお、分解も可能になっていますので、掃除を簡単に行えるのは嬉しいですね。

まとめ

プロフリーク Aoi

FPSフリークは、個人的には無くてはならないアイテムの一つ。

そんなFPSフリークの中でも、プロフリーク Aoiは使いやすいモデルだと個人的には感じました。

しばらく使ってみないとわからないところもありますけど、プロフリーク Aoiと、プロフリーク(PRO FREAK)をうまく組み合わせると、最適解になるような気がしています!

最近はキーマウでの操作が中心になってきた自分ですが、パッドコントローラーのほうが有利な部分もあったりするので、これを機に両方とも扱えるようになってみたいですね。

詳細は販売ページをお確かめください。

提供:株式会社しまリス堂
<SPONSORED LINK>


プロフリーク Aoi
MONO SELECTION
僕が「お気に入り」として使っている、もしくは使ったことがある「モノやサービス」を「MONOセレクト」として厳選して紹介中です!
まずはこちらの記事をご覧になってみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

ブログを活用した集客を得意としているクリエイターです。名古屋とスタバとサッカーとイラストを愛してます。ガジェット系の記事を中心に、見てくれた人が「欲しい」と思うもの、役に立つものを記事にしてアップ中。日本ダイエット健康協会認定のダイエット検定1級の資格を持っていますので、痩せる系の記事も必見ですよ。