使い易さ抜群!Bose SoundLink Color Bluetooth speakerのレビュー評価をしてみた!

Bose SoundLink Color Bluetooth speaker
<SPONSORED LINK>


持ち運びに便利で、臨場感あふれるサウンドを楽しめるBluetooth接続のスピーカーが欲しいと思っている方にお勧めの商品!

「Bose SoundLink Color Bluetooth speaker」を1ヶ月ほどレンタルさせて頂きましたのでレビューを紹介します。

実は「レンタル」と言いながらも、返却後に同じモデルを購入させてもらったんで、普通のレビュー記事ともいえますが・・・苦笑

 

どうも、Bose大好きwakoです。

今回はBoseのBluetooth接続スピーカーであるBose SoundLink Colorをレンタルさせていただいた感想と共に、

何故数あるBluetooth接続スピーカーの中からBose SoundLink Colorを購入したのか、その理由についても紹介させてもらいたいと思います。

Bose SoundLink Colorを購入した理由

「連れ歩ける大きさと軽さ」+「価格設定」

実は、このBose SoundLink Colorをレンタルさせていただいたタイミングで、僕の家にはBoseを含め、様々なメーカーのBluetooth接続スピーカーが数種類ありました。

その中で、テレビと接続する事を目的としたBluetooth接続スピーカーを一台購入しようと思っていたのですが、色々と試してみた結果「Bose SoundLink Color Bluetooth speaker」を選ばせていただいたのです。

その理由は「気軽に場所を移動させることが出来る大きさと軽さ」に加えて、「安価な価格設定」にありました。

音質に関していえば、Boseのグレードアップ版スピーカーである「サウンドタッチ」や「SoundLink Mini」のほうが良かったとは思いますが、テレビ用として考えた時には「Bose SoundLink Color」が音的にもバランスが取れていて丁度良かったんです。

Bose SoundLink Color Bluetooth speaker

で、今回レンタルさせていただいたBose SoundLink Color Bluetooth speakerがこちらです。

カラーはレッドのモデルをお貸しいただけました。

旅行先のホテルでBose SoundLink Colorを使ったら最高だった!

連れ歩ける大きさと軽さが魅力とお伝えした理由の一つとして紹介させてもらうと、旅行先に持って行ってみたら最高だったからです。

Bose SoundLink Color Bluetooth speaker

ホテルに行って毎回のように思う事ですが、音楽がキレイに聴こえたらもっと気分が上がって楽しめるのに・・・といったところ。

今回、連れ歩ける大きさと軽さを試してみたいと思い、Bose SoundLink Color を鞄の中に忍ばせて持ち込んでみてホテルの部屋で音楽を楽しんでみたら本当に最高だったんです。

大好きな曲をiPhoneに入れておいて、Bluetooth接続で再生。

部屋中にキレイでクリアな音楽が広がってくれました。

Bose SoundLink Color Bluetooth speaker

Bose SoundLink Colorをどこに配置するか?は、ホテルにはいってからウロウロとする必要はありますが、一度設定をしたらあとは放置しておいてもクリアな音を楽しめます。

SoundLink Color speakerのワイヤレス通信距離は約9 mとなっているので、iPhoneを近くに置いておく感じになります。

自宅ではなく、いつもと違った空間でBoseのスピーカーを楽しめるというのも、「連れ歩ける大きさと軽さ」があるからだと思います。

SoundLink® Color speakerの重さ

重さを実際に測ってみると「534g」。

これなら鞄にいれておいても苦にはなりませんし、約8時間もの連続再生が可能となっているので小旅行程度ならバッテリーが切れる事もないかと思いますが、コンセントやUSB電源で簡単に充電も可能なので余計な心配もいりません。

本体サイズ:13.5 cm H x 12.8 cm W x 5.4 cm D (0.53 kg)

価格設定が手が届きやすくて丁度良い!

今やBluetooth接続のスピーカーを購入しようと思えば、ピンキリでいくらでも種類があります。

そんな中で、音質が良いとは言え「Boseのスピーカーを購入しよう!」と思うと・・・ちょっと価格帯が高いと感じるのも否めないところ。

でも、このBose SoundLink Colorについては他のBoseのスピーカーと比較すると、それほど高額な価格設定にはなっていないので手が届きやすいんですね。

それでいて、満足のいく音質が楽しめるんですから、初めてのBoseスピーカーとしてもオススメの商品といえるかと思います。

Bose SoundLink Colorのレビュー!音はクリアでバランスが良い!

すでにホテルで使っているシーンを写真で紹介させてもらいましたが、こちらがBose SoundLink Color Bluetooth speakerのレッドカラーです。

bose-bluetooth-speaker029

シンプルなデザインで、割とコンパクト。

アクティブなライフスタイルに対応させるようにボディは頑丈に出来てます。

Bose SoundLink Color Bluetooth speakerブラック

こちらがレンタルをさせて頂いたのちに購入させてもらったブラックモデルです。

レッドモデルも捨てがたかったのですが、QuietComfort35のブラックモデルを購入したこともありまして、色を合わせてブラックにさせてもらいました。

なお、SoundLink Color speakerは五色展開。ブルー、ミント、レッド、ブラック、ホワイトから選べます。

Bose SoundLink Color Bluetooth speaker

Bose SoundLink Color を上から見た様子です。

操作パネルは上に集約されていて、リモコンはついていませんが、iPhoneなどのペアリングした機器から音量やプレイリストを操作できます。

Bose SoundLink Color Bluetooth speakerブラック

ブラックモデルも合わせてご覧ください。小難しい操作もないので直ぐに使う事が出来ます。

丸みのあるデザインとなっていますから、鞄の中に入れやすいという特徴もあります。

Bose SoundLink Color Bluetooth speakerレッド

背面はこんな感じです。

有線接続するための補助入力もありますので、Bluetooth接続がないポータブルDVDプレイヤーや、パソコンのスピーカーとしても使えます。

Bose SoundLink Color Bluetooth speaker同梱物

同梱物の専用電源アダプターとUSBケーブルです。

Bose SoundLink Color Bluetooth speaker同梱物

一応ブラックモデルも紹介しておきます。

色の違いについては、インテリアに合わせて選ばれれば良いかと思います。

1ヶ月以上使って感じたのは「使い易い」スピーカー

実際に1ヶ月以上こちらのBose SoundLink Colorを使ってみて感じていることは、とにかく使い易いってこと。

テレビをBluetooth接続にしてからと言うもの、こちらのBose SoundLink Colorと接続させてテーブルや仕事場に置いて使っていますが・・・ケーブルが一切必要なので自分の動く場所、動く場所にスピーカーがついてくるイメージ。

もちろん音楽を楽しむときにも使っていますが、キレイなサウンドで助かっています。

Boseらしい低音、音楽を徹底的に楽しみたい方であれば「サウンドタッチ」や「SoundLink Mini」を購入されたほうが良いかと思いますが、無理のないバランスの取れた音で良い方には、コチラの方がピッタリかと思います。

 

まとめ

はじめてのBluetooth接続スピーカーとしてBose SoundLink Colorを選ばれるとしたら、お手頃価格で価格以上のものを感じ取れると思いますので満足のいく商品となるでしょう。

価格帯からしたら、あり得ない音質です。

ポータブルスピーカーとしても使い勝手は抜群。

個人的には大満足のスピーカー。皆さんも是非一度チェックしてみてください。

現在はバージョンアップされた最新モデルも販売中です。

<SPONSORED LINK>


Bose SoundLink Color Bluetooth speaker
MONO SELECTION
僕が「お気に入り」として使っている、もしくは使ったことがある「モノやサービス」を「MONOセレクト2019」として厳選して紹介中です! まずはこちらの記事をご覧になってみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

WAKO

ブログを活用した集客を得意としているクリエイターです。名古屋とスタバとサッカーとイラストを愛してます。ガジェット系の記事を中心に、見てくれた人が「欲しい」と思うもの、役に立つものを記事にしてアップ中。日本ダイエット健康協会認定のダイエット検定1級の資格を持っていますので、痩せる系の記事も必見ですよ。